<   2015年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ハウジングこまちに掲載されています。

昨日発売になりましたハウジングこまち2015夏・秋号に、つながる住まいが巻頭特集にて掲載されています。
巻頭特集が「個性派住宅案内」というタイトルですが、個性的につくっているわけではなく、だれもが心地よいと感じる空間、空気感を目指してつくっています。
個性派と言われると少し違和感もありますが、普遍的で人が心地よいと肌で感じるデザインを心がけ、住まう人の暮らしをしっかりと受け止める(ここら辺が住まう人らしさ、個性であります。)家づくりを心がけています。

取材時期が新緑芽吹き始めの時期で、竣工、見学会当時には葉をつけていなかった樹木たちも少しづつ装い豊になり始めたころで、ホームページやブログ等の施工例とは違った写真も掲載されております。
書店はもちろん、コンビニにも置いてありましたので、ぜひお手にとってご覧ください。
オーナー様、取材ご協力ありがとうございました。
f0325671_1035180.jpg

また、本の中ほどのパートナー企業ガイドにも弊社の情報を掲載しております。
暮らしの工房の家づくりの考え方や事例写真等を見ることが出来ますので、ご一緒にご覧いただければ幸いです。

施工事例 つながる住まい

ブログでの施工例 つながる住まい

暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2015-06-26 10:11 |  つながる住まい | Comments(0)

黒姫高原のデッキで。

今日の天気がよく、妙高高原の住まいへ向かうドライブも気持ちがいい。
この時期の高原は最高。
そんな気分が高揚し、現場前にお昼を済ませようと思い立ち、黒姫高原のよく行くお蕎麦屋さんまで足を向けた。
気持ちよく颯爽と林道を抜けるドライブ。
いきなりカモシカが横切り、危うく轢きそうになるプチトラブルも、大自然を感じれて気分はハイ。
川を越え、木々を抜け、最後の坂道を抜けると、目の前は大きく開かれ、目の前に雄大な黒姫山。
目的地の蕎麦屋さんも見えてきたけど何かがおかしい。
のぼりがない。
定休日という残念な結果。

しずしずと今日のお昼はもういいや。と半ば投げやりな気持ちにもなり、Uターン。

少し坂を下っていくと、デッキテラスのあるカフェ風のお店を発見。
いつもは目的地と違うので素通りするも、高原の心地よさ、デッキでの食事をイメージすると、落ちかけた気持ちがまた上がりだす。
車を止め、お店の中へ。
オーナーが「お好きなところへどうぞ」と声をかけてくれたので、迷わずデッキ席へ。
メニューが運ばれ、しばし目を向けるとよなよなエールがどうしても目に入る。
が、ここは我慢で、チキンのハーブスパイスグリルのプレートを頼む。
ほどなくして、カフェ風のプレート料理が運ばれる。
とてもおいしそう。いや、おいしかった。料理も間違いなかった。
そして、高原のそよ風と陽射しがとてもいいスパイスにもなる。
日常のお昼が、いろいろなシュチエーションが重なり、とても楽しいひとときになった。
ソトで食べるごはん。
日常が一気に豊かで心地よい時間へと変わっていく。
これだからソトメシはやめられない。
住まいにもソトメシのススメ。
暮らしの工房の一つの家づくりの要素でもある。
こんな体験をすると、もっともっとススメたくなる。
ぜひとも普通の日常に、ソトメシが出来る暮らし。楽しんで頂きたい。

黒姫高原の茶坊主さん、おいしかったです。
f0325671_1942034.jpg


暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2015-06-25 19:04 | たべもの | Comments(0)

長岡の家、気密測定。

長岡の家で気密測定を行いました。
気密とは家の空気の隙間、空気の流入の度合いで、家の密閉具合のことです。
気密性能がいいということは、家の中の空気を計画的に動かしやすくなり、暖房期では暖かくなった空気が外に漏れなかったり、冷たい外の空気(隙間風)の流入を防ぐ役割があります。
たまに高気密に否定的なことを言われる話も聞きますが、根拠のないことが多く、どう考えても気密性能がいい方がメリットは高いと考えます。
気密測定機器を使って家の中の空気を外に強制的に出すことによって、家のあらゆる隙間からどれだけ入ってくるか(どれだけ空気を外に出せたか)という量を測って隙間の値を換算するのです。
空気(自然現象)は出るところ、入るところがないと動くことが出来ない。掃除機のごみがたまると空気が外に抜けにくくなるので、吸引力が低下するといった現象です。
今回長岡の家では、施工段階で気密測定をして、どこから空気が入っているかを探り、仕上げまでに潰せる隙間は潰しておこう。施工精度をより上げていこうという魂胆です。
気密性能はC値という値で示され、小さければ小さいほど気密性能が高い(隙間が少ない)ということになります。
それではそのC値がどれくらいならいいのか…というと、国が示す次世代省エネルギー基準では新潟県でC値が5.0となっています。
が、いろいろな専門性の高い人たちの話を聞いていると5.0ではまったく話にならない数字。
私もこの数字ではあまり意味がないなぁと思っています。
少なくとも1.0以下でなくてはならないのかなぁというのが感覚的なものです。(情報発信の中で、1.0以上での報告を見ることがないので。)
今回、長岡の家の測定をしたら、C値が0.4という値になりました。
十分気密性能が高い住まいであるといっていいでしょう。
施工性能に関しても自信が持てました。

と、数値的な話をしてきましたが、暮らしの工房では数字の小ささ勝負をするつもりはありません。
それは、このたかが数字(されど数字)が家の良し悪しを判断する基準とは毛頭思ってもないからです。
数値を追うがあまり、家の中、暮らしをないがしろに、美しくもない新建材だらけの家をつくっていたら、せっかく省エネルギー住宅をつくっても、美しなければ家の住み継ぎ、継承は難しいですし、残る建物にならず、次世代で愛着が持てず、スクラップビルドの繰り返しになってしまうからです。
数値、性能を無碍にするつもりでもなく、必要十分な基準をクリアしていきながら、住まい環境をしっかりと整え、美しく住まえる家こそ価値のある家づくりだと考えています。
暮らしの工房の家づくりに多大な影響を受けている、建築家・伊礼智氏は「性能の先」ということを仰って、高性能住宅と心地よい美しい住まいを実現しています。
性能を無視するのではなく、しっかり担保して心地よさを追求する。とても共感できることです。
建築家と工務店の役割の違いや地域性が変われば事情は変わるにしても、工務店として、暮らしの工房として考えるバランスを図った住まいを提供するのが使命。と想いながら精度の高い美しい住まいをつくっていきたいと考えています。
f0325671_1650663.jpg


暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2015-06-25 16:57 | げんば | Comments(0)

ラワンベニヤのオーディション。

妙高高原の住まい外周部の補強や直しもひと段落し、内部の断熱材や気密の工事に。
今日は天井仕上げに使うラワンベニヤの素材の選定を行いました。
ラワンはざっくりと素朴な素材感がつよい材料。
簡素な空気感をまとうにもってこい。
リフォームの場合、選びがちな材料ですし、ご要望も多いです。
意識的にリフォームの場合、粗さを楽しむ傾向にあるのかと思います。
はっきり言えばひとつひとつは比較的安価で仕上げ向きの材料ではないのです。
「比較的安価」と「仕上げ向きではない」といところが案外やっかいなところでもあります。
ベニヤ一枚一枚の仕上がりに雲泥の差があるのでしっかりと見極めが必要。
今回は下地張りを含め、2倍の材料を発注。
その中から仕上げで使える美しい木目のラワンを選定し、仕上げ用と下地用に分けました。
一枚一枚木目見ながら先ずは1軍、2軍、3軍ぐらいに分け、1軍は仕上げ用、2軍は保留、3軍は下地用に。2軍の中から必要な仕上げ分をオーディション。
半分くらいは美しいベニヤが出てきます。
ひとつひとつは安価でも、実際は2倍の枚数を使い、選りすぐるというひと手間があるのです。
この過程も含め、ラワンの素材感をお楽しみいただきたい。
ラワンの持つ空気感はとても好きです。
f0325671_16333760.jpg


by kurashi-no-kobo | 2015-06-24 16:10 | Comments(0)

iphoneケース

昨日、使っている木(ウォルナット)のiphoneケースが割れてしまった。
木は割れるモノとわかっていながら使っていたし、そのような噂も聞いてはいたので承知の上ではあります。
iphone5の時は革のケースを使っていて、新品当時はナチュラルな色から2年間使い真っ黒に変化していく様が面白く、手の馴染みも気に入っていて、6にしても同じものにしようかなとも思っていました。
が、あまり面白くないので、木製のケースにしてみようとケータイを変えた2か月前に購入。
木の特性上あまり薄くすることも出来ず3㎜程。
若干手に余る大きさになるのと、手触りよくすべすべなので、片手の操作で落としそうになることも。
やはり弱そうな音量ボリュームとマナーモードのところで割れてしまった。
木の風合いを楽しむのはこれからだったのに。残念。
このまま使っても差し支えないのですが、割れてささくれた場所がよく引っかかり、ズボンのポケットが破れそう。
これを機に、もう一つ検討していた印伝のiphoneケースにしようかな?
革と漆と伝統工芸。半年待ちのモノだったのでケータイ変えたときには諦めた逸品。
それまではささくれを削り丸めて使用しよう。
ささくれさえ取ればなんてことなくそのまま使えます。
さすが木。
f0325671_18142014.jpg


暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2015-06-19 18:27 | モノコト | Comments(0)

サザエを堪能。

設計中のお客様からの頂き物。
実家輪島、能登のサザエ^_^
まれの味。
刺身からのニンニク切らしの無理矢理アヒージョ。
白ワインで頂いてます*\(^o^)/*
時期ですね。美味しゅうございます。
f0325671_21544336.jpg


by kurashi-no-kobo | 2015-06-17 21:42 | Comments(0)

散歩道での出来事。

最近、毎朝の日課となっている娘との散歩。
その道中に毎日会う近所の方と挨拶を交わす。
「いつもいいねぇ^_^アジサイ咲いたし持っていく?」
と毎朝水やりしている庭先のアジサイをササッと切り出し、手渡してくれました。
庭先、通りすがりのチョットしたコミュニティ。
渡された私たちはとても気分がいい。
渡してくれた御婦人の気分はどうなんだろう…?
些細なことかもしれないけど、きっとキレイなアジサイをお裾分けするのは気分がいいだろう。
嬉しい気持ちで家に帰り、早速花瓶や一輪挿しに投げ入れ朝食。
今日1日がとてもいい日になる予感。
家の庭先がもたらした幸せ。
こういういことだよなぁ…家づくりを通してやりたい事って。と改めて実感。
住まい環境から自然発生するいい気分。
それが暮らしを満たし、家族を満たし、近所に溢れる。
そんな環境を目指したい。
f0325671_1513135.jpg

暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館?-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2015-06-16 15:11 | 日常 | Comments(0)

「かっこいい」「心地いい」住まいとは。

Discover Japan 7月号の特集が、あまりにもビンゴ過ぎたので購入しました。
特集「かっこいい」よりも「心地いい」住まい。
グッとくるコピーに惹かれます。
住まいにおいて常に頭に置いていることは「かっこつけない」といううこと。
でも決して心地よさの追求のためにはダサくていい。かっこ悪くていい。ということではありません。
「かっこいい」は大事だと思っています。
「かわいい」もそう。
私は「かっこつけたり」「ぶりぶっり」だったりと背伸びや付け足すようなこと、無意味な演出は住まいにとってマイナスでしかないと思っています。
それは一過性のものでしかないから決して良くない。
言うならば過剰なものは、下品になり、チャラくなり、一気に興醒めしてしまいます。
昨今、「かっこいい」や「かわいい」は多くのニュアンスを持っていますが、大事にしたいのは内面やカタチが持つ「かっこいい」「かわいい」「綺麗」「美しい」と感じられること。
心地いいと感じることのできる住まいは「かっこいい」し「かわいい」し「綺麗」だし「美しい」のです。
やりすぎると一気に総崩れ。
住まいだけではないですが、自然体で様になる姿は好き嫌いを超えて万人が魅了されるのだと思います。
素敵な人は自然体である。住まいもそんな風にしたいです。
私的には「かっこいいよりも」ではなく、「かっこつけるよりも」の方がしっくりくるかも。
中にある住まいはどれもかっこよく心地良さそうな住まいだから。
f0325671_15481735.jpg

そしてビンゴ過ぎるもう一つは
f0325671_16175380.jpg

ビール特集(笑)
クラフトビール、ブルーパブのいろいろが掲載されとても面白い。
長野市で電車待ちの際に寄ったパブ、レッドドラゴンで出してもらった野沢温泉のクラフトビール里武士が載っている。
野沢温泉のブルーパブ、里武士。上越から近いのでいつか行ってみたいなぁ。
f0325671_16385070.jpg

暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2015-06-13 16:29 | モノコト | Comments(0)

事務所を移転しました。

事務所を移転しました。
賃貸アパートの一室ですが、暮らしの工房の家づくりでは欠かせない家具等の要素を入れ込みながら、限りある中での木質化も図っています。
珈琲、お茶を飲みながら暮らし、家づくり談義、時にはアルコールも。
お気軽にお越しください。
http://www.kurashinokobo.com/cn-events/event03.html
住所は「新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A」になります。
現場に出ていたり不在になることも多い事務所です。お越しの際はご連絡いただけると幸いです。
f0325671_18395241.jpg


暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2015-06-12 18:42 | 会社概要 | Comments(0)

妙高高原の住まい。珍客来場。

妙高高原の住まいの現場に珍客来場。
当たり前に来るよ。と言われていたけど初ご対面でした。
大工さんシーズン真っ只中の中、どこの現場も人手が足りないようですが、猿の手はいりません(笑)
数頭で屋根や足場を包囲された時、猿の惑星のようで、少し怖かったです。
遠くから見ると可愛いけど^_^
f0325671_13443873.jpg

f0325671_13443938.jpg


by kurashi-no-kobo | 2015-06-08 13:43 | Comments(0)


新潟県上越市で住まいをつくる暮らしの工房の、家づくり、暮らしづくりのあれこれや日常の記録


by 暮らしの工房 

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
会社概要
住まいづくりの約束事
家づくり教室
イベント
仕事の風景
げんば
日常
オーナーさんの暮らしぶり
施工例(新築・リノベ)
 ケヤキ下の小さな住まい
 雑木にひらく焼杉の住まい
 ひとつ屋根の2世帯住宅
 ソトとナカをつなぐ住まい
 稜線を望む住まい
 つなげあう高原の住まい
 つながる住まい
 新旧馴染み合う家
 ゆっくり暮らす家
 のびやかに暮らす家
 心地よい居場所のある家
上越風景採集
キッチンワーク
おでかけ
たべもの
モノコト

最新の記事

BOOK AND BED T..
at 2018-04-19 08:58
花粉症に効くタウロミン。
at 2018-04-18 07:18
図面の製本。一冊の本のように。
at 2018-04-17 14:47
定期メンテ巡りで新潟市へ。
at 2018-04-16 16:46
家具をカスタマイズ。暮らしを..
at 2018-04-13 15:20

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月

記事ランキング

最新のコメント

住宅デザイン学校やKKB..
by kurashi-no-kobo at 06:22
良い横のつながりですね。..
by ame-no-michi at 19:23
また見ていただけると幸い..
by kurashi-no-kobo at 15:48
いろいろなところに居場所..
by ame-no-michi at 09:25
いろいろと考えるきっかけ..
by kurashi-no-kobo at 16:22
私も見学させていただいた..
by ame-no-michi at 10:17
いい歌ですね。 新潟では..
by kurashi-no-kobo at 10:01
友人が主宰する万葉の会に..
by nayacafe-2950 at 19:30
こんな効果があるなんて思..
by kurashi-no-kobo at 12:14
ensui採用ありがとう..
by ame-no-michi at 07:59

画像一覧

ブログジャンル

建築・プロダクト
北陸