<   2016年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

上棟の宴。

今日は五智の家にて上棟式。
いつもとても簡略的に行う上棟式(正直本格的な上棟式は経験したことがないのでわかりません)。今回もそれは変わりなく、そしてお昼に現場で一杯。
趣向を凝らしたとても楽しい時間をつくって頂きました。
その後打ち合わせといいながら、事務所に移りいっぱい。
徒歩圏内の現場はとてもいい(笑)
ご近所に振る舞う盛大な上棟式もいいけど(やったことないけど)、住まう人がホントに楽しみにしてくれて、上棟を心待ちにし、家づくりを心底楽しんでもらえる。
そんなことが感じられた上棟式が、私は何より嬉しいです。
近頃は改めて多くなってきた昔ながらの上棟を祝う儀式。でも、私の家づくりから考えたら昔の職人気質な上棟式よりも、住まう人独自の家づくりを噛み締める時間の方が大切にしたいし、暮らしの工房らしいと思う。
それは上棟の時でもいいし、完成してからでもいい。住んでいくらか時間が経った時でもいい。
その時の想いを感じた時にとても嬉しく思います
そう改めて思えた時間でした。
f0325671_17093972.jpg

f0325671_17093912.jpg


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-07-30 16:43 | 日常 | Comments(0)

五智の家。屋根のカタチ。

五智の家建て方2日目を終え、屋根が出来、家のシルエットがはっきりとしてきました。
今回は寄棟という屋根の形状。
軒も深く設計しているため、地に足の着いた安定感あるプロポーションになったと思います。
この現場は屋根の高さ関係にとても気を使いました。
作業中の応援に来た大工さんから、5.25寸勾配ってなんだよ。(屋根の傾きを表す数字)5寸とかだろう普通。…という声も(笑)
何も絡みが無ければキリのいい数字の勾配で設計するのですが、今回はあれもこれもそれも絡めた結果の勾配寸法。
屋根のカタチ自体は単純ですが、いろいろな問題を処理した結果、とても難易度の高い仕事になっています。
見た目が普通過ぎてわかりませんが…
でも、それがいい。
設計も現場も複雑に絡み合った問題を解決して何気なく普通に見せる。デザインの醍醐味だと思います。
大工さんには、出来てしまうと簡単そうに見えてしまい申し訳ないけど、苦労は見せずにいた方が洗練さが増していい結果を生み出すのです(笑)
やったからには魅せたい気持ちもわかるが、みんなの技術を集結して、慎ましく。
そういった技術屋の見せ場は、暮らす人には関係ないですから。
暮らしにストレスを与えないような家づくりをしたいです。
が、家一棟にいろいろな想いが詰まってます。笑
f0325671_22134876.jpg



[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-07-28 21:46 | げんば | Comments(0)

五智の家。建て方。

豪雨に見舞われ、そして祇園祭真っ只中の直江津地域。そんな五智の家では昨日から建て方が進められています。
f0325671_12340085.jpg

大工さんの現場に合わせて作る道具入れや作業台が機能的で惹かれるものがあります。
f0325671_12340181.jpg

五智の家は寄棟という屋根の形状。
四方に軒が回り、低く屋根のが見えるプロポーション。
慎ましく建てたいと思っています。
f0325671_12340152.jpg

今日で屋根下地まで完成してシルエットもはっきりとするでしょう。

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-07-28 12:15 | げんば | Comments(0)

昨夜の雨。

昨夜の上越地域にもたらした豪雨。
五智の家の現場付近では側溝の排水処理が追っつかず、道路が冠水していました。
現場は幸い、水上側になっていたのですが、水下側にお住まいの方々は気が気で無かったことでしょう。
付近の人も外へ出て見守っていました。
今朝はすっかり水も引け、何事も無かったように。
現場も無事建て方を始めました。
陽も出てきて、辺りの水気も一気に空中へ。
ジメジメムシムシとなっています。
f0325671_12354188.jpg

f0325671_12354109.jpg


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-07-27 12:28 | Comments(0)

ソトメシを楽しむ。

今日は天気がいいのでお昼に急遽ソトメシ。
パスタを作って鍋に入れ込み、離れの庭(笑)で食事。
八重桜の木漏れ日の下、心地よい風を浴びて至福のひととき。
食の細いムスメも食べる食べる。
ソトとテーブルと食事(+アルコール)があれば、手軽で短かな最高空間の出来上がりです。
アパート暮らしでは近場の公園へ行くしかないけど、キッチンとつながる庭先だったらもっと手軽に楽しめる。
ソトナカをつなぐ住まいなど、今まで作ってきた住まいは、ソトメシも重要なテーマの一つ。
現在着工中の大潟の家もソトメシを楽しむとっておきな空間があります。
暮らしを楽しむ上で大きく占めるのは、食事を楽しむことだと感じています。
f0325671_22095591.jpg


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-07-24 21:57 | モノコト | Comments(0)

土木展。

東京六本木の21-21design sightで開催されている土木展へ。
土木をメインとしたデザイン展は珍しい。
単純にすごい楽しめました。
土木を音や視覚、手触りといった感覚的な所から楽しめる。
建築と微妙な関わりがありながら、少し違う領域。
久しぶりに頭を使わず感じ見て、楽しめました。
f0325671_19241701.jpg

f0325671_19241808.jpg

ドローイングにプロジェクターで色や動きを付けたモノ。キレイで感動的。
f0325671_19241864.jpg

左官職人?左官芸術家。挾土秀平監修の作品。
地層?
f0325671_19241804.jpg

ダムの役割をチームラボ的(よくわからず…)な体験が出来る。
f0325671_19241914.jpg

渋谷駅地下の模型。空間を上に積み上げることが多いので、地下を掘り下げた模型を見ると不思議な感覚ですごい。
f0325671_19242022.jpg

f0325671_19242095.jpg

ダムの種類をカレーで表現。
土木が一気に身近に感じるとても楽しいデザイン展でした。

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-07-22 19:09 | おでかけ | Comments(0)

土地探し?土地選びのコツ。

ここ最近、お問い合わせをいただき、初回面談でお話しする機会が増えてきて、とてもありがたい状態です。
皆さま家づくりにおいて悩まれる事柄に違いはあれど、初期ステップとしては同じ段階で、土地をどうするか…という点。
今は不動産情報は、ネットを通して誰もが簡単に手に入れることができるし、掘り出し物を一人で持っている会社も少ないと思います。
それよりも何よりも、今ある物件状況と実際に建てる時期とのタイムリミットの中で、ベストを選択する方が何より大事。
不動産、住宅業者が営業ツールとして持ってくる情報はほぼオープンになっているモノであるので、大事なことはその地にどんな家が建てられ、どんな暮らしを受け入れられるのかという、土地の個性の読み取りなのだと感じています。
この読み取りが、簡単なようでなかなか難しく、設計者の力量による差も大きいです。
そして最後まで家づくりに大きな影響を与え続けます。
そしてそれぞれの会社の考え方にも大きな差があります。
出来れば一緒に家づくりをする工務店や設計者にジャッジしてもらうのがいいと思います。
暮らしの工房が行っていることとしては、クライアントがだいたいの目星をつけた土地を予め調べていることが多いので、ともに実際の敷地を確認しながら、土地の個性を共有し、最終的に決断する材料としていただいています。
その時にお話しする内容が、家づくりの骨格を決めていると言っても過言ではありません。

土地の個性を見つけると言っても、実はそれほど難しくなく、家づくりで大事なことを絞ると見えてくることで、一回お伝えするだけで皆さん土地探しのコツを掴んで、いくつか事案がある時は明快に私にもその土地を選んだ意図を伝えてくれます。
今回いくつか初回面談を繰り返す中で、初めに伝えておくことで、皆さんのより良い家づくりに貢献できるのではと思いました。
初期ステップで実は非常に重要な土地の読み方。
初回面談後に各々行っていましたが、現在上越市内で着工中の2軒(五智の家、大潟の家)で、構造勉強会を通じて主内容として土地の読み方についてお伝えしたいと考えております。
八月末か9月初め頃にスケジュールを組み込んで開催したいと思っています。
少人数で開催したいと思いますので、ご興味ある方は、予めご連絡ください。
f0325671_18253279.jpg

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-07-19 17:54 | 仕事の風景 | Comments(0)

高田公園の蓮

高田公園の蓮が咲いていますね。
お堀を埋め尽くす蓮の葉。
一面緑色。
その中に白とピンクの存在感ある花がポツリポツリ。
桜もいいですが、蓮も好きです。
季節を存分に感じられる高田公園廻り。
そんな周辺環境を存分に取り込んだ住まいは絶対に気持ちがいいはず。
f0325671_17151847.jpg

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-07-16 17:09 | 日常 | Comments(0)

住吉の長屋を見る。

大阪初心者としては、世界的建築家安藤忠雄の住宅「住吉の長屋」を押さえておこうと思い市内散策。
多くの本に登場する、伝説的な住宅。
本などで知る内部の様子や、周辺環境など、頭の中ですでにイメージが出来上がっていましたが、実物はイメージと大きくかけ離れたものでした。
鉄筋コンクリート造(RC造)のイメージもあり、スケールの大きなものが頭の中に出来上がっていましたが、実に身体感覚に近いスケールであり、小さく控えめなプロポーションは下町的な雰囲気に実に合っている。
イメージとのギャップに感動すら覚えました。
スケール感覚。これはモノづくりにおいて確実に無視は出来ない大事なこと。そんな気づきをもらえた建物。
控えめな中に建築のチカラをヒシヒシと感じました。
スゴイ。
f0325671_16014218.jpg


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-07-14 15:49 | おでかけ | Comments(0)

竹中大工道具館へ。

関西遠征は、竹中大工道具館へ。
企画展示として、「清雅を標に-人間国宝 須田賢司の木工藝-」を見る。
木工芸の極みとも思える仕事に感動。
仕口を巧みに操りながら、あるモノがないが用を満たす。
手仕事によりつくられる精工なつくりは、無駄がなく、繊細で緊張感がつくられる。
モノから放たれる空気感にシビレました。

建築でもよく、無駄な線を消すためにいろいろと試行錯誤するときがある。
建築家はもちろん、普通の工務店でも枠をなくしてみたり、あるモノをなくしてみたり。
スッキリという言葉で簡単にやってしまいがちですが、これは相当練り込まないと大ヤケドします。
大事なことは、あるモノがないが用を満たす。という基準。
デザインは用があって成り立ちます。
あるモノをなくして用を満たすと、絶妙なバランス感覚で成立するので、緊張感がつくられる。
そのためには相当な練り込みと技術が必要。
その緊張感が気持ちいいとも思います。
が、私は大ヤケドするので、あるモノはある。だから用が満たす。その上できれいにつくる。
ということを心がけています。
そうすると、心なしかほっこりと心の余裕が感じられ、それはそれで気持ちがいい。
住まいはそれでいい。と思っています。
(でも、洗練された仕事は気持ちがいいなぁ…(笑))

竹中大工道具館では、常設では道具の歴史から大工の仕事まで。
木構造を体験的に楽しめたり、子供を連れて行っても面白いと思います。。
f0325671_18583945.jpg

f0325671_18595323.jpg

f0325671_1915546.jpg



暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
暮らしの工房facebook
暮らしの工房Twitter

暮らしの工房の仕事

会社概要
[PR]
by kurashi-no-kobo | 2016-07-12 19:02 | おでかけ | Comments(0)


新潟県上越市で住まいをつくる暮らしの工房の、家づくり、暮らしづくりのあれこれや日常の記録


by 暮らしの工房 

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
会社概要
住まいづくりの約束事
イベント
仕事の風景
げんば
日常
オーナーさんの暮らしぶり
施工例(新築・リノベ)
 サクラ下の平屋
 ケヤキ下の小さな住まい
 ひとつ屋根の2世帯住宅
 雑木にひらく焼杉の住まい
 ソトとナカをつなぐ住まい
 稜線を望む住まい
 つなげあう高原の住まい
 つながる住まい
 新旧馴染み合う家
 ゆっくり暮らす家
 のびやかに暮らす家
 心地よい居場所のある家
上越風景採集
キッチンワーク
おでかけ
たべもの
モノコト

最新の記事

暮らしの工房ホームページをリ..
at 2018-07-31 18:57
オーナーさんの暮らしぶり。
at 2018-07-25 13:35
西本町の家、建て方。
at 2018-06-04 18:11
小林古径邸、長期休館。
at 2018-06-01 05:55
庭をつくる。
at 2018-05-30 10:24

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月

記事ランキング

最新のコメント

ホームページリニューアル..
by kurashi-no-kobo at 16:35
弊社も近々にHPをリニュ..
by ame-no-michi at 09:54
倉敷、行ってみたいです。..
by kurashi-no-kobo at 06:27
倉敷にあるホテル、アイビ..
by nayacafe-2950 at 07:17
あまりに都内のホテルが高..
by kurashi-no-kobo at 17:20
池袋ですね。 私も一度..
by ame-no-michi at 12:36
住宅デザイン学校やKKB..
by kurashi-no-kobo at 06:22
良い横のつながりですね。..
by ame-no-michi at 19:23
また見ていただけると幸い..
by kurashi-no-kobo at 15:48
いろいろなところに居場所..
by ame-no-michi at 09:25

画像一覧

ブログジャンル

建築・プロダクト
北陸