<   2017年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

家づくりとまちづくり。

サクラ下の平屋@上越の現場の廻りは工事ラッシュ。
向かいに、並びのすべての区画で工事をしているし、近くでは公共の大物物件も(4月開園の保育園のようだけど間に合うか?といらない心配してみる。笑)。
比較的新しい住宅地だけど、一定の期間が過ぎて家々が立ち並び、ひと段落したような住宅地だったけど、ここに来て一気に周辺だけ工事ラッシュ。
たいへんだ。
f0325671_08484900.jpg
こうやっていくつかの建物が同時にその地域に存在し出すとより、家づくりはまちをつくっているのだと実感します。
今までなかったものが数ヶ月すると姿を表して辺りを一変させる。
今まで見えなかったものが見えるようになったり、見えていたものが見えなくなったり。
感じられるものが感じられなくなったり、どんな家でもなんらかの影響を及ぼす。
経済社会の中で、自分本位になりがち(生産者も消費者も)ですが、もう少し周辺視野を広げると自分にとっても周りにとってもいい関係が気づけるのではないかと思って家づくりをしています。
公共性の視点というヤツですが、公共性というと奉仕的意味合いが強い感じがするけどあくまでwin-winな関係で。
この並びが全部ウチなら、それをいうと欲張りなので2棟つなぎぐらいだったら、その一角だけでも統一された街並みが形成されて楽しそう。
いつかそうやって家とまちをつないでいきたいというのが、都市計画を学んでいた学生時代からの夢でもあります。
その主戦場にいる今現在。
きっとそんな機会に恵まれる日が来るだろうとずっと期待しています(笑)

そんな工事ラッシュの現場。
工事関係者もwin-winでお互いやっていきたいと思います。
ウチの大工さんと隣の現場の左官屋さんが知り合いのため、ウチの前が空いていたら車を停めてもいいと許可しています。
お互いwin-winのために。
いいよと言いながら一台だけかなぁと思ったら最近は全面に停め出して、ウチの業者が裏に停めるという…
さらに弊社の「暮らしの工房」のサインが他社現場の車にかぶられる…
もうlose-winじゃないか…(苦笑)
経済社会の中で大資本に呑まれる小資本みたいな…
冗談じゃない。今に見ていろっ!!(笑)
(決して大資本を目指すとかではなく、小さく強いという意地をつくります。)

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-11-30 08:46 | げんば | Comments(0)

ブリの解体作業と家事動線と家づくり。

昨日、ブリの半身の半分をもらいました。
魚を捌くのは私の仕事。
夜な夜な事務所に戻りブリの解体作業。
とはいうものの、半身の半分といえ、こんなサイズの魚なんて捌いたことないし、全て見様見真似でやっているため、やり方なんて当然知っているわけもなく。
現代っ子な私はすぐさまYouTube先生の手ほどきを受けてやってみました。
f0325671_10200589.jpg
f0325671_10200714.jpg
やって思ったことは、このサイズの魚なら不恰好に骨に身が残ろうが、骨ごと煮たり焼いたりしても美味い。
無駄なく食べることが出来る。
刺身となる部位も少々減っても問題ない。
そう思った瞬間から大胆に包丁を入れることが出来ました。
刺身、ぶりしゃぶ、照り焼き、塩焼き、カマ焼き、アラ煮用に無事解体終了。

日頃の家事はやる方(こんなこと言っていると家で怒られるのか…)だと思いますが、こういった経験は少なからず家づくりにいい影響を与えていると思います。
家事動線は家づくりでもわかりやすくイメージしやすい部分であるから、みなさん悩みを多くする、こだわりのある部分だと思います。
とても大切な家事動線。
だけど家事動線がメインの家では家として成立しにくいのが現実。
家事動線がくつろぎの場に出てきても困るし、家事動線がないとはもっと困る。
家事動線と生活動線のバランスを取るのが設計の役割。
これを俗にいう表動線・裏動線という。
ゴミを持って裏から抜ける、洗濯を持って裏から抜ける。
リビングからそれら動きが気にならない。(気にならないということは、お父さんがゴロゴロしていても気づかないのは困る。というのは別問題で家族間で解決してください。笑)
ハレとケのケの中のハレ(というのか)とケ。
そんなことを大事にしながら家づくりをしたいと思っています。

共働きが多いご時世。
夫婦で家事を分担することで、家づくり課題も多くが解決する部分があります。
世間では、夫がやっていると思っているより、もう一割ほどやらないと奥様は満足しないらしい…が、頑張ろう(汗)
機械に任せてしまうというのも解決策の一つでしょう。
家づくりにおいて、家事については暮らしに直結する大事な要素。
大事だけど、それだけでは困るし、家のハードそのもので解決しなくても、ソフト面で解決できることもたくさんあります。

家づくりってなんだろう…

家づくりは何のためにするのか?という問いがあった場合、様々な答えがあります。
暮らしの工房が出す答え。
「日常の家時間を心地よく楽しく、豊かな時間にし、人生の活力に」
これが、家づくりをする理由だと考えています。


ブリの解体作業の様子から飛躍した記事になっちゃったけど(笑)、家というのは生活、行動全てが関わっているということで、良しとしてください。


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-11-29 10:19 | 日常 | Comments(0)

サクラ下の平屋@上越の現場の様子を。

しばらくぶりにサクラ下の平屋@上越の現場の様子を。
現場は、着々と進みながら目覚ましい進展もなく、淡々と家らしい姿に成長していきます。
劇的に映えるのは、上棟の時や外壁が終わり足場がバレる時、庭木が植わる時などか…華々しい時以外は、ゆっくりと丁寧に進んでいきます。
その日常の方もとても大事。
今日は雨樋をつけていました。
暮らしの工房の雨樋は、ガルバリウム鋼板の雨樋を標準採用。
上越ではわりと珍しい。少しは多くなったか?
一般的には塩化ビニルの雨樋が多いのはまちなかの建物をみているとわかります。
私はあの塩ビ雨樋が好きではない。
なぜかはあたりの家をよく見ているとわかります。
アレ、すぐ劣化(紫外線?)で割れて耐久性に難があると思っています。
たいてい、上戸(じょうご)と呼ばれる集水器(横から縦へと変えるところ)のところで割れているのを目にします。
雨樋が割れると雨水がダダ漏れで大変。
しかも軒先きについているから簡単に、安価に変えれない。必ず足場が必要だから。
だから我慢してみんなそのままの状態。
外壁のメンテナンスの時に一緒にと、長い間放置されるのです。
それが嫌だから弊社は耐久性の高いガルバリウム鋼板の雨樋を採用しています。
正直、塩ビ製よりも高価な製品。
それでもメンテナンス費用を考えたらトータル的にはガルバ製の方が絶対的に安い。
家に着く雨樋なんて全体から見たらいくらでもないのだから。
先行投資として十分元がとれます。
だからガルバ製の雨樋を標準採用しています。

そんなガルバ製の雨樋は、上から樋を掴むタイプを使用しています。
正直これは積雪に弱い。
雨樋に雪が積もる状態では、お辞儀をしてしまう恐れがある。
下から受けるタイプの金物なら幾分問題は解消されるけど、そうすると金物が見えてスッキリしない。
ということで、標準が455mmに対して、300mmピッチで金物をつけてもらっています。
f0325671_21445717.jpg
雨樋が着くと細かく入っているのがわからないのですが、金物だけだとかなり多く感じます。
でも、この雨樋をこの方式で使って5年ほど。多雪地域でもまだ不具合があったという事例は一度もないので、一定の効果は出ているのだと思います。
今物件は平屋ということもあり、特に軒先きに気を使いながら計画しているので、上品なガルバ雨樋の本領が発揮されることを期待します。

外部は外壁の左官工事の準備。
住宅の劣化対策を施し、通気層を確保してラス板という左官下地を張っています。
下地も状態でも十分カッコいい。
左官は火山灰を使ったそとん壁。
さて、年内に足場をバラすことが出来るだろうか…
比較的新しい大きな住宅地の中の敷地。
その中での平屋の佇まいは印象的になるだろうとビクビクしています(笑)
目立たずそっとありたい佇まい。
いい意味で印象的になればと思っています。

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-11-27 21:39 | げんば | Comments(2)

守破離。

最近出張が多く、積ん読していた本を移動時間にまとめて読み上げ。
建築系も読まなきゃと思っていた本があるけど、持ちやすさ重視で本を数冊選定して持ち歩いていました。
その中には好きなお店、中川政七商店の本も。
あまりビジネス書的なものは率先して読みませんが、好きな会社などの考え方に興味がある場合は読んでいます。
勉強というよりは趣味の延長上的な。
そのほかも器や工芸、暮らしの道具的な本だったので、意図せず似た系統の本をいろいろな角度から読みあげることが出来ました。
f0325671_11111714.jpg
中身についてはうまく理解できないし、それを解説する文章力も頭もないのでやめておきます。
こういった本は、その人の人生や経験した時間が少し垣間見え、その経験から考えに至る過程を知ることが出来るのが面白いです。
地頭の違いから到底真似できませんが、その会社のファン度が増す本だなぁといつも思って読み終わります。

本の中身とはぜんぜん違うのですが、読んでいる中で今響く言葉、フレーズみたいなのがあります。
そんな響くフレーズを探したくて本を読んでいるのかも…(中身は知らない。笑)
そんな今に響くフレーズが「守破離」。
目新しい言葉ではなく、よく耳にする言葉だけど、今はその言葉が残ります。
守破離は茶道などの道に通ずる手法で、その道を修得するための言葉。
禅の世界が由来のようです。
「型を守って型に就き、型を破って型へ出て、型を離れて型を生む」という松岡正剛さんの解釈を紹介しています。
基本がなければ「形なし」にすぎず、「型破り」とは似ても似つかぬもので、たどり着くことは永遠にできない。
いろいろな世界で同じ考え方を持つことが出来る。
建築も経営も、子供への教え方も。

私たち世代のバイブル。
スラムダンクでも、「基本が大事」というのは一番の名言ではないかと思っています。

それぞれ自分の経験値が今どのあたりにいるのか…そんなことを思いながら、愚直に進むしかないなぁと思った次第です。
人生は長いようで短いからウカウカしてられない。
けど長い。
その中でまだまだやることがたくさんあるなぁと感じる「守破離」。
人生は楽しいなぁと思えたフレーズでした。



[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-11-22 11:06 | 日常 | Comments(0)

飲むテーマパーク。赤羽へ。

東京へ行った夜は赤羽にて情報交換を。
千円でベロベロになれる。通称千ベロを堪能。
立ち飲みで激安で美味しいつまみを食べながらビールを飲む。
商店街のおでん屋さんでも立ち飲みのハシゴ。
名物の日本酒のだし割を。
おでん美味しかった(笑)
f0325671_10350440.jpg

f0325671_10350633.jpg

f0325671_10350805.jpg

f0325671_10351096.jpg

f0325671_10351232.jpg
朝から営業しているお店も多い赤羽。
昼飲みの聖地と化しているマチ。
まち全体が巨大なテーマパークのような、それぞれのコンテンツが何かしらを共有して個性放ちながら存在しているから、訪れる人はテーマパークのように感じます。
人口が多い都会だから成り立つのか…長い歴史が成り立たせるのか…
まちの特性があると新旧織り混ざっても違和感なくまちとして楽しめる。
人口が多いからだけではなく、きっと地方の小さなまちでも可能性はあると思う。
私みたいな旅の人は楽しいのはもちろん、地元の人が楽しみながら活用している雰囲気がまちにあふれている気がしているから。
地元人が楽しめるコンテンツがまちには大事だと感じた夜でした。

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-11-21 10:30 | おでかけ | Comments(2)

日本エコハウス大賞公開審査、表彰式に参加。

先週は第三回日本エコハウス大賞の公開審査に参加。
私は審査員賞の堀部安嗣賞を頂いので、同時に行われる表彰式に出席。
公開審査では大賞候補4作品が公開プレゼンののち、その場で大賞が決まるという内容。
4候補のうち、新潟市のオーガニックスタジオ新潟さんも選出されていたり、楽しみにしていました。
審査員による質疑内容は、住まいを考える上でとても参考になり、エコハウスってどういうことか、様々な考え方の基、私の中でエコハウスや性能に対する偏見が解きほぐされたような気がします。
f0325671_10001410.jpg

写真は会場内にいた高崎のほしかわ工務店干川さんから撮っていただいたものを拝借。
表彰の時に頂いた堀部さん言葉は、「可愛らしいサイズでディテールもよく、コストがいいよね」との言葉をいただきました。
オーナーさんと取り組みながら、その人らしさ、暮らす人らしい住まいを評価して頂いたこと、特別ではない暮らしの工房のスタンダードを評価してくださったことが嬉しかったです。

その後、イベントが終わり堀部さんへ再度お礼のご挨拶をさせていただきました。
そこで頂いた言葉は、私の次のステップへ向けての大きな課題となります。
ずっと考えていることに対し、ど真ん中を直球で突かれたことへ、その後からとてもとても深く考えるきっかけとなっています。
その言葉は自分自身の成長への糧となるので、心に留めます。
浮き彫りにされた課題に対し探求し、上越地域にあるべき住まいの姿を、私なりに探して行き続けたいと思います。

初めて参加した日本エコハウス大賞。
今までの積み重ねに対し成長を感じる機会になったこと、次のステップに向かうため成長できるのびしろを付け足す機会であったこと、大変有意義で楽しいコンテストでした。
改めて建築の役割、建築の楽しさ、在り方を考えさせられるいい時間でした。

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-11-20 09:54 | おでかけ | Comments(0)

木々と暮らす住まい。

今日は所用で、ひとつ屋根の2世帯住宅のお宅へ。
まだ暖房を入れるか入れないか迷っているとのこと。
エアコン運転しなくても不快にならないほどの温度だということで、天気も良くなると太陽の熱が存分に感じられる。むしろエアコン運転するとオーバーヒートしてしまう。
家の中が不快にならないというのは、とてもいいことです。
f0325671_18031699.jpg
親世帯のダイニングから見える、移し替えたヤマモミジが色づいて、「本当にモミジが生きててよかった。動かすなんて考えもしなかったからあきらめていた」と、前の家から脈々と続くヤマモミジをベストポジションで紅葉を楽しんでおられます。

家の正面に植えたヤマボウシは赤々とした美しい紅葉を見せてくれたとのこと。
先日の強風であっという間に葉は落ちたようです。
そんなヤマボウシは赤い実をつけます。
実は今日、初めてヤマボウシの実が食べられるということを教えて頂きました(笑)
ヤマボウシの実で果実酒をつくっているとのこと。
どんなの味なのだろう?
今度、実を食べてみよう。
f0325671_18065062.jpg
家の周りのに樹木があると、やっぱり楽しい住まいになるなぁと実感しました。

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-11-14 17:55 | オーナーさんの暮らしぶり | Comments(0)

サクラ下の平屋@上越。家具打ち合わせ。

今日は家具打ち合わせのため、長野市のアメニティショップアイさんへオーナーさんご家族と一緒に。
家づくりをする上では、家具は欠かせないことですが、残念ながら施主、作り手共に後回しにされているのが、一般的な家づくりの現状といえます。
新築の新しい家に住んでから、「さて、家具はどうしようか…」では遅いのです。
さらに、「家の予算しかみてなく、家具まで予算を考えていなかった…」では、せっかくの新しい新居も心地よさが半減。
家の中でも使用頻度がとても高く、居心地を大きく左右する家具は、家づくりと同様重要であると考えて、家づくりの一部分としてサポートしています。
f0325671_15452400.jpg
設計打ち合わせの段階から、家具についてとてもよく話をしていて、興味をもったオーナーさんたちは、いろいろと調べて意中の椅子を一つ二つ思い浮かべます。
そんな意中の椅子を期待しながら、家具打ち合わせにのぞむのですが、実際座ってみると思っていたより自分にフィットしなかったり、思いがけずフィットする椅子に巡り合ったり。
実際に座って感じることや出会いがあるのが家具打ち合わせ。
量販家具では感じ得ない心地よさがあると思います。
アイさんからは好き勝手させていただいていて、私がスタッフのように(笑)椅子の特徴やおすすめ、いいところをアドバイスしています。

家は暮らすための器です。
その中をどう充実させるかは家づくりでは一番大事なことだと。
家だけでなく家具にも視点を始めから向けると、家づくりがより充実するというのが実感としてあります。
家づくりを計画している人はぜひとも家具にも意識を向けてみてください。


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-11-11 13:41 | 仕事の風景 | Comments(0)

アアルトベースに花を。

たくさん花をもらった時は、フラワーベースが大活躍。
綺麗に生けたりなんてのはできないから、大きめな花器に無造作に入れ込む。
うちではアアルトベースを使っています。
f0325671_15233970.jpg

小一のムスメが好き勝手入れてもそれなりに見えてしまうアアルトベース。
高かったけど、建築の端くれとして持っていたかったアアルトベース。
けっこう重宝しています。
花が設えられつと一気に空間がエレガントになる。
こういったことで暮らしの雰囲気、気分を手軽に変えることができたらいいと思います。
今なら庭木に植えたモミジや色づいた木々を少し剪定して放り込んでおいたり。
そんな風に楽しめる住まい、暮らしが好きです。

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-11-06 15:22 | モノコト | Comments(0)

国府もみじ園へ。

事務所近所にある国府もみじ園へ。
f0325671_11454217.jpg
国府2丁目の住宅地の坂のてっぺんにあるもみじ園。
個人宅の裏庭を整備しながら無料開放しているとのこと。
手作り感満載で、まだ若い樹木もあったり、そんな優しい感じのもみじ園がとても好感をもてます。
住宅地を上がる坂道もワクワクできます。
これぞ個人で出来るまちづくりだなぁと。
なかなか開放するというのは出来ることではない。素晴らしいです。
家づくりから庭づくり、まちに緑をお裾分けは、暮らしの工房が目指したい、つなげたい家づくりからのまちづくりです
f0325671_11454563.jpg
国府2丁目の住宅地は直江津のまちを一望できます。
こういう立地に憧れます。
上越市は高田平野にあるため、こういう高台の立地ってなかなかありません。
そしてこういう環境で家づくりを計画するのであれば、こんな風に、あんな風にとやってみたい暮らし方がたくさん思い描けます(笑)


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-11-05 11:45 | おでかけ | Comments(0)


新潟県上越市で住まいをつくる暮らしの工房の、家づくり、暮らしづくりのあれこれや日常の記録


by 暮らしの工房 

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
会社概要
住まいづくりの約束事
イベント
仕事の風景
げんば
日常
オーナーさんの暮らしぶり
施工例(新築・リノベ)
 サクラ下の平屋
 ケヤキ下の小さな住まい
 ひとつ屋根の2世帯住宅
 雑木にひらく焼杉の住まい
 ソトとナカをつなぐ住まい
 稜線を望む住まい
 つなげあう高原の住まい
 つながる住まい
 新旧馴染み合う家
 ゆっくり暮らす家
 のびやかに暮らす家
 心地よい居場所のある家
上越風景採集
キッチンワーク
おでかけ
たべもの
モノコト

最新の記事

暮らしの工房ホームページをリ..
at 2018-07-31 18:57
オーナーさんの暮らしぶり。
at 2018-07-25 13:35
西本町の家、建て方。
at 2018-06-04 18:11
小林古径邸、長期休館。
at 2018-06-01 05:55
庭をつくる。
at 2018-05-30 10:24

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月

記事ランキング

最新のコメント

ホームページリニューアル..
by kurashi-no-kobo at 16:35
弊社も近々にHPをリニュ..
by ame-no-michi at 09:54
倉敷、行ってみたいです。..
by kurashi-no-kobo at 06:27
倉敷にあるホテル、アイビ..
by nayacafe-2950 at 07:17
あまりに都内のホテルが高..
by kurashi-no-kobo at 17:20
池袋ですね。 私も一度..
by ame-no-michi at 12:36
住宅デザイン学校やKKB..
by kurashi-no-kobo at 06:22
良い横のつながりですね。..
by ame-no-michi at 19:23
また見ていただけると幸い..
by kurashi-no-kobo at 15:48
いろいろなところに居場所..
by ame-no-michi at 09:25

画像一覧

ブログジャンル

建築・プロダクト
北陸