<   2016年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ハンドメイドの美しさ。

グラスネタでもう一つ。
ギャルリ夏至で手に入れたリサイクルガラスのグラス。
手にすんなりと馴染むサイズ感がとても気に入っています。
ハンドメイドなので、微妙な膨らみもあり、それがしっくり。
気泡もいい。
いくつかの中から、しっくり馴染むものを引き取りました。
なんでもないカタチのグラス。
でも美しく、使いやすく、使っていて気持ちがいい。
使い倒したくなるグラス。
こういう家をつくりたいなぁ。
いい教材です。
f0325671_19184650.jpg


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-05-26 19:10 | Comments(0)

うすはりグラス。

事務所でも、私物でも好んで使っているうすはりグラス。
極限まで薄く作られたグラスは、電球の技術を活かしたモノ。
口当たりが違和感なく、スッと飲み物が入ってくるのでとても気に入っています。
そして強度もある。
多少倒してもビクともしない。
均一なガラスがうまく力を分散しているよう。
ビールを美味しい気分でリフレッシュに飲みたいときに好んで使っています。
そしてなんでリフレッシュに使いたい気分になるのかついにわかりました(笑)
ビールだけでなく、このグラスでハイボールを作ったとき、ハイボールがとても美しく感じた。
飲み物を美しく見せるグラスなのだと。
まさしく用の美。
グラスそのものではなく(グラスそのものも美しいが)、用として飲み物を美しく見せる。楽しくなる。
デザインの極み。真似したい。
どうりでビールのCMのほとんどがこのグラスを使うのか…
心地よい酔いの中(けっこうな深酔い…)で見つけた嬉しい気づき。
f0325671_23084075.jpg


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-05-22 22:46 | Comments(0)

富山、鱒寿司、まつ川。

朝さんぽで買った富山の鱒寿司。まつ川。
いつものよりあっさりで鱒が肉厚。
鱒が楽しめる^_^
ウロウロしてたらいろいろと味のあるお店があったので、次は食べ比べも楽しめそう*\(^o^)/*
鱒寿司は美味しいですね。
駅弁で売っているけど、ワンホール?一人食べも夢だけど、なんとなく切り分けて家族で食べるのが美味しい。
f0325671_21280014.jpg

f0325671_21280011.jpg


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-05-21 21:23 | Comments(0)

D&DEPARTMENT TOYAMAでd TALK。

今夜は富山にあるD&DEPARTMENT TOYAMAで「d TALK8 内藤廣×ナガオカケンメイ」に参加。
富山市の冠水公園近くに出来る、内藤廣さん設計の美術館を中心としたトークイベント。
併設カフェで行われ、ワンドリンクに座る席もカリモクソファとゆるゆるなイベントで心地よい時間。
「建築は社会の窓口に見える」
「場所をつくる」
という言葉が印象的。
建築は社会の窓口…は、建築を介して経済活動や歴史、施主の好みなどいろいろと感じることができて面白い。建築が面白いと思い始めたきっかけとのこと。
場所をつくる…外観などよりも人が大事。人が感じる場所が大事で、3.11以降より強く思うようになったということ。

「ロングライフデザイン」60年代のデザインには力がある。
マーケットに媚びないデザインの力。

あとは…後半になってくると心地よい時間とビールでふわふわしていたのでナイショということで。

新しく出来る富山の美術館は屋上に遊具などを乗せた子供のための場所になるとのこと。
子供=未来。
未来を乗せる美術館。
立山連峰が富山市内で最も美しく見える場所になるようです。
ワクワクします。
f0325671_22332213.jpg

f0325671_22332232.jpg

f0325671_22332353.jpg

f0325671_22332363.jpg


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-05-20 22:09 | Comments(0)

ホテリアアルトのタイル。

今さらですが…昨年、住宅デザイン学校のツアーで参加したホテリアアルト合宿で宿泊した部屋、208号室。
雑誌にも多く登場するホテル。ホテリアアルト。
言葉足らずな説明では伝わらないので、ホームページで直接感じてください。
何度も訪れたくなるホテルです。
宿泊した部屋は、スワンチェアがあり、ベッドルームとリビングルームの距離感が絶妙なお部屋。
新潟の家で使用したキッチンタイルは、この部屋がネタ元。
f0325671_17502739.jpg

f0325671_17553150.jpg

白と木というシンプルな配色の中に、黒がひと際目が行くのか、とても評判がいいとのこと。
カラフルな家具のファブリックで配色すると、空間もより楽しくなりそう。
ルクルーゼなどの発色のいいキッチンツールも際立つ。
空間はシンプルに、生活道具で色気を出すと、暮らしに華やかさが生まれます。


暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
暮らしの工房facebook
暮らしの工房Twitter

暮らしの工房の仕事

会社概要
[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-05-17 18:09 | おでかけ | Comments(0)

一番の暑さ。上越。

今日の上越市大潟区では、日本で一番の暑さとか。
30度越えの真夏日。
そんな天気の中、キマグレソトシゴト。
別に今日じゃなくてもいいのだけれど。
日本一アツイ場所で地縄を張ったり、レベル(土地の高低差)を取ったり。
おかげで腕が真っ赤っか。
アツイ住まい…あったかい住まいをつくる下準備。
設計も終わりに近づき、見積もり段階。
毎度シンプルコンパクトだけど、今回も楽しい空間になります。
ソトナカ、タテヨコ、楽しくつながっていきます。

2世帯住宅ではないけど、イレギュラーな2世帯を考えた住まい。
今年は世帯間を考えた住まいづくりのご提案が多くなりました。
f0325671_22192008.jpg

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-05-16 22:07 | Comments(0)

緑を感じる暮らし。

土曜日は、新潟の家でハウジングこまちの取材でした。
もともとあった柿の木や、新たに加えたヤマモミジやジューンベリーなども新緑をつけ、住宅地の中で緑を思いっきり感じられる環境。
そんな様子をインタビュー記事や写真で見ることが出来ます。(ホームページの施工例も頑張って更新しなくては。。。)

その帰りに、ベランダのアオダモがキレイに葉をつけていると報告してもらった長岡の家へ。
植えた木も少し根がつき、イキイキと葉を広げていました。
f0325671_17334053.jpg

f0325671_17334073.jpg

f0325671_17334113.jpg

葉を下からすかしてみるのが好き。
玄関前は苔やヤマモミジもキラキラ光緑色で感動的。
f0325671_17334198.jpg

ベランダに伸びる葉と遠くの稜線との重なりはボーッと出来る。
そんなとっておきの場所をオーナーさんから招かれ、ひと談話。
夕方の癒しのひと時。
今の季節、朝方や日の当たる日中の方が、緑がキラキラヒカリとても気持ちがいいらしい。
ゆっくりとした朝食が1日の気持ちいい始まり。
日々を暮らしていると、その時期のとっておきの時間を知る楽しみがある。
そんな時間にお酒をプラスしたりご飯をプラスしたり。
住む人によっていろいろな掛け算が出来る。
暮らす楽しみをつくることが、住まいには大切なことだと改めて感じました。
[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-05-16 17:15 | Comments(0)

母の日。

昨日は母の日。
この日は毎年、ムスメとともに買い物してご飯をつくって。
去年のことを思い出してか「お父さんと2人でお出かけするの、1年に1回だね」と…(汗)
年1回のムスメとの共同イベント、しっかりと楽しみました(;^_^A
f0325671_11283507.jpg


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-05-09 11:23 | Comments(0)

自然を考える家づくり。

これから着工を迎えるお宅の作庭打ち合わせを造園屋さんと。
どうしても活かしたい建物際の育ったヤマモミジ。
お父さんが昔山採りして植えたモノ。
建物は壊して改築するけど、樹木は継続させたい。
家の時間軸と自然の時間軸は一緒ではない。
様々な時間軸が共存した時に、まちは楽しく美しくなります。
庭には使っていない浅間石もゴロゴロあるので、これらを再利用して庭を整えます。
最後は松の木の管理のレクチャーとなりました。
2世帯住宅ということもあり、今までで最大の住まい。と言っても普通のちょっと大きい家1軒分ほど。47坪。
2軒分を47坪の中に入れ込んだコンパクトな住まい。
世帯間の家族の距離感をどう調整するか、2世帯ならではの住まい方をどう計画するかを徹底して考えました。
暮らしの工房らしいコンパクトな住まいで楽しい居場所がたくさん溢れたおウチ。
庭木を先行して考えるのも暮らしの工房ならでは。
家は決して驕らず、謙虚に自然環境と一緒に在りたい。そう暮らしの工房は考えています。
完成は12月初予定。
f0325671_11284016.jpg

f0325671_11284155.jpg

f0325671_11284169.jpg


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-05-07 11:07 | 仕事の風景 | Comments(0)

稜線を望む住まい。

稜線が望めるごく普通の新興住宅地。
この敷地の最大の特徴は近くの山の稜線、緑が存分に愉しめること。
家々が並ぶ住宅地の中で、外とのつながりを大事にしながらも、周辺との適度な距離を保ちたい。
山の稜線を暮らしの中に取り入れたいことから、2階にLDKを配置したプランを計画。
適度な距離感をつくりながら、ウチもソトもゆるやかにつながる心地よさを持った住まい。
コンパクトながらもウチに、ソトに居場所をたくさん持つことで、ゆったりと広がりのある住まいとなりました。
遠景、近景を愉しむ、稜線を望む住宅地の住まいです。
f0325671_17463383.jpg

存分に借景を楽しめるように、2階リビングとしたプラン。
2階リビングの利点は、天井を屋根なりにすることが出来る。
それにより高い低いといった変化ができ、楽しい空間に。
斜めに上がる天井を漆喰で塗ることで、質感のある光がたまる天井に。
f0325671_1747319.jpg

掃き出しの窓を開けるとデッキとつながる。
デッキの吹抜けからは近景となるタモの木が伸びる。
2階リビングでも緑が近くに感じられるように意識している。
f0325671_17484468.jpg

反対側を開けると、デッキ空間が広がり、遠くの稜線と大木の緑が目に入る。
室内から空へと視線が抜けるので、広がりを持った空間になる。
f0325671_17494388.jpg

ダイニングからキッチンを見る。
ダイニングとキッチンの間を取るモノは、作業台。
お菓子をつくったり、家族が料理に参加したり、使い勝手のいい作業台は家族のコミュニティにもなる。
f0325671_17505042.jpg

キッチンからダイニングを見る。
窓に囲まれたダイニングは、開放的で明るい空間に。
f0325671_1752784.jpg

ダイニングの全体。
障子が柔らかな明かりをつくり、時間とともに明かりの変化が楽しめる。
f0325671_17575132.jpg

障子を開けると、遠景近景の緑が家の中に入ってくる。
住宅地を感じさせないような環境をつくった。
f0325671_17524863.jpg

デッキに出る。
吹抜けからタモの木が伸び、緑がとても近い環境。
f0325671_17555646.jpg

東側に面するデッキは、夏場の夕涼みに最適。
椅子を持ち出して木々の中で、読書やビールを楽しめる。
f0325671_17564041.jpg

デッキ吹抜けに伸びるタモの木は、玄関アプローチの坪庭から伸びている。
f0325671_17594014.jpg

ダイニングからリビング側を見返す。
ソファスペースに小さな小上がりと居場所が連続してつながる。
小上がりは奥の子供部屋ともつながっていて、リビングの一部になったり、子供部屋の一部になったり。
使い方によっていろいろと変化するスペースに。
f0325671_1871177.jpg

定番化したオリジナル造作ソファ。
家具があることで居場所が出来上がるので重宝する。
f0325671_1812565.jpg

定番のオリジナル造作キッチン。
今回は3.5mのカウンターで、作業台が広い。
キッチンをどう使うかで、住まい手の個性が出てくる。
そのためにも既製品ではなく、柔軟に対応できる造作キッチンにすることが多い。
f0325671_1873777.jpg

寝室の和室。奥にウォークインクローゼット。からサンルームにもつながる廻れる動線。
f0325671_188913.jpg

玄関土間につながる躙り口。
寝室がベッドではなく布団なら、一時の客間として利用も出来る。
そのための仕掛け。
f0325671_1884094.jpg

ウォークインクローゼットの中に、小さなデスクスペース。
書斎としても機能する。
f0325671_1891838.jpg

寝室(和室)からつながるデッキ。
緑を近くに感じる環境をつくると気持ちがいい。
f0325671_1810745.jpg

玄関の地窓。
いろいろな位置の植物を見ることが出来る。
玄関に入り、土間に移り込む木々の影も美しく感じられる。
f0325671_18121124.jpg

浴室も坪庭に面して木々を眺める。
視線が抜ける部分に設けているため、近隣住宅からの視線が入らず、近景遠景の緑を楽しみながらお風呂に入ることが出来る。
f0325671_1814810.jpg

玄関アプローチ。
坪庭や2階に伸びる木々など、緑の中に入るように配置されたアプローチ。
f0325671_18161597.jpg

浴室につながる坪庭。浴室側は常緑の葉、アプローチ側は木々の足元が意識されるように配慮。
f0325671_18213688.jpg

アプローチは適度に視線を抑えながら、それぞれの役割を持った樹木たちが迎え入れる。
f0325671_18205422.jpg

日が暮れた夕景。帰宅時の様子。
疲れをリセット出来ることが、家の大事な役割。
f0325671_1825977.jpg

2階ダイニングへと伸びるヤマボウシ。
上に向って咲くひし形の花を、ダイニングから覗き込むことが出来る。
足元は地窓に移り込んだり、ベリー系を植えて食べれるように、庭を楽しめる。
f0325671_18281272.jpg

前面道路から正面を見る。
シンプルでコンパクトなプロポーションと、杉板の素材感、樹木により、住宅地に清涼感を与える。
f0325671_18265615.jpg

全景。
周囲と比較しても落ち着いた外観に。
f0325671_18324797.jpg

角度を変えての外観。
f0325671_18352499.jpg

おまけの夜景。

住宅地でも緑をたくさん感じながら、窮屈にならずに開放的な住まいを目指しました。
ホームページの施工例はこちらから。
『稜線を望む住まい』

暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
暮らしの工房facebook
暮らしの工房Twitter

暮らしの工房の仕事

会社概要
[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-05-06 17:23 |  稜線を望む住まい | Comments(0)


新潟県上越市で住まいをつくる暮らしの工房の、家づくり、暮らしづくりのあれこれや日常の記録


by 暮らしの工房 

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
会社概要
住まいづくりの約束事
イベント
仕事の風景
げんば
日常
オーナーさんの暮らしぶり
施工例(新築・リノベ)
 サクラ下の平屋
 ケヤキ下の小さな住まい
 ひとつ屋根の2世帯住宅
 雑木にひらく焼杉の住まい
 ソトとナカをつなぐ住まい
 稜線を望む住まい
 つなげあう高原の住まい
 つながる住まい
 新旧馴染み合う家
 ゆっくり暮らす家
 のびやかに暮らす家
 心地よい居場所のある家
上越風景採集
キッチンワーク
おでかけ
たべもの
モノコト

最新の記事

暮らしの工房ホームページをリ..
at 2018-07-31 18:57
オーナーさんの暮らしぶり。
at 2018-07-25 13:35
西本町の家、建て方。
at 2018-06-04 18:11
小林古径邸、長期休館。
at 2018-06-01 05:55
庭をつくる。
at 2018-05-30 10:24

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月

記事ランキング

最新のコメント

ホームページリニューアル..
by kurashi-no-kobo at 16:35
弊社も近々にHPをリニュ..
by ame-no-michi at 09:54
倉敷、行ってみたいです。..
by kurashi-no-kobo at 06:27
倉敷にあるホテル、アイビ..
by nayacafe-2950 at 07:17
あまりに都内のホテルが高..
by kurashi-no-kobo at 17:20
池袋ですね。 私も一度..
by ame-no-michi at 12:36
住宅デザイン学校やKKB..
by kurashi-no-kobo at 06:22
良い横のつながりですね。..
by ame-no-michi at 19:23
また見ていただけると幸い..
by kurashi-no-kobo at 15:48
いろいろなところに居場所..
by ame-no-michi at 09:25

画像一覧

ブログジャンル

建築・プロダクト
北陸