<   2017年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

住んでからも暮らしに合わせるように仕立てる。

雑木にひらく焼杉の住まいへお邪魔しました。
もう少しで竣工から一年。
実際に生活してみての細かな要望が出てきて、お話を聞くととても参考になる。
それら要望を市販のもので代用するアイディアや、新たに作りこむしかないもの。
いろいろと暮らしにフィットさせるように頭をめぐらせます。

つくりこみは暮らしの幅を狭める(自由度、おおらかさ)けど、かゆいところに手が届くような気づかない配慮というのも家づくりには大事。
実際のオーナーさんの使い勝手を聞くことは、フィードバック出来る機会でもあります。
家づくりの最中は、いろいろな調整が絡み、優先順位が決まり、いろいろな物事を決定していきます。
始めから完璧であればいいのだけれど、それは絶対無理だろうから、やはり暮らしながらのミクロな視点での気づきにフィットさせて行く方がいいのだろう。
モノの納まりどころなんかは特に。

そんな雑木にひらく焼杉の住まいは、緑が気持ちいい。
f0325671_15403511.jpg

デッキから続く芝が、雑木へと繋がり、緑が連続して続きます。
建物際き入れたアオダモは障子に影絵を落とし外の様子を家の中に映し出します。
ソトと精神的につながっている住まいは気持ちがいい。
f0325671_15403794.jpg

そして経年変化により色づき始めた木部。
床の杉は落ち着いた色味になり、ペンダント照明のアームに使ったブラックチェリーは赤っぽく、なんとも美しく艶っぽい色へと変わっています。
そんな変化の楽しみが木の家にはあると思います。

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-09-30 15:30 | オーナーさんの暮らしぶり | Comments(0)

オイルの研ぎ塗装。

自然塗料のメーカーさんが来られてオイルの塗り方実演営業。
2種類の塗り方を見せて頂いたけど、一工程多いやり方は全然違う。
写真じゃ違いが全くわからないけど(笑)
f0325671_14481732.jpg
家具塗装でよく使われる手法の研ぎ塗装。
オイルが木目に染み入り、繊維の管に蓋をする。
持ちが良くなるみたい。
今まで製作テーブルは、汚れに負けてウレタン塗装にしていたけど…(ちなみに事務所や自宅のテーブルは気にせずオイルですが)…この塗装ならいいかもしれない。
ウレタン塗装は汚れづらいけどメンテナンスが手軽ではない(削れない)というけっこうなウィークポイントを持っている。

まずは事務所のテーブルで実践してみよう。


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-09-29 14:46 | 日常 | Comments(0)

手作りチョコアイス。

ムスメが休日つくった手作りチョコアイス。
なかなかの美味です。
溶けやすいアイスは滑らかでふわふわ。
アイスって家庭でつくれるんだと知った。
しかも簡単で美味しい。
生クリームと卵黄と卵白をそれぞれ泡だて混ぜるだけ。
大量に出来たので毎日食べています。
f0325671_22410705.jpg


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-09-26 22:40 | キッチンワーク | Comments(0)

どんぐり拾い。

今日は、午前中にメンテや現場へ向かい、午後からどんぐり拾い。
なぜどんぐりかは、家庭の事情(笑)
理想のどんぐりを求めて妙高や新井へ。
f0325671_18104756.jpg

f0325671_18104967.jpg

どんぐり拾いをそこそこに、私はどんぐりからどんな木なのかを調べる方が楽しい。
このどんぐりはコナラかな?
薪ストーブにもってこいだなぁと思いながら。
丸く潰れたどんぐりもあり、調べるとミズナラっぽい。
ミズナラ。去年山崎蒸留所で試飲したウィスキー山崎ミズナラ樽の芳醇な香りを思い出した(笑)
木って楽しい。
f0325671_18180366.jpg

帰りに板倉でジェラートを食べながら、空気の静かな爽やかさにすっかり秋を感じました。

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-09-23 18:08 | 日常 | Comments(0)

サクラ下の平屋@上越の図面本。

サクラ下の平屋(上越市)が着工を迎える直前、工事図面の製本が完了。
私の現場用とオーナーさん用の2冊。
独立して一棟目のまだ時間を持て余していた頃に本のように製本しようと遊び感覚で始めたことが、定着してなかなか好評。
でも地味に時間がかかり辛い作業で、忙しさにかまけてついつい後回し。
現場の図面はパッドでもまかなえるし…
今回はなんとか着工ギリギリで間に合った(笑)
出来上がるとこちらもテンションが上がっていきます。
現場が終わる頃には角からボロボロになりますが、とっておきの一冊からとっておきの住まいにしたい。そんな想いを込めた図面。
f0325671_08221772.jpg
裏面はファーストプランをイラストに。
始めの一歩からどのように進んできたかがわかります。
ちなみに表紙のスケッチもファーストプラン。
だいたい完成もこんな感じです(笑)

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-09-22 08:21 | 仕事の風景 | Comments(0)

長期優良住宅標準仕様で建てる家。

サクラ下の平屋で申請していた長期優良住宅の適合証明が手元に届き、役所に認定申請していよいよ着工。
長期優良住宅の申請をするかしないかは住まい手さん次第ですが、暮らしの工房の場合、長期優良住宅だからと言って標準仕様が変わることはありません。
エネルギー計算や構造計算をベースに計画しているので、申請しなくても根拠を持ってご提示しています。
こう言った基準があると、長期優良住宅がゴールになりがち。
だけど本来は、長期優良住宅だからいいのではなくて、もっとよくしていかなければならず、国がある程度の年数がたったら義務化するであろう基準であるので、その時には最低レベルになると思っています。
はじめは長期優良住宅にたっぷりと補助金が付いていたけど、今はほとんど(減税効果ぐらい)コスト的なメリットがなくなっています。
省エネ基準なんかもそうです。

それにしてもこの申請書類、450ページほどの構造計算書を合計3部もプリントアウトしなければならなかったり、エネルギー計算や地盤調査など、ページボリュームの大きい書類をプリントアウトすることにくじけそうになります。
申請前にダメ元で聞いても当然ダメの返答(泣)
全てがデータ申請にならないものなのかな…
f0325671_15422137.jpg

株式会社暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-09-21 16:01 | 仕事の風景 | Comments(0)

この椅子が一番。

いつもお世話になっている家具屋さん、アメニティショップアイさんから本を頂きました。
「この椅子が一番」
いろいろな専門家がテーマごとに選んだ椅子のランキング。
選んだコメントなどが掲載され椅子の辞典のようで面白い。
そこにアイさんも登場しています。
事務所で使っている椅子たちも、ロングセラーな名品なので、いろいろなテーマにもランクイン。
好きな椅子、手に入れたい椅子、憧れだけど高嶺の花な椅子、初めて見る椅子、各シーンごとに紹介されているので、妄想が楽しいです。
椅子は椅子として考えがち(何をいっているんだ。笑)だけど、本来の椅子の役割を再認識させてくれる本。
家具を身近に感じることのできる一冊です。
f0325671_08251609.jpg

ありがとうございました。

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-09-20 08:24 | モノコト | Comments(0)

掃除がしやすい家とは?

昨日、一昨日と完全オフにてしっかり休養しました。
ケヤキ下の家を引き渡し、今週からサクラ下の平屋が着工。
頭をしっかり切り替えて次へ。
そんな休日は、まずは家の掃除を少し本格的に。少しスッキリした気持ちになりました。
掃除中はいろいろと物事を考えるにもいい時間だなぁと思います。

家を計画する皆さんが、割と多く要望に出ることってなんでしょう?
一般的に挙げられることの一つに「掃除がしやすい家にしてほしい」ということがあると思います。

「掃除がしやすい家」って一体なんなんだろうなぁ…って思いながら掃除をしていて、私の中でなんとなく一つの答えがあるような気がします。
よく、家事楽とか主婦目線で計画したとかのキャッチーなフレーズが飛び交いますが、私はあれが本当なのか?と疑う派です。
もちろん私は男で、女性目線という戦略を打つことができない嫉妬もあるかもしれない。(そこが大きい。笑)
だから私は論理的に積み上げて行く方をとってみたい。苦手な人もいるかもしれないけど、そこは男脳目線で(笑)だって出来ないし…主婦じゃないし…

掃除がしやすい条件として、掃除機がかけやすいということから考えてみようと思います。
ここではコンセントの抜き差しがいらないように…なんて当たり前なことは言いません。
掃除機をかけるにあたりストレスに感じることは、床に置いてあるモノではないかと思うのです。
いちいち掃除機を止めて、動かして掃除機をかけて、また戻す。
めんどくさいし、スムーズじゃない。
散らかり出すと掃除するのも嫌になる。
お掃除ロボットも使えないし。

日頃の掃除の敵は、床に置いてしまうモノなんだと思います。
それではどうしたら床にモノを置かないようになるのでしょうか?

収納がたくさんあればいい。

イヤ、それでは今度は収納の中がごった返してひどい有様になってしまう。ただ隠すだけの収納になり根本が解決されません。
そこからはじき出された、片付けにくいモノたちは、またまた床へと帰っていきます。

収納もただあれば解決するのではなく、モノにあった収納がなければ納めることが出来ずに、溢れかえります。
収納の鉄則として、「モノの性格に合わせて納めなければならない。」ということがあります。
だから掃除のしやすい家というのは、モノがちゃんと納まる収納があり、床が散らからない家にすることなのだと思っています。

ここで一つ落とし穴が。
収納力と言われると、収納部屋の広さを一般の方たちは意識するのですが、実はそれはただ単に使わないモノを増やし、いつまでたっても収納力が足らないと満足しない状態に陥ります。
収納はただあればいいのではないのです。
不要なモノは持たないような意識も「掃除がしやすい家」には重要で、収納計画なんかよりも、暮らす意識の方が掃除がしやすい家には大事なのではないかと思うのです。

片付けられない以上のモノを持たない。
掃除をしていて大事だなぁと思っています。

ということで今回は、なかなかモノを手放したがらないムスメを説得して、景品のおもちゃやら、遊びで作った工作やらの処分を思い切ってさせました。
普段はなかなか捨てないムスメも、気分が乗ったのかどんどん処分OKを出して行く。
どんどん不要なモノがなくなり、最後に「広くなったぁ」とご満悦。
掃除機もすごくかけやすくなる。

モノを持たないことっていろいろなことをクリアにしてくれると思いました。
f0325671_11084561.jpg
スケッチはよく提案している、洗う、干す、しまうを同一空間で終わらせるサンルーム。
もちろん、これが単独であると全く機能的ではなくなってしまうので、人の動き、暮らしに合わせた計画が必要。
家事が楽になるというのも、人間の行動を元に考える必要があり、論理的に解決したいと思っています。(バリバリな男性脳目線で笑)


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-09-19 08:55 | 日常 | Comments(0)

工務店同士の交流。切磋琢磨。

昨日はいつも親しくして頂いている工務店の方々に、ケヤキ下の家をみて頂きながら新潟市から上越市へ、今までの仕事も見て頂きながら下ってきました。
毎回恒例になりつつある住まい見学。
今回は静岡から富山、群馬まで、遠くから来て頂きいろいろと意見交換。
エリアがかぶることのない工務店同士は、ざっくばらんに本音で仕組みややり方を議論でき、とても有意義な時間です。
互いに地域に生きる工務店として切磋琢磨し、成長できる存在としてたいへんありがたい存在。
一つ一つは小さな会社ですが、こういった地域工務店の連携が、大手メーカーやフランチャイズなどとは違った家づくりを各地域で広めて、強めていければと思っています。
f0325671_16102548.png
各住まいの姿も外から見学させていただきました。
オーナーさんたち、ありがとうございました。
竣工後2年。
玄関先の紅葉から飛んで産まれた小さな紅葉を発見。
木ってこうやって増えていくんだなと、みんなで感動しました(笑)
f0325671_16103323.png
三条では、ステージえんがわ(設計:手塚建築研究所)を視察しながら、同内のスパイス研究所でランチ。
なぜスパイスだったのか?というのを聞いたり、建物やコンテンツの成り行きを聞いたり、これもまた楽しかった。
f0325671_16103514.png
そして上越妙高駅近くのフルサットで勉強会。
建築や経営のあれこれを新幹線の時間まで目一杯語り合いました。
もちろんご飯を食べながら。
f0325671_16103737.png
そして2次勉強会は宿泊する高崎のほしかわ工務店干川さんと夜深くまで。
干川さんは、業界紙、新建ハウジングの最新号の表紙を飾り、ベンチマーク特集に取り上げられた注目の工務店。
たっぷり長時間語り、たくさん刺激を受けました。
ありがとうございました。

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-09-13 12:54 | 仕事の風景 | Comments(2)

気持ちのいい場所を探す。

2日間の見学会が終了しました。
見学会では完成した住まいの中にじっくりと入れる最後の期間だなぁとしみじみ思いました。
つくり手として、住まうように家の中ので過ごすことはいろいろな発見もあります。

ここは予想せずにいい場所になったなぁ。
この時間のこの場所は最高だけど、酷な時間もあるなぁ。
ソトを意識した住まいは基本だけど、暗くなってきた時のナカの包まれ感もこの仕掛けによってうまくいった。
など、時間によって遊牧民のようにあっちにいったり、こっちにいったり。
隙間時間にじっくりと堪能しました。
f0325671_08395245.png

わりと過ごす時間の多かったデッキ。
シンボルであるケヤキ下であることはもちろんだけど、やはり見晴らしがいいのと、天候季節がいい。
午前中の涼しいうちは、太陽が気持ちよく爽やかな風に身を委ねる。
キラキラした緑が気持ちいい。
気温が上がると日射がきつくなるので室内へ移動。
北東にあるので14:00も過ぎれば今度は影になるので多少気温が上がっても気持ちのいい日陰になる。
午後からのお客さんは、ベンチに座り夕涼みにビールが最高だね。と。
f0325671_08465159.png

季節や時間によって様々な居場所を見つけて過ごすと楽しい住まいになると感じた住まいです。
ネコのように気持ちのいい場所を体が気づく。
そんな風に過ごせたら、だらだらテレビを寝転がって見るだけの休日よりは、よっぽどリフレッシュできて体も休まり、仕事にもいいパフォーマンスで臨めそうな…家ってそうありたいなぁと思います。

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-09-11 08:39 | 仕事の風景 | Comments(0)


新潟県上越市で住まいをつくる暮らしの工房の、家づくり、暮らしづくりのあれこれや日常の記録


by 暮らしの工房 

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
会社概要
住まいづくりの約束事
イベント
仕事の風景
げんば
日常
オーナーさんの暮らしぶり
施工例(新築・リノベ)
 サクラ下の平屋
 ケヤキ下の小さな住まい
 ひとつ屋根の2世帯住宅
 雑木にひらく焼杉の住まい
 ソトとナカをつなぐ住まい
 稜線を望む住まい
 つなげあう高原の住まい
 つながる住まい
 新旧馴染み合う家
 ゆっくり暮らす家
 のびやかに暮らす家
 心地よい居場所のある家
上越風景採集
キッチンワーク
おでかけ
たべもの
モノコト

最新の記事

暮らしの工房ホームページをリ..
at 2018-07-31 18:57
オーナーさんの暮らしぶり。
at 2018-07-25 13:35
西本町の家、建て方。
at 2018-06-04 18:11
小林古径邸、長期休館。
at 2018-06-01 05:55
庭をつくる。
at 2018-05-30 10:24

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月

記事ランキング

最新のコメント

ホームページリニューアル..
by kurashi-no-kobo at 16:35
弊社も近々にHPをリニュ..
by ame-no-michi at 09:54
倉敷、行ってみたいです。..
by kurashi-no-kobo at 06:27
倉敷にあるホテル、アイビ..
by nayacafe-2950 at 07:17
あまりに都内のホテルが高..
by kurashi-no-kobo at 17:20
池袋ですね。 私も一度..
by ame-no-michi at 12:36
住宅デザイン学校やKKB..
by kurashi-no-kobo at 06:22
良い横のつながりですね。..
by ame-no-michi at 19:23
また見ていただけると幸い..
by kurashi-no-kobo at 15:48
いろいろなところに居場所..
by ame-no-michi at 09:25

画像一覧

ブログジャンル

建築・プロダクト
北陸