カテゴリ:会社概要( 8 )

建築知識ビルダーズ31号。ケヤキ下の小さな住まい。

今号の建築知識ビルダーズにて、日本エコハウス大賞受賞作品の審査員賞を受賞した「ケヤキ下の小さな住まい」が掲載されています。
f0325671_22555206.jpg
ビルダーズに掲載されるのは嬉しい。
f0325671_22555469.jpg
今号ビルダーズはエコハウスについて。
住まいの、建築の哲学がとても興味深い。
建築があり、人があり、環境があり、経済があり、歴史があり、様々なことが複雑に絡みあっている家づくり。
それらの何らかを紡いでいって、暮らしの工房のしあわせなエコハウスをつくりあげていきたいと思います。

ケヤキ下の小さな住まいの竣工写真もまとめてそろそろアップしなければ…(汗)

by kurashi-no-kobo | 2017-12-04 22:55 | 会社概要 | Comments(0)

日本エコハウス大賞2017 堀部賞 受賞しました。

今年の一つの目標にしていた日本エコハウス大賞にて、ケヤキ下の小さな住まいが堀部賞を受賞しました。
オーナーさんに工事中、「日本エコハウス大賞というコンテストに応募してみようと思うのですが…」と言うと「いいですね。ぜひ出しましょう」と快く承諾してくださり、いい結果を報告できたことはとても嬉しいです。
実際に生活する住まい、実作でのコンテストで評価いただけることは何よりも嬉しい。

私自身、家づくりにおいて性能面でのアピールを強くしてこなかったけど、地域の話を聞いている中ではトップクラスの高水準で家づくりをしている自負はありました。(数値上の判断で)
家づくりをするにあたり、性能数値だけがいい家の基準ではない。そう思っています。
性能は、居心地のいい住まいをつくるための手段の一つであって、目的ではない。
居心地をつくるために、温度差が少ない方が身体的に負担が少なく心地よいだろうし、そうした上でもっとソトとの関わりや家族の居場所をつくっていった方が、楽しく快適で心地よい暮らしができるだろう。
その中で、居心地のいい快適な住まいとはどうあるべきかを家づくりで考えています。

受賞した堀部賞は、審査員の建築家堀部安嗣さんが評価をくれた賞。
堀部さんは、「世の中には、価値を測るための物差しがたくさんあります。住宅の温熱環境を測る、省エネ・断熱性能の計算もその一つといえるでしょう。物差しを当てることで、目に見えない分かりにくいものを、誰にでも分かりやすく理論的に示してゆくことは、確かに必要かもしれません。しかし住宅では、それ以上に設計者自身の”身体感覚”に忠実であることが大切だと考えています。己の心身に正直に設計し、さらにその表現に説得力があるーーそんな住宅を期待しています。」
と、審査員紹介のコメントとしてあります。
どのような内容で評価がされたのかまだ分かりませんが、上記のような評価基準で選んで頂けたのであれば、とても嬉しく励みになり、自信になります。

そして、常日頃から設計を学ばせて頂いている伊礼さんが審査員にいる中での堀部賞の受賞もとても感慨深く、感謝しております。
審査員の方々が、この住まいについてどのように講評してくださったのかとても気になりますが、それら講評を基に、さらに住まう人が心地よいと感じる住まいを地域に根付かせるよう、今後より一層精進していきたいです。
f0325671_10135677.jpg
家づくりをするにあたり、オーナーさんと共に設計を進める中で、考え方や提案に「いいですね。共感します。」と同じ方向で家づくりをさせて頂けたこと、このような機会を与えてくださったことに、オーナーさんに改めて感謝いたします。
また、いつもめんどくさい納まりやチャレンジに、前向きに取り組んでいただく職人さん達にも感謝いたします。

上越地域に性能とデザインを両立させた心地よい住まいを。
家づくりで必要なことをお伝えする勉強会は随時開催中
勉強会に参加希望の方は、ご連絡ください。


暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com

by kurashi-no-kobo | 2017-11-02 11:32 | 会社概要 | Comments(0)

暮らしの工房は、株式会社暮らしの工房へ。

6月1日より、暮らしの工房は法人成りして、「株式会社暮らしの工房」になりました。
昨日、法人化手続きを進めていただいた司法書士さんから、申請等の書類一式を納めていただきました。
法人化したからといって何かが変わる。といったわけではなく、目指すことは変わりません。
暮らしを通して、あなたらしさと豊かさをつくりながら、社会にとって有益な会社でありたいと思っています。
法人化することで、より事業を継続しやすくなり、今後、組織として会社として強くなり、継続し続ける会社をつくりたいと思っています。
今まで暮らしの工房の住まいで暮らしているみなさま、これから関わることができるみなさまの暮らしをずっとサポートする存在でありたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。
f0325671_08322847.jpg


株式会社暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com

by kurashi-no-kobo | 2017-06-21 11:24 | 会社概要 | Comments(0)

暮らしの工房パンフレットはこちらから。

暮らしの工房のパンフレットができました。
今まで多くの資料請求を頂いておりましたが、お渡しする資料がなかったためご迷惑をおかけしていました。
ついに、暮らしの工房にもパンフレットを備えることとなりました。
と言っても、大きな資本があるわけでもなく、小さくコツコツ積み上げタイプの工務店。
パンフレットを大量に配布する、バラまくということができず、部数にも限りがあります。
その代わり、紙質にこだわり、写真にこだわり、クオリティーにこだわりつくりました。
さらに、一般的なパンフレットより小さめサイズ。
小さくても豊かで質が高い、そんな暮らしの工房の家づくりを体現したパンフレットです。
暮らしの工房の家づくりに興味があり、詳しく知りたい、写真などの施工例で暮らしのイメージを膨らましたい。
そんな方に直接手渡したいと思っています。
ご興味ある方は、ぜひ問い合わせよりご連絡ください。
パンフレット希望の問い合わせはこちらから>>> 「お問い合わせ」
なお、ここ何回かの見学会にご来場くださった方には、郵送にてお送りさせていただきます。
f0325671_14045273.jpg
内容
・暮らしの工房のコンセプト
・施工例のビジュアル化
・大事にしている想い
・家づくりのこだわり
・安心の家づくりのために
・暮らしの工房仕様
・住まい手さんの声
・家づくりの流れ
・代表ごあいさつ
・会社概要

暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com

by kurashi-no-kobo | 2017-03-17 15:15 | 会社概要 | Comments(0)

事務所を移転しました。

事務所を移転しました。
賃貸アパートの一室ですが、暮らしの工房の家づくりでは欠かせない家具等の要素を入れ込みながら、限りある中での木質化も図っています。
珈琲、お茶を飲みながら暮らし、家づくり談義、時にはアルコールも。
お気軽にお越しください。
http://www.kurashinokobo.com/cn-events/event03.html
住所は「新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A」になります。
現場に出ていたり不在になることも多い事務所です。お越しの際はご連絡いただけると幸いです。
f0325671_18395241.jpg


暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2015-06-12 18:42 | 会社概要 | Comments(0)

コンセプト

「暮らす」を通してあなたらしさと豊かさを…

これは暮らしの工房が掲げる住まいづくりの理念です。

多様な価値観がある現代において、家づくりが人生最大の目標ではありません。
しかしながら、日々の暮らしにおいて、一日の始まりと終わりを迎える住まいのあり方は、とても大切にしなければならないと思います。
仕事を終え、疲れて帰ってくる。
日常に追われる多忙な家事の合間。
そんなひと時にホッとさせてくれる枠割が、住まいにあるべきだと考えています。
ムダに大きさを求め、敷地いっぱいに家を建て、窓もカーテンも開けることができない家、つくり手の都合で多用される簡単で、表面だけをマネた素材でつくられた住まいでは、やすらぎを与える場はもちろん、らしさのある住まいにはほど遠い家づくりになってしまうのです。

現代の家づくりから見たら、私たちの家づくりは、まだ普通であたりまえな家づくりではないのかもしれません。
しかしながら、昔の住まいは自然と上手に付き合いながら、木や土、紙など普通にある自然素材でつくられるのがあたりまえでした。
そうしてつくられた住まいがその地域のらしさや美しさを持っていたのではないでしょうか。
そのような家で育まれる暮らしや家族は、きっと感性豊かに成長させてくれるのだと思います。
日々の暮らしに安らぎを与えてくれる役割が、そのような住まいにはあるのだと思います。

暮らしの工房が目指す住まいは、昔から続けられてきた家づくりを、現代の暮らしに当てはめて考える、そんな普通であたりまえの家づくりなのです。

住まいは生き方です。
その人らしさが映し出された住まいは、愛着を持って住まうことのできる家といってもいいでしょう。
奇をてらうのではなく、それでいて凡庸ではない。
「らしさ」のある住まいをあなたと一緒につくりあげていく、提案するのはそんな愉しい家づくりです。

このような理念を基に暮らしの工房が得意とすることは、外の環境を活かし、自然素材を使い、シンプルに住まいづくりをすることです。
f0325671_17164829.jpg


暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府4‐4‐3
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com
by kurashi-no-kobo | 2014-03-26 17:18 | 会社概要 | Comments(0)

プロフィール

岡沢 公成(おかざわ まさなり)
1981年3月20日生まれ
家族:妻、娘
資格:1級建築士、福祉住環境コーディネーター2級、CASBEE戸建評価員
趣味:料理、おでかけ
f0325671_16483836.jpg

理想の住まいと信条>>
日々の暮らしにおいて、一日の始まりと終わりを迎える住まいのあり方は、とても大切にしなければならないと思っています。仕事を終え疲れて帰ってくる。日常に追われる多忙な家事の合間。そんなひと時にホッと落ち着かせてくれる役割が住まいにあるべきだと考えており、そんな住まいの中で家族が育んでいけることが理想です。

それには表面上の派手さのある住まいよりも、素材感を大切にしたおおらかで落ち着きをもった住まいであることが大切です。

私の育った家は、十数年前に新築しています。新築当初は最新の設備や綺麗な合板フローリング、塗り壁風のビニールクロスに住んだ数年は新しさがありました。
今ではフローリングの表面が剥げ、中の地が見えたり、壁はキズがついたところから破れ、下の紙が見えるという、おおらかさとは程遠い住まいになってしまいました。
キズがついても見えるモノが同じ木であれば、素材であれば気にならない。
劣化を気にすることなく、おおらかに暮らすことが出来るのだと思っています。

私は気分転換もかねて、週末は料理をすることがあります。今では娘もやりたがり家族みんなで料理を楽しんでいます。毎年行う家庭菜園も家族の楽しみになっています。
料理や掃除、庭いじり等、そういった暮らしを通して、家族とつながり、本質を伝え、共に成長出来る環境をつくっていけたらいいと思っています。
本物に触れていることで、娘や家族、自分自身が良い感性を育む環境でありたいです。

いろいろなもので溢れ便利な世の中ですが、それが豊かさとなっているかといったらそうは思えません。

高価な材料やモノでなくていい。ただ表面だけの模倣品ではなく、本物の素材でつくられた、しっかりと本質をついたものであること。その一つ一つを見極めながら、大切に暮らしていくことを伝えていきたいです。

このことは、家づくりにとっても多くの意味を持っています。

日々の暮らしの中で、ホッと出来るようなおおらかに暮らせる住まい、家族が自然と育まれる住まい、そういったところに心地よさや豊かさがあるのだと思います。
住まいの心地よい美しさを追求していくことは、機能に対してシンプルに考えること。機能美を追求していくことです。その結果が、地域環境に順応した暮らしやすい住まいになり、その地域らしい環境づくりや、心地よさにつながります。

そんな心地よさのある住まいづくりを目指しています。
by kurashi-no-kobo | 2014-03-26 16:51 | 会社概要 | Comments(0)

暮らしの工房 会社概要

暮らしの工房 (くらしのこうぼう)

代表
岡沢 公成 (おかざわ まさなり) 
一級建築士(第327060号)

住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3丁目6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546
FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com
HP:kruasinokobo.com

新潟県上越市を拠点として、新潟県内で住宅の新築、リフォームの設計施工を行っている会社です。
自然素材と庭と家具の設えた、心地よい住まいづくりをご提案いたします。

住まいは暮らしを包み込む器です。
そんな暮らしの器を、手仕事で丁寧につくる工房でありたいと想い、
心地よい暮らしの器をつくるという想いを名に込めました。
f0325671_13271713.jpg

by kurashi-no-kobo | 2014-03-26 13:52 | 会社概要 | Comments(0)


新潟県上越市で住まいをつくる暮らしの工房の、家づくり、暮らしづくりのあれこれや日常の記録


by 暮らしの工房 

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
会社概要
住まいづくりの約束事
家づくり教室
イベント
仕事の風景
げんば
日常
オーナーさんの暮らしぶり
施工例(新築・リノベ)
 ケヤキ下の小さな住まい
 雑木にひらく焼杉の住まい
 ひとつ屋根の2世帯住宅
 ソトとナカをつなぐ住まい
 稜線を望む住まい
 つなげあう高原の住まい
 つながる住まい
 新旧馴染み合う家
 ゆっくり暮らす家
 のびやかに暮らす家
 心地よい居場所のある家
上越風景採集
キッチンワーク
おでかけ
たべもの
モノコト

最新の記事

五智公園の八重桜。満開。
at 2018-04-21 16:19
BOOK AND BED T..
at 2018-04-19 08:58
花粉症に効くタウロミン。
at 2018-04-18 07:18
図面の製本。一冊の本のように。
at 2018-04-17 14:47
定期メンテ巡りで新潟市へ。
at 2018-04-16 16:46

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月

記事ランキング

最新のコメント

あまりに都内のホテルが高..
by kurashi-no-kobo at 17:20
池袋ですね。 私も一度..
by ame-no-michi at 12:36
住宅デザイン学校やKKB..
by kurashi-no-kobo at 06:22
良い横のつながりですね。..
by ame-no-michi at 19:23
また見ていただけると幸い..
by kurashi-no-kobo at 15:48
いろいろなところに居場所..
by ame-no-michi at 09:25
いろいろと考えるきっかけ..
by kurashi-no-kobo at 16:22
私も見学させていただいた..
by ame-no-michi at 10:17
いい歌ですね。 新潟では..
by kurashi-no-kobo at 10:01
友人が主宰する万葉の会に..
by nayacafe-2950 at 19:30

画像一覧

ブログジャンル

建築・プロダクト
北陸