<   2014年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

オイル拭きで大掃除。

年末の大掃除にダイニングテーブルのヘコミ直し、汚れ落とし、オイル拭き。
自宅で使っている杉のパネルでつくったダイニングテーブル。
杉は柔らかい材料なので物を強く置くとへこみます。あまり気にせず使っていますが、これを機に直せるところは直しにかかります。
用意するのはタオルとアイロン。
f0325671_1241122.jpg

濡らしたタオルにアイロンを当てるだけで木の繊維が膨らんでヘコミがもとどおり^_^
f0325671_1241223.jpg

f0325671_124136.jpg

f0325671_1241394.jpg

こんなことを全体にして、テーブルの汚れ落とし。
サンドペーパーでサッと全体を削ります。400番ぐらいがいいかも。
今回は家にあった持ち合わせで粗さは不明。
f0325671_1241458.jpg

最後に蜜蝋ワックスでオイル拭き。
ツヤが出てメンテナンス終了。
f0325671_124153.jpg

気持ちよく新年を迎えます。
by kurashi-no-kobo | 2014-12-31 11:49 | Comments(0)

仕事納め。

現場にて、お客様と打ち合わせを終え、職人さんとの打ち合わせを終え、仕事納めとさせていただきます。
12月31日から1月5日までお休み頂き、仕事始めは6日からとさせていただきます。
f0325671_14243333.jpg

今年一年は本当にいろいろありましたが、こうして一年を無事迎え、新しい年に向けてたくさんの希望やドキドキ、ワクワクを持って迎えること大変嬉しく思います。
今まで出会えた方々のおかげです。ありがとうございます。

それでは良いお年をお迎えください。
by kurashi-no-kobo | 2014-12-30 14:15 | Comments(0)

雪国の晴れ間。

雪国の青空がだいすきです。
ほとんどが厚い雲に覆われる冬の間、ご褒美のようにスカッと気持ちのいい青空。
雪で覆われた白い世界に青空とのコントラストがとても美しい。
これを余計に実感できるのはこの地に住む者の特権だと思います。
仕事納めはまだだけど、こんな気持ちのいい日は、金谷山でたっぷり遊んで来ました^_^
f0325671_21545431.jpg

f0325671_21545333.jpg

by kurashi-no-kobo | 2014-12-28 19:14 | 日常 | Comments(0)

三条の家。現場レポートまとめ。

三条の家の現場の様子をまとめてご紹介。
壁と屋根に断熱材を吹き込みました。
断熱材はセルローズファイバーを壁に120mm。屋根に300mm。この断熱材のいいところは厚みを簡単に自由に設計でき、入れ込むと音の吸収もいい。
この上に気密シート、ザバーンBFを貼って気密を図ります。
f0325671_10532472.jpg

メイン開口である引き込みの木製窓がつきました。
幅2500mm、高さ1800mmの大きさが一枚のガラスで作られ外とのつながりを持ちます。窓が引き込まれるので、邪魔なものが無く、庭とダイレクト。
雪が消えたら植栽を設えます。いつでも緑が近い環境に。
f0325671_1053261.jpg

お風呂の設置もしています。
床と浴槽が既製品で、壁、天井の仕上げが自由になるハーフユニットバスを今回採用。
壁と天井はサワラという木を張る予定。
木の香りに包まれたお風呂に囲われた外を見ると庭木が見えるよう設計。
f0325671_10532797.jpg

外壁工事は天候とにらめっこしながらの作業。
木の板が外壁として張られています。が、これは仕上げではなく下地の状態。木の外壁もいいですが、今回は塗り壁を採用。左官で材料が付くための下地です。
この上に金網をつけて、そとん壁という火山灰を使った塗り壁の外観になります。
f0325671_10532816.jpg

3月の完成を目指して、着々と進行しています。
最近の三条の家の様子でした。
by kurashi-no-kobo | 2014-12-20 10:30 | Comments(0)

長野市をめぐる。

記事が前後しますが…16日にいろいろな用事を重ねるために長野市へ行ってきました。
ソファ製作や家具等でお世話になっている、アメニティーショップアイさんで、クリアランスセール中のzagaku05を購入。スツールのようなオットマンのような探していた少し座面高さの低い椅子。ライティングデスクまでの高さではなく、テレビカウンターとの間を狙った高さでカウンターを設計することが多くなり(いろいろな兼ね合いから)、その高さに合う椅子を探していました。
その後は三条の家のダイニングテーブルを製作していただく、ブロックアトリエファニチャーさんの個展「ハレとケ」にお邪魔してきました。
善光寺周辺をリノベーションしているデザイン事務所の下階で行われてるとのことで、ギャラリーもリノベ空間。
空間の質と家具がマッチしてモノづくりの強さを感じられとても刺激になりました。
家具だけでなく、トレイやカッティングボード、生活道具等もありました。個展は23日(火)までということです。
http://www.block-atelier.com/blog.html
f0325671_8584257.jpg

それにしても、善光寺周辺はリノベーションが盛んでまち歩きも楽しい。
観光地のリノベーションは、昔の蔵や民家をお店にするケースが多いけど、長野市はお店だけでなくギャラリースペースやクリエーターのオフィス、ライブラリー等多彩な文化発信拠点として機能しているように思えます。
特にカフェなんかだと、延長上でいろいろなコミュニティーが形成、発展していくのかもしれません。情報発信としてはうってつけの形態?気軽に入りやすく、利用者が固まりにくいのもいいのかも。カフェが多いのもうなずけます。
今の善光寺周辺の動きは、観光地というよりも、まちの拠点となる文化的なエネルギーを感じます。
その地域に住む人たちが、まちの良さを、歴史や文化を再確認、発展できるようないい関係。
まち・ひと・みせがいい関係を築いているような気がしていてうらやましい。
まちおこし的なものではなく、おもしろみにあふれるまち。これからも楽しみです。


暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府4‐4‐3
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2014-12-19 09:26 | おでかけ | Comments(0)

雪国の1日。〜仕事編〜

今日は朝から現場ロード。
春着工の住まいの地盤調査の為、長岡へ。
ノロノロの除雪車のはるか後ろをトロトロ走ること2時間半。現場に到着。
締めたところで積雪40cm。ふかふかで60cm。雪が降る中調査ポイントを確認。
f0325671_15534821.jpg

その後、三条の家の現場へ向かうため、またしても除雪車のはるか後ろをトロトロと(涙)走ること1時間半。
お昼には青空が出てきた。
雪で消耗している分、一時の青空にすごく救われます^_^
f0325671_15535145.jpg

仕事をしているのか、車に乗っているのか…心も身体も疲れてしまいます。
少し甘いもので癒されたい(笑)
ということで、帰りに江口だんごさんのカフェで休憩。
f0325671_15535379.jpg

f0325671_15535718.jpg

f0325671_1554176.jpg

雪室のようなアプローチを抜けて、シュークリームとコーヒーで正気を養っています。
by kurashi-no-kobo | 2014-12-18 15:33 | 仕事の風景 | Comments(0)

リノベーションのプランプレゼン。

昨日は妙高高原にてリノベーション(建物の大規模改修)のファーストプランプレゼンでした。
一晩で1m程の積雪という大雪の中、道中は動けなくなった大型トラックやどうなったらこうなるのか…という状態の車が多数で、みなさん雪にテンテコマイでした。
みなさん大丈夫でしょうか?
これから数か月は雪との戦いが続きますが、心のどこかでそんな雪を愛でることのできる余裕を持てる住まいづくりを目指したいです。
ふとした時に雪景色がきれいに見える住まいが理想です。そんなことを考えながら住まいの風景を切り取るようにしています。
f0325671_16424080.jpg

リノベーションをするにあたり大事なことは、断熱化、耐震化、暮らしの整理の3本柱だと考えています。
断熱改修することで細切れだった部屋を一つの大きな空間とする。そうすることで居場所を適所に配置することができ、壁の位置や補強もシンプルに行うことが出来る。
むやみに増築や間取りの変更をすることなく、機能をしっかり整理してあげることが暮らしの工房のリノベーションです。
派手さはないけど、きれいさを追求する。そんな住まいづくりは新築もリフォームも大きな差がないと思っています。
雪解けを待ってこのプロジェクトは着工を迎えます。これから詳細設計。完成が楽しみです。

プレゼン後なんとお昼をいただきました。
前日から仕込んだおでんと一つ一つ器に入れられたおこわ。
とても美味しい。うれしい^_^
こんなひと手間が生きるごはんが似合う住まいを目指します。
f0325671_1654195.jpg


暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府4‐4‐3
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2014-12-15 16:57 | 仕事の風景 | Comments(0)

耐久性に優れたデザイン。

今読んでいる書籍から、自分のメモのような形で投稿してみます。
佐藤可士和氏(セブンイレブンのコーヒーメーカーを作ったデザイナー…賛否ありますが…)と四国タオル工業組合の「今治タオル奇跡の復活」を読んでいて気になるところをメモ。

50年後見てもおかしくないか、長く親しまれるデザインにするために考えることについて。

『50年先を見越すのは難しいことだが、デザインに関しては予測できないことではない。50年以上前につくられ、いまも使われ続けている企業や商品のロゴマークには、耐久性に優れたデザインがたくさんある。そういったデザインに普段から目を向けていれば、50年経っても古くささを感じさせるかどうか、判断できるようになる。」

家づくりにもとても大事なことだと思います。
住まいも長く親しまれるデザインでなければならず、一過性の流行ではダメ。時間が経過してもおかしくないデザインでなくてはならないと思います。
そのための参考として、まちに何十年も存在している、佇まいのいい家や調和のとれた家、心惹かれる家や建物、有名無名問わず感じるものがあります。
そんな建物からデザインのエッセンスを取り入れることが大事なこと。
そんなことを考えながら、家づくりを探っています。
f0325671_16584079.jpg

畑の中に建つ小さな平屋の住まい。今は物置のようですがかわいらしいプロポーションとロケーションとの調和にとても心惹かれます。
f0325671_16592849.jpg

山間にある住まい。山の稜線と建物の屋根の形、サイズ感、佇まいになんとなく写真に残しました。
f0325671_1711017.jpg

言わずと知れたショー記念礼拝堂。プクッとしたかわいらしい佇まいはいつの時代も変わらない印象を与えていたはず。

まだまだまちなかには意中の住まいがたくさんあります。
家づくりを考えるみなさんも、時間を経過した建物からいいと思うものを心の中にため込んでみてはいかがでしょうか。

可能であるなら、そんなプロポーションのいい建物、約束された雰囲気を持つ建物をリフォームして住んでしまいたい(笑)
建物の場合、リフォーム・リノベーションという手段で、いい時間といい雰囲気を持つ建物をそのまま引き継ぐことだってできてしまう。
そんなやり方もこれから十分ありだと思います。

今がいいではなく、ずっといい。
そんな住まいを目指したいです。

暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府4‐4‐3
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2014-12-11 17:28 | モノコト | Comments(0)

而今を飲む。

三条の家の現場帰りに、FBで与板にあるカネセ商店さんに「而今」が置いてあるとの情報を得たので、少し寄り道。
噂に聞いた而今をついに飲むことが出来ました。
力強い芳醇な香りが印象的。酸味も程よくとても美味しいお酒。
これは味がわかるうちに止めたい。
もったいない。
しばらく最初の一杯として楽しませてくれそう。
f0325671_2221163.jpg

仕事を終えて落ち着くご飯前の最初の一杯として、畳に座り庭の雪や枝ぶりを見ながら、芳醇な香りをゆっくり味わう。それだけで豊かにシーンを作ってくれるそんな力のあるお酒。
いい時間をくれる素晴らしいお酒です。
f0325671_2224528.jpg

【写真:ゆっくり暮らす家の三畳のタタミスペース。河川敷きのパノラマや月夜を楽しめる小さなスペース。こういった場所で外を眺めながらゆっくりと而今を楽しみたい】

「而今」とは「今この時を懸命に生き抜く」という意味があるらしいです。
瞬間瞬間に強く訴えかける。お酒の心地よさを感じられる。とても気に入りました。
by kurashi-no-kobo | 2014-12-10 20:34 | たべもの | Comments(0)

木製サッシの取り付け。

三条の家で、木製サッシ、アイランドプロファイルの引き込み窓を取り付けています。
木製サッシ、存在感があるようで、ないようで(ナンノコッチャ?)、しっくりきていてとてもいい。
仕上がった時が楽しみです。
f0325671_19385344.jpg

メインの150kgの木製サッシは、どう動かそうか?と頭をひねっています。引き込み部まで合わせると5.5mほどあるので(笑)
by kurashi-no-kobo | 2014-12-05 19:31 | げんば | Comments(0)


新潟県上越市で住まいをつくる暮らしの工房の、家づくり、暮らしづくりのあれこれや日常の記録


by 暮らしの工房 

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
会社概要
住まいづくりの約束事
家づくり教室
イベント
仕事の風景
げんば
日常
オーナーさんの暮らしぶり
施工例(新築・リノベ)
 ケヤキ下の小さな住まい
 雑木にひらく焼杉の住まい
 ひとつ屋根の2世帯住宅
 ソトとナカをつなぐ住まい
 稜線を望む住まい
 つなげあう高原の住まい
 つながる住まい
 新旧馴染み合う家
 ゆっくり暮らす家
 のびやかに暮らす家
 心地よい居場所のある家
上越風景採集
キッチンワーク
おでかけ
たべもの
モノコト

最新の記事

五智公園の八重桜。満開。
at 2018-04-21 16:19
BOOK AND BED T..
at 2018-04-19 08:58
花粉症に効くタウロミン。
at 2018-04-18 07:18
図面の製本。一冊の本のように。
at 2018-04-17 14:47
定期メンテ巡りで新潟市へ。
at 2018-04-16 16:46

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月

記事ランキング

最新のコメント

あまりに都内のホテルが高..
by kurashi-no-kobo at 17:20
池袋ですね。 私も一度..
by ame-no-michi at 12:36
住宅デザイン学校やKKB..
by kurashi-no-kobo at 06:22
良い横のつながりですね。..
by ame-no-michi at 19:23
また見ていただけると幸い..
by kurashi-no-kobo at 15:48
いろいろなところに居場所..
by ame-no-michi at 09:25
いろいろと考えるきっかけ..
by kurashi-no-kobo at 16:22
私も見学させていただいた..
by ame-no-michi at 10:17
いい歌ですね。 新潟では..
by kurashi-no-kobo at 10:01
友人が主宰する万葉の会に..
by nayacafe-2950 at 19:30

画像一覧

ブログジャンル

建築・プロダクト
北陸