<   2016年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

三条市・ステージえんがわ、三条スパイス研究所。

三条の家のメンテナンスついでに、オープンしたばかりのステージえんがわ・三条スパイス研究所へ。
設計は、手塚建築研究所。
十日町市の森の学校キョロロやいこてと同じ設計者です。
解放された空間に、うねり空間が広がる屋根構造。
思ったより小さなヴォリュームで、軒先がとても深く低く抑えられている。
軒下空間も気持ちが良さそう。
お昼に行ったので、三条スパイス研究所でおしゃれな感じのカレーを食べました。
スパイスのクセがクセになりそう。
美味しい。
f0325671_13372059.jpg

f0325671_13372032.jpg

f0325671_13372123.jpg

f0325671_13372121.jpg

f0325671_13372214.jpg

f0325671_13372287.jpg

f0325671_13372306.jpg

f0325671_13372464.jpg

f0325671_13372404.jpg


by kurashi-no-kobo | 2016-03-29 13:29 | おでかけ | Comments(0)

住まいづくりのブラッシュアップ。

雪国にも春が近づき、いろいろなことの加速度が上がってきました。
すべて連動しているようで、なんか面白い。
この季節感は冬の間グレー色の空に包まれる雪国ならではなのかもしれない。
現在設計中の2軒はいろいろなことが固まってきました。
どちらも住まい手の要望から、どんどんブラッシュアップされて、とてもよくなってきた。
それぞれ違った暮らしと、面白さをもった空間になりそうでワクワクします。
ファーストプランから、より磨かれた住まい。家づくりでは大事だなぁ。
ということで、この加速度についていけるように頑張らないと…
f0325671_16162615.jpg

f0325671_16171666.jpg

暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
暮らしの工房facebook
暮らしの工房Twitter

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2016-03-26 16:32 | 仕事の風景 | Comments(0)

谷中周辺を歩く。

今日はHEAT20の報告会に参加するため上京。
HEAT20とは、2020年には住宅界に激震が走るであろう省エネ基準の義務化(現在の国が定める省エネ基準最高レベル)に向けて各方面焦り出している中、そんな基準は最低基準であって実際問題もっと上の基準持たなきゃ話にならないよね。ということを掲げている団体の一つ。
国の義務基準より20%~30%は暖房エネルギー削減できる基準で家つくりましょう。G1グレードはコストバランスの優れた基準で、G2グレードは太陽光発電乗せてゼロエネルギーやるならこれぐらいの性能持たないと意味ないですよ。
ざっくり説明するとこんな感じで(数字とか違ってたらすみません)G2の方がG1より性能がいい住宅。
暮らしの工房の標準基準がHEAT20に当てはめるとG1グレードで、らしさを残しながら性能アップしたい願望があるので勉強しに上京しました。

と、前置きはここまで、セミナーの前後に東京まちあるき。
教えて頂いた谷中周辺へ。
東京といえば再開発、ビルのコンクリートジャングルのイメージですが、谷中周辺のまちは、しっかりと上書き保存され、とても楽しいまち。
まだまだ歩き足りないので、東京へ行く楽しみが増えました。
新しくまちをつくるのではなく、今あるものを活用しながら新しいコンテンツを当てはめていく。
これほどまち空間にいて楽しい思いはない。
これは地方都市ほどお宝が溢れているように思います。が…都会の真似をして巨額の再開発投資を繰り返しているのも地方に多い。
こういうコンテンツ作りからまちづくり。
ヒューマンスケールで愛すべきまちづくりだと感じました。
f0325671_20545840.jpg

朝倉彫塑館(休館でした…)
f0325671_20545936.jpg

HAGISOCAFE。宿泊施設HAGISOはなれにもいつか泊まりたい。
f0325671_20545989.jpg

カヤバ珈琲。
f0325671_20545955.jpg

カヤバ珈琲で珈琲。
f0325671_20550082.jpg

谷中ビアホール。

こういうまちを見るとワクワクします。
直江津も高田も高いポテンシャルを秘めていると感じました。

by kurashi-no-kobo | 2016-03-24 20:21 | Comments(0)

豊かさについて考える。小さな家でシンプルに豊かに暮らす。

ウクレレの豊かな音を聞いてから、改めて「豊か」とはどういったことかを考えています。
「豊かさ」というと、とても耳障りがよくて、あいまいで、受け取り方によってどうでも受け取れる、使い勝手のいい言葉。
弊社でもよく「豊かな」とか「豊かさ」というフレーズを使います…。
単純に「豊か」という言葉を使えば、あとは受け手の価値観によっていい解釈で受け取れ、いい面もあり悪い面もあり。
豊かという言葉はネガティブな印象を受けず使える言葉だと思います。
ただ、言葉だけでは若干詐欺めいたような気もしてきました。

「豊か」という意味をネットで簡単に調べてみると
・満ち足りて不足のないさま。十分にあるさま。
・経済的に恵まれていてゆとりのあるさま。
・心や態度に余裕があって、落ち着いているさま。
・量感のあるさま。
・他の語に付いて、基準・限度を超えているさまを表す。
といった内容が出てきます。

いろいろな言葉と合わさって使われるとより限定された豊かが見えてきたり。
検索かけるといろいろと出てきます。
・モノの豊かさ
・心の豊かさ
・精神的な豊かさ
・感性豊か
・暮らしの豊かさ
・空間の豊かさ
などなど
それぞれ、モノの数や大きさ、ゆとりや満足度等を表す幅広い言葉。
若干、時代的にモノの豊かさだけはネガティブな表現に捉えられているようです。

こうなってくると、「豊か」と一言で片づけているとなんのことかがさっぱりわからなくなりました。
暮らしの工房でもよく、コピーに「豊か」と使っていることに若干の危うさも…

ということで、暮らしの工房の豊かさとは何かをはっきりさせておく必要があります。
家の豊かさとは何か。
暮らしの工房がつくる家の豊かさとはなにか。
それは、「少ない要素で出来る限り多くを受け取る」ということを念頭に家づくりをしています。

家づくりで考えていることの事例を挙げると。
窓の役割としては、眺め、風、光、熱等を調整したり、取り入れたりするモノ。
窓の数はいつも少な目ですが、ひとつの窓からたくさんの要素を取り入れることが出来る場所に取り付けることを考えます。
むやみに小さな窓がたくさんつくと、外観も悪くなるし、窓が増える分コストも増えていいことなし。

断熱や気密などの性能を高めることは、暖かくなることはもちろん、その結果快適になり、健康になり、仕切りがいらないので空間を広く使える、光熱費が抑えられるといいことづくめ。

居場所を多くつくったり、用途を兼ねる使い方をするのは、一つの空間で多様な使い方や様々なシーンに対応できるため。
結果、使わない部屋をなくせ(普段は物置部屋になる)、家をコンパクトにでき掃除がしやすくなる。
何畳という数字の豊かさではなく、一空間の中の居場所の豊かさを大事にする。

自然素材にこだわるのも、環境的なことや安心感、素材感だけでなく、削ったり補修したりすればメンテナンスが可能だったり、経年美化したり、光をきれいに写したり…たくさんのコトを与えてくれるから。

家具が多いのもそれ自体が仕切りになったり、壁になったり、居場所をつくったり。
庭木についても同様。

逆に一番腑に落ちないのは、ひとつの課題を解決するために、つくり手のとっておきのアイディアで解決してみせる、これ見よがしなアイディア満載のモノ。
そうならないように、要望や課題をいろいろな角度から検証して、一つの要素でいろいろな課題を解決できるような設計を模索しています。
不思議とパズルがハマるように解決する、納まりのいい糸口が必ず見つかるのです。

そんな価値観でつくられた家は、結果的に小さな家でシンプルな家になる。
暮らしの工房の目指す家づくりは、少ない要素でたくさんのコトを得ることが出来ること。
小さな家でシンプルに、豊かに暮らすことが出来る家です。
f0325671_9402322.jpg

ウクレレの音に豊かさを感じたのは、小さな楽器一つで、弾いたり、たたいたり、こすったり、ホントに多くの音と表現があることを感じれたからのだと思います。
私の中の豊かさの価値観は「少ないことから多くを受け取れる」ことだと改めて感じました。

暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
暮らしの工房facebook
暮らしの工房Twitter

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2016-03-23 10:19 | モノコト | Comments(0)

豊かな音色が心地よい。

ビルボードプレイスで小気味よい気持ちのいいウクレレの音に惹きつけられ、若手の世界的なウクレレプレイヤー名渡山遼さんのミニライブを聞きました。
超絶技法から奏でられる様々なウクレレの生音。
豊かな音色がとても心地よい。
引き込まれ思わずCD購入。
サインまでもらったぐらいにして。
f0325671_21551729.jpg

f0325671_21551779.jpg

心なしかビールも軽やかに飲める。
しばらくは事務所の音楽もウクレレの音で軽やかにに仕事もできる。
一足早く暖かな陽気がやってきました(笑)
by kurashi-no-kobo | 2016-03-22 21:48 | Comments(0)

イチローのバット。

イチローの使っているバットの木が、アオダモからホワイトアッシュになった…ならざるを得なくなったという記事を読みました。
良質なアオダモがとれなくなったとのこと。
暮らしの工房の家で植える定番のアオダモ。
暮らしの工房がイチローを救う日も近い(笑)
f0325671_12293636.jpg

f0325671_12293787.jpg

アオダモは生育がとてもゆっくりな木。
だから硬くてしなやかになる。
数十年後の未来のイチローを超える選手のために…なわけではないですが。
幹肌が美しく眺めているだけでも楽しく、とても育てやすい強い樹種でよく植えています。
by kurashi-no-kobo | 2016-03-21 12:21 | Comments(0)

善光寺界隈。

昨日は久しぶりに家族とお出かけ。
天気も悪くなかったので、どこかぶらぶら散歩をしながら素敵なまちを感じたいと思い、善光寺周辺に行くことに。
学生時代に都市計画をやっていたことなどからまちを歩くのが好きで、出張等で知らないまちや初めていくところは路地等を見つけてはぶらぶら散歩することが多いです。
そんな学生時代の都市計画から得たものが、現在の住まいづくりに多いに影響していると感じています。
家を設計するアプローチも周辺環境から読み解く重要性(これらはたくさんの建築家の方々の書籍やお話から学ぶ)が、とても理解しやすかったり、まちの雰囲気がつくりだす暮らしやすさや楽しさを家づくりのエッセンスに入れ込んだり。
設計嫌いな学生時代を過ごしましたが、都市計画をやっていて良かったと思える今を過ごしています。

そんな趣味とも仕事も言えなくない遊びに家族を付き合わせ、楽しんでいる休日。
家族も素敵な建物やまちをめぐりながら、おいしい食べ物が食べられるので喜んでいます…たぶん(笑)
今回は、リノベーションされた建物にいろいろな面白いお店が通りを楽しくしている善光寺界隈から、ずっと気になっていたピザ屋さん「薪窯焼きPIZA TIKU-」へ。
美味しそうな店構えに、いつも予約で満席の看板になっていて、今回満を持して気合いを入れて出発。
いつまでも並んでやろうという覚悟で、お店に到着。
しばらく待っているとお店のスタッフさんが、予約かどうか確認してきて、予約ではない旨を伝えると、2時間程待つのとのこと。
その場で予約をして空いたら連絡くれるという、うれしいシステム。
2時間を善光寺へ行ったり、通りを歩いたり、食べ歩きしたり過ごし、あっという間に2時間経過してお店に入ることが出来ました。
f0325671_1135894.jpg

f0325671_1153671.jpg

f0325671_116693.jpg

f0325671_117972.jpg

f0325671_1174850.jpg

古民家をリノベーションしたお店は、やりすぎず、センス良く、どんなピザが食べられるのか期待できる。
素材を活かすという視点を持っているつくり手は、お店の雰囲気もピザも素材を活かした本格的なもの。
本質を突いている。
マルゲリータとシラスを注文。
焼きたてを食べてもらいたいということから、一枚一枚食べ終えてからテーブルに提供される。
とくに私は生地がおいしいく、好みでした。間違いなくおいしい。

私の家づくりも裸のままというか、表面を着飾らない、素の器であるべきと思いながらやっていますが、家づくりも食べ物も変な飾り気や色気を出さずに、本質で勝負が好きなんだと改めて感じています。
そちらの方がつくり手もユーザーも得るものがデカイ。
そんなことを勉強した、休日の午後でした。

善光寺周辺の以前の記事はこちら。「長野市をめぐる。」

暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
暮らしの工房facebook
暮らしの工房Twitter

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2016-03-14 11:26 | おでかけ | Comments(2)

見つけた家族が、しあわせな暮らしになる。

先日の新潟の家見学会では、遠く上越や小千谷からお越し頂いたり、新潟市内からもご来場頂き、ありがとうございました。
特にプロモーションをしたわけでもなく、ホームページをチェックしてもらいながら、この機会にとご予約も頂き、大変ありがたい状況です。
住まいのように一家族が家の中に入れる状況をつくるために、完全予約制にしている弊社の見学会。
およそ90分の見学時間は、一度家の中を一通り見終わったあと、ゆっくりといろいろな居場所に座ったり。
暮らしの工房らしさを十分感じ取れる見学会…というよりは、体験会に近い機会です。
小さな小さな工務店のため、一度にたくさんの方を対応することが難しいので、今のスタイルが双方にとっても一番いい形の見学会で、特徴的な見学会だと思います。
次の機会もぜひ、ご参加ください。
ただ…折り込みチラシや大きなプロモーションはおそらくしないと思いますので、ブログやホームページ、フェイスブック等のチェックをしていただけるとありがたいです。
私の好きなビール、よなよなエールのコピー
「見つけた人だけが、しあわせな夜になる」
と似たような、「見つけた家族が、しあわせな暮らしになる。」
そんな家づくりをしていきます。
f0325671_16260813.jpg

次は春先の着工目指して、精力的に設計作業を進めている2軒。
完成は秋予定。
ともに上越市内での工事になります。
どちらも楽しい仕掛け、楽しい空間が広がる特徴的な住まい。
出来上がりが楽しみです。
f0325671_16102755.jpg

f0325671_161173.jpg


暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
暮らしの工房facebook
暮らしの工房Twitter

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2016-03-12 16:24 | 仕事の風景 | Comments(0)

暖かな見学会。

見学会は暖かな2日間。
春の訪れを感じます。
庭木が芽吹くのも、もうじきか。
新緑の頃に外観写真を撮りたいと思います。
その季節の美しさが見れるのも、ソトとつながる家の楽しみです。
f0325671_13282900.jpg


by kurashi-no-kobo | 2016-03-06 13:24 | Comments(0)

新潟の家見学会。1日目終了。

見学会初日終了^_^
遠くから足を運んでくれた皆様、ありがとうございました。
天気の良い1日で、外に出たり、窓際に座ったり。
予約制の見学会はゆったりと過ごせるので、いろいろと体感出来ます。
明日、ご来場の皆様もごゆっくりと体感下さい。
f0325671_17201511.jpg


by kurashi-no-kobo | 2016-03-05 17:19 | Comments(0)


新潟県上越市で住まいをつくる暮らしの工房の、家づくり、暮らしづくりのあれこれや日常の記録


by 暮らしの工房 

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
会社概要
住まいづくりの約束事
家づくり教室
イベント
仕事の風景
げんば
日常
オーナーさんの暮らしぶり
施工例(新築・リノベ)
 サクラ下の平屋
 ケヤキ下の小さな住まい
 ひとつ屋根の2世帯住宅
 雑木にひらく焼杉の住まい
 ソトとナカをつなぐ住まい
 稜線を望む住まい
 つなげあう高原の住まい
 つながる住まい
 新旧馴染み合う家
 ゆっくり暮らす家
 のびやかに暮らす家
 心地よい居場所のある家
上越風景採集
キッチンワーク
おでかけ
たべもの
モノコト

最新の記事

アメニティーショップアイさん..
at 2018-07-15 06:46
正善寺エリアの里山空間。
at 2018-07-09 21:41
アメニティーショップアイさん..
at 2018-07-07 15:09
ZEHビルダー
at 2018-07-07 15:04
上越市立水族館うみがたり。(..
at 2018-07-02 14:56

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月

記事ランキング

最新のコメント

新潟県上越市の新スポット..
by kurashi-no-kobo at 11:26
デザインされた雨のみちで..
by ame-no-michi at 07:05
倉敷、行ってみたいです。..
by kurashi-no-kobo at 06:27
倉敷にあるホテル、アイビ..
by nayacafe-2950 at 07:17
あまりに都内のホテルが高..
by kurashi-no-kobo at 17:20
池袋ですね。 私も一度..
by ame-no-michi at 12:36
住宅デザイン学校やKKB..
by kurashi-no-kobo at 06:22
良い横のつながりですね。..
by ame-no-michi at 19:23
また見ていただけると幸い..
by kurashi-no-kobo at 15:48
いろいろなところに居場所..
by ame-no-michi at 09:25

画像一覧

ブログジャンル

建築・プロダクト
北陸