<   2014年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

心地よい居場所づくりのために。

昨日は家具の打合せをするために、長野市のアメニティーショップアイさんにお邪魔してきました。
以前造った造りつけのソファは、使い勝手の良さに、オーナー様から大変好評を頂いております。
昼寝や軽く寝転がるのに最高の環境で、場所の取り合いになるとのこと。
計画初期には造り付けソファに対して特別な想いもなく、ただ提案されるがままだったソファが、実際暮らされていて大きな役割を持っていたことに「これは造ってもらって大正解」と今では言って頂いております。
f0325671_9284490.jpg

そんな大好評だったソファを、これからさらによくしていこうと、現在設計中の物件を含めていろいろと相談してきました。
実際作業にあたる職人さんを交えてクッションの置き方や、体との当たり、製作可能なのかどうかも含め、サンプルを確かめながらブラッシュアップしていきます。
次は大きなデイベッドのような座の低いソファを検討中で、そのための心地よさを詰めていきたいと思います。
そのほかにも、ダイニングテーブルやダイニングチェア等、住まいには欠かせない要素を相談させていただき、いい出会いをつくって頂きました。
f0325671_9301459.jpg

家具は居場所をつくります。
その家具が心地よいものであれば、心地よい居場所に一歩近づきます。
心地よい居場所をつくるために、家具は必要不可欠なものだと考えています。
家だけをつくるのではなく、暮らしを含めた住まいをつくる。
新築でもリフォームでも考えることは同じ。
心地よく暮らす住まいのためのご提案をさせていただきます。

暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府4‐4‐3
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2014-07-30 10:00 | 仕事の風景 | Comments(0)

住まいづくりの基。

一年程前、東京都町田市鶴川にある白洲次郎・正子邸の「武相荘」を訪れたときに、とても惹かれた文章があります。
建物自体もとても気持ちのいいものでしたが、この文章を見たときの心のときめき感も気持ちのいいものでした。
それは私自身、現在の住まいづくりに携わる上での、考え方の基の一つであると言えます。その文章を紹介します。

『無駄のある家』
鶴川の家を買ったのは、昭和15年で、移ったのは戦争がはじまって直ぐのことであった。
別に疎開の意味はなく、かねてから静かな農村、それも東京からあまり遠くない所に住みたいと思っていた。
現在は町田市になっているが、当時は鶴川村といい、この辺に(少なくともその頃は)ざらにあった極ふつうの農家である。
手放すくらいだからひどく荒れており、それから30年かけて、少しずつ直し、今もまだ直しつづけている。
もともと住居はそうしたものなので、これでいい、と満足するときはない。
綿密な計画を立てて、設計してみた所で、住んでみれば何かと不自由なこと出て来る。
さりとてあまり便利に、ぬけ目なく作りすぎても、人間が建築に左右されることになり、生まれつきだらしのない私は、そういう窮屈な生活が嫌いなのである。
俗にいわれるように、田の字に作ってある農家は、その点都合がいい。
いくらでも自由がきくし、いじくり廻せる。
ひと口にいえば、自然の野山のように、無駄が多いのである。
牛が住んでいた土間を、洋間に直して、居間兼応接間にした。
床の間のある座敷が寝室に、隠居部屋が私の書斎に、蚕室が子供部屋に変わった。
子供達も大人になり、それぞれ家庭をもったので、今では週末に来て、泊まる部屋になっている。
あくまでも、それは今この瞬間のことで、明日はまたどうなるかわからない。
そういうものが家であり、人間であり、人間生活であるからだが、原始的な農家は、私の気ままな暮らしを許してくれる。
30年近くの間、よく堪えてくれたと有りがたく思っている。
『白洲正子著 「縁あって」より』


人間本来の暮らしや生活の本質しっかりと捉えられ、それを支える住まい(器)はどうあるべきかを教えられました。
そのような考え方で住まわれていた器は、特別豪華ではなく、ふつうの住まいですが、とても心地よい空気感をまとっていたような気がします。
世間一般と大きくかけ離れた上流階級の人たちですが、そこにはお金を掛けたモノの豊かさではない、本質をついた豊かさを学ばされました。
そんな豊かさで育てられた住まいは、とても心地よい住まいへと成長したようです。
f0325671_657464.jpg

f0325671_659331.jpg


暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府4‐4‐3
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2014-07-26 07:07 | モノコト | Comments(0)

神長官守矢資料館、高過庵、空飛ぶ泥舟を見る。

八ヶ岳のアイランドプロファイルのモデルハウス見学前に、茅野市に行ったので、建築家藤森照信氏の建物3種を堪能しました。
資料館の中は、諏訪大社の祭礼に関する資料が展示してあります。
どれも小さな建築ですが、この圧倒的な存在感の建物を、未熟な私は説明できる言葉を持ち合わせていません。
ですので写真をどうぞ。
f0325671_16283663.jpg

f0325671_16302286.jpg

f0325671_16315625.jpg

上から、神長官守矢資料館、高過庵、空飛ぶ泥船です。
どれも自然素材を使い、銅板や木の経年変化が馴染み美しくなっています。

建物の足元を隠すように植物が短い植物が生い茂り、まるで建物が浮いているような状態。
その効果はとても有効的で、雪国でも問題なく出来そう。
夏には植物の上に浮いたようにデッキがあるととても気持ち良さそうだなぁと思いました。
植物と建築がとても近い建物でした。
f0325671_1639029.jpg


暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府4‐4‐3
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2014-07-23 10:21 | おでかけ | Comments(0)

アイランドプロファイルを見学する。

昨日は、設計中のお客様と一緒に、八ヶ岳にあるアイランドプロファイル(木製サッシ)のモデルハウスを見学させていただきました。
大型引き込みの窓で外部とのつながりがとても強くなる窓。
さらに断熱性能をUPさせながら、使い勝手よく機能的で、木製のためインテリアとのつながりもとてもいい。
とても楽しみなサッシです。
暮らしの工房では定番と言っていいほどの全開口サッシ。
アルミからさらに性能を上げ、自由度あるサッシを検討しています。
引き込み窓だけでなく、外開き窓等もメンテナンス性能抜群でとても考えられたサッシになっています。
f0325671_14345093.jpg

さらに、新工場まで見学させていただきました。
サッシ先進国のヨーロッパの機械を使って、精度高く、高性能に作られていきます。
この工場から一つ一つ組み立てて全国の建築現場へと運ばれていくそうです。
f0325671_14483560.jpg

f0325671_14502363.jpg

大人になってからの工場見学。とても楽しいです。

暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府4‐4‐3
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2014-07-22 14:52 | 仕事の風景 | Comments(0)

北欧デザインの名作と暮らす。(CASA BRUTUS)

書店にてCASA BRUTUSのムック本「北欧デザインの名作と暮らす」を購入。
なぜか女性雑誌欄に並べられており、女性と並び本の内容を確認しているのが少し恥ずかしい。
建築、家具、生活道具、インテリア等、さまざま取り上げられ、北欧のトラベルガイド付き。
興味深い一冊なので後でゆっくりと読みまわしたいと思います。
f0325671_1534683.jpg

北欧デザインは、用の美を感じられ、とても好きです。
暮らしの工房の住まいづくりでも、照明や家具等でお世話になっています。
暮らしをより豊かにしてくれるデザインが、北欧デザインにあるような気がしています。

暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府4‐4‐3
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2014-07-16 15:09 | モノコト | Comments(0)

定期点検と床のメンテナンス。

昨日の午後からは、スケジュールが合わず延びてしまっていた「のびやかに暮らす家」の定期点検でした。
施工例:のびやかに暮らす家
点検を一通り済ませ、住まい手さんと一緒に床や木部の汚れ落とし。
落とし方をイロイロ試し、いい経験値になります。
住まい手さんにとっては、メンテナンスのやり方がわかり、ついでにきれいになる。
手を掛けると見違えて変わるので、やりはじめると止まらない。
すっきり気持ちのいい汗をみんなでかきました。
f0325671_1472152.jpg

庭木も元気に成長中。

オーナー様、昨日はお疲れさまでした。

暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府4‐4‐3
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2014-07-14 14:11 | 仕事の風景 | Comments(0)

テマヒマが伝わるとうれしい気持ちに。

昨日の午前中は、大規模リフォームを相談されてるお宅へ現調に。
終わった頃に混ぜご飯のおにぎりとちまきが用意されてました^_^
久しぶりにちまきを食べました。きな粉をタップリ付けて、美味しい。
こういう頂き物、嬉しい(^O^)
お土産分まで頂きました。
f0325671_9302599.jpg

断熱性を高め、自然素材化し、暮らしを整えるリフォーム。耐震性能を加味しながら計画していきたいと思います。

テマヒマを掛けたうれしいお心遣い、ありがとうございました。
このようなあたたかな気持ちになる住まいをつくりたいです。

暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府4‐4‐3
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2014-07-14 09:36 | モノコト | Comments(0)

設計中の物件の地盤調査。

昨日は、現在設計中の住まいの地盤調査の立会でした。
1月半ぶりに行った現場。
お話を頂いた時には、まだ土地が売れていない状況だったのですが、昨日行ったらすでにお隣が建っていました。
不確定だった要素が一つ確定。
予想では隣地いっぱいに寄せてくるかなぁ...と思っていたけど、駐車スペース?になるように配置されていて大きなスペースを取っていました。思わぬラッキー(笑)
そういえば、前につくらさせて頂いた住まいで、お隣が想定通り敷地目いっぱいの2.5階建てが建った時があったなぁ...その時はお施主さんと苦笑い...狙い通りうまく交せたので、土地を読む設計の大事さを、お施主様とお互い改めて認識したことがありました。

この地盤調査の結果をもとに、基礎の形状を決め、構造設計と打合せしていきます。
f0325671_1412569.jpg

地盤調査はスウェーデン式サウンディング試験。
スクリューポイントという尖った先を太さ3cm程のロッドに付けて、25kg、50kg、75kg、100kgと自沈しなくなると負荷をかけ、100kgで自沈しなければ回転を加えて、地盤の強さを調査します。
深さ10m程まで調べてそれをもとに地盤補強が必要かどうかを判断します。
現在、いろいろな調査方法がありますが、暮らしの工房では、スウェーデン式サウンディング試験を地盤調査で採用しています。それは、調査したポイントの土を採取でき、ブラックボックス化しないから。
さらに、構造設計をもとに検討するので、根拠ある地盤補強の有無を判定しています。

暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府4‐4‐3
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2014-07-12 14:30 | 仕事の風景 | Comments(0)

土地を廻る。

先週末はお客様と土地探しのため、気になる場所を廻ってきました。
お互いの情報をすりよせながら、あーでもない、こーでもない。
その敷地に対してどう住まうことが出来るか検討しながら、決定打を打てるかどうかの判断材料にしていきます。
簡単にお客様が提案した土地に対してOKと言えば、コトは早く進むのでしょうが...(投げやりという意味ではなく、どんな敷地でもそこだけに秘めたポテンシャルがあるのでそれをうまく引き出す住まいづくりをいたします。)どうもいろいろな判断基準(お客様+α)があり、限られた時間の中で目いっぱい、よりよい住まいづくりのために探したくなります。

弊社はとても小さな工務店、年間棟数も限られるので、あわてず、あせらず良縁を待ちながら(期限を決めなければ良縁とは巡り合えませんが...)時間いっぱいまで一緒に検討します。
それが小さな工務店のメリットと感じています。

敷地に対して住まいが決まります。
敷地を抜きにして、建物の配置や間取りが決まることはありません。
住まい手とつくり手、お互いの共有する価値観が最大限発揮されるような住まいづくりを目指したいです。
f0325671_15534183.jpg


暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府4‐4‐3
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2014-07-07 16:10 | 仕事の風景 | Comments(0)

ほんをよむ。「今様花伝書 川瀬敏郎」

白洲正子が認めた花人、川瀬敏郎氏の本、「今様花伝書」を購入。
花を活けることはあまりしたことがないけど、写真からひしひしと伝わる空気感に魅了されています。
花そのもののが美しく見える佇まい、生命力あふれる姿、凛とした美しく活けられた花は廻りの空気を正してくれる。そんな気持ちよさを感じます。
作為を感じさせないありのままの美しい姿をつくるのが、精神的にも適度な緊張感がたまらなく心地よい。
これは住まいにもとても参考になる。
こんな心地よい空気をつくる住まいでありたいと思います。
自分でも少しは活けてみようかなぁと興味を持ち始めました。
そして、一気に川瀬敏郎氏の魅力にはまりました。
次は写真集を手に入れよう。
f0325671_2154935.jpg



暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府4‐4‐3
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2014-07-03 21:23 | モノコト | Comments(0)


新潟県上越市で住まいをつくる暮らしの工房の、家づくり、暮らしづくりのあれこれや日常の記録


by 暮らしの工房 

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
会社概要
住まいづくりの約束事
家づくり教室
イベント
仕事の風景
げんば
日常
オーナーさんの暮らしぶり
施工例(新築・リノベ)
 サクラ下の平屋
 ケヤキ下の小さな住まい
 ひとつ屋根の2世帯住宅
 雑木にひらく焼杉の住まい
 ソトとナカをつなぐ住まい
 稜線を望む住まい
 つなげあう高原の住まい
 つながる住まい
 新旧馴染み合う家
 ゆっくり暮らす家
 のびやかに暮らす家
 心地よい居場所のある家
上越風景採集
キッチンワーク
おでかけ
たべもの
モノコト

最新の記事

アメニティーショップアイさん..
at 2018-07-15 06:46
正善寺エリアの里山空間。
at 2018-07-09 21:41
アメニティーショップアイさん..
at 2018-07-07 15:09
ZEHビルダー
at 2018-07-07 15:04
上越市立水族館うみがたり。(..
at 2018-07-02 14:56

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月

記事ランキング

最新のコメント

新潟県上越市の新スポット..
by kurashi-no-kobo at 11:26
デザインされた雨のみちで..
by ame-no-michi at 07:05
倉敷、行ってみたいです。..
by kurashi-no-kobo at 06:27
倉敷にあるホテル、アイビ..
by nayacafe-2950 at 07:17
あまりに都内のホテルが高..
by kurashi-no-kobo at 17:20
池袋ですね。 私も一度..
by ame-no-michi at 12:36
住宅デザイン学校やKKB..
by kurashi-no-kobo at 06:22
良い横のつながりですね。..
by ame-no-michi at 19:23
また見ていただけると幸い..
by kurashi-no-kobo at 15:48
いろいろなところに居場所..
by ame-no-michi at 09:25

画像一覧

ブログジャンル

建築・プロダクト
北陸