<   2017年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

プラネットジャパンさんへ。

先日のこと。
大宮のプラネットジャパンさんへ訪問。
年末の忙しい中ご対応ありがとうございました。
プラネットジャパンは自然塗料を扱っているメーカーで、内装全般の塗り物が用意されています。
そんな会社の建物は、建築家竹原義二さん設計。
最近(12月号?)の雑誌、新建築にも掲載されています。
f0325671_07454886.jpg
住宅街の旗竿敷地の中にあります。
f0325671_07455111.jpg
エントランスは中庭的に。
f0325671_07455212.jpg
薪ストーブはこの時期とても気持ちがいい。
f0325671_07455427.jpg
空間がかっこいいのです。
f0325671_07455640.jpg
会社と社員寮がくっついた建物。家のような会社です。
f0325671_07472882.jpg
外部の回廊が社員寮へとつながります。
f0325671_07472982.jpg
建物の余白や隙間のソト空間のつながりがとても気持ちがいい。
f0325671_07473164.jpg
漆喰を使ったタイル。
こんな色使いもいい。

素材の持つ色を組み合わせること、やってみたいなぁと思います。
年末にとても刺激的な建築を見学できたこと、とても勉強になりました。
f0325671_08003939.jpg
そして帰り際にとっても刺激的な蒙古タンメン中本へ。
辛うまがホントクセになります。
普段はカップラーメンだけど、関東へ行った時はこれだなぁ(笑)久しぶりだったけど。

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-12-30 07:40 | おでかけ | Comments(0)

季節ごとの天候に楽しみをつくる。

サクラ下の平屋で、暮らしの工房初採用の鎖樋を。
鎖樋は雨の日に水の流れを見て楽しむ、雨と仲良くなれるツールだと思っています。
雨が樋に伝っていく音が、チョロチョロと心地よい。
冬は若干寒々しいのか…とも思ったけど、冬は冬の楽しみを発見。
雪降る雪国は降雪時はあまり作用しなそうだけど、晴れ間が出ると屋根の雪解け水が伝ってとてもキレイ。
冬以外は雨が降る音の中に、樋に伝っていく音を感じ、雨が見える中で伝っていく水の動きが見えるのに対し、冬は晴れた時に楽しめる一品。
暖かな室内と青空の下、流れる清らかな雪解け水を眺める庭もなかなかいいぞ。
雪国の庭の楽しみ方、雪国の暮らしの楽しみ方の一つだと思います。
凍るほど寒くならない地域だからこその楽しみかもしれません。
f0325671_17384062.jpg
その季節ごとの天候に楽しみをつくることは、家づくりの醍醐味でもあります。
そんな家づくりを暮らしの工房では提供したいのです。

今日が仕事納め。
仕事始めは5日からになります。
みなさま良い年をお迎え下さい。

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-12-29 17:19 | 仕事の風景 | Comments(2)

サクラ下の平屋の佇まい。

サクラ下の平屋の足場が取れました。
住宅地に平屋の佇まい。
なんか目立ちます(笑)
品のいい感じになったと一安心。
雪があり、同化していて遠目だとなんだかよくわかりませんが。
それもまた良しです。
f0325671_16161960.jpg


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-12-27 16:15 | げんば | Comments(0)

ヴォールト天井の施工。

サクラ下の平屋のR天井。
ふわっとした空間の中で目覚めると気持ちがいいだろうなぁ…
朝の目覚め、パキッとした光の中ではなくて、ぼんやりと寝ぼけ眼のまま徐々に意識がはっきりとしていく朝を迎えていくと、少しだけ心に余裕ができて気持ち良く目覚めることができたらいいなぁ…
そんな目覚めが日常であれば、とても豊かな気持ちになれるだろう。
そんなことを思いながら寝室の空間を考えた時に、気づいたらかまぼこ状のヴォールト天井になっていた。
設計は線を描けばいいだけで現場の苦労も知らずに…などと小言を言われかねない仕様だけれども、設計でもどこからRをとって、どんな風になるか検討を重ねながら現場で可能な寸法になるように設計している。
けどやっぱり現場は大変。
そんな小言を言われないように、Rにした効果をはっきりとさせなければならないから、けっこうプレッシャーなのです(笑)
思いつきやなんとなく変わっていていい。そんなんならやらない。
設計も現場も手を込んだだけ良くなっていくように家づくりはしなければならない。
さて、この効果はどうかな?
f0325671_16433322.jpg


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-12-25 16:43 | げんば | Comments(0)

冬至の日に思うこと。

昨日は冬至。
日が一番短い日。
そんな日の夕暮れはとても美しく、なんだかとても得した気分でした。
最近は天気が安定していていい。
f0325671_06484487.jpg
サクラ下の平屋では、桜の影がとても美しく映し出されています。
これが春には桜色に染まり、夏には緑、秋には紅葉と楽しみを作り出してくれる。
平屋にすることで周りにも消すことなく、さらに楽しむ仕掛けをつくっています。
そんな楽しさを改めて気づかせてくれた冬至の黄昏時。

今日からは徐々に日が長くなっていきます。
太陽信仰の強い人類は、パワーの象徴として、神の象徴として、いろいろなもののスタートの象徴になっています。

家づくりも太陽に逆らわずに素直に建てたいと思います。
が、なぜだろう太陽絶対として家づくりを考えるだけではダメだとも思う。
プライバシーも取れない南側を強引に開けようとも思わない。

太陽信仰の人類のはずなのになぜだろう…と思っていたら、人類の信仰の最初は地母信仰だと読んだことがある。
生命が生まれる母、生きるための大地に敬意と怖れを抱いていたのだと。
私には地母信仰も強く影響しているようで、敷地を取り巻く周りの状況の方が強く建物に影響してくるように感じます。

太陽信仰は権力の象徴でもあり、統治する王が力を誇示するために太陽に近づいていった経緯もあるようだ。
ピラミッドなんかは世界中でそれに似たようなモノがあるけど、どれも王様のお墓であり、太陽と密接に関係しているらしい。
太陽への発射台では?と建築史家の藤森照信さんの本で読んだことがあるような。

そう考えると太陽は絶対的だけど、それらを取り巻く経緯に不安定さ(王様の権力や象徴の使われ方)を感じてしまう。
地母はどっしりと安定し普遍的な印象。
家づくりはどちらも敬意を持ってしなければと思うし、太陽(男性)地母(女性)どちら偏っても良くないなぁと家づくりではついつい思ってしまう。
男のロマンと主婦の憧れ。
マーケティング的にはどちらかに寄るのが、わかりやすく売れやすいのだろうけど、やはり家づくりってそれだけではないし、瞬発的に揺らされて手に取るようなモノでもない。
揺るぎないどっしりとした普遍的、王道な家づくりを目指したいと思う。

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-12-23 06:46 | 日常 | Comments(0)

サクラ下の平屋。外壁の塗り壁が完了。

サクラ下の平屋は外壁は塗り終わった。
仕上げに入り天気が好転したから良かったです。
ちょっとフライング気味に数週間先スタートした暮らしの工房はようやく折り返し地点。
周りの現場はもう終わりそう。
どちらがいいかは人それぞれ。
手仕事多めで簡略化出来ないからしょうがない。
設計についても細かなところまで書き込んでいるから、クオリティは上がってくることを期待して。
それでも工期はだいたい6ヶ月。
早い会社なら3〜4ヶ月だろう。
長い人生を考えたらこの2、3ヶ月の差が長いのか、短いのか。
それは人それぞれの価値観に任せるしかないけど、既製品を使わないとある程度はやはり時間がかかる。
現に、基礎工事や屋根工事(既製化してない部分)までは同じスピードでやっていたのだから。
クオリティとスピードは悩ましいけど、暮らしの工房で家づくりをするクライアントが、最適化できるように考えていきたいです。
足場は年内中に解体する予定。
どんなプロポーションでまちとつながっていくかは、もう少しです。
f0325671_23242183.jpg


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-12-21 12:00 | げんば | Comments(0)

定期メンテで稜線を望む住まいへ。箒のある暮らし。

定期メンテで長岡の稜線を望む住まいへ。
2年が経過した住まい。
時間の流れを感じます。
綺麗に住まわれていて、家の中にも緑を持ち込んだ暮らしはとても豊かに感じます。
f0325671_09020469.jpg

f0325671_09020817.jpg

f0325671_09021167.jpg
床のワックスは済んでから一度もやっていないからどうしよう…
と、少し悩まれていましたが、頻繁に拭き掃除をされているという床はとても綺麗。
新築時に自ら塗られているのでやり方は知っているけど、一気にやらなければならないという思い込みもあり、なかなかタイミングをつかむことが出来ないとのこと。
ワックスは汚れも落ちるので、拭き掃除もついでに部分的にやることをお伝えしました。
こういうのは気負うとなかなかやれないので深く考えずにやるのがいいと思います。
f0325671_09021597.jpg
それでも暮らしに中は綺麗に行き届いている住まい。
箒が数種類あり、フロアの溝を掃除したり、角を掃除するには箒がいいらしい。
実は私も何年にも渡り(いい加減決めればいいのですが)箒を欲しいと思っているので、いろいろと箒談義が出来ました。
植物性の箒には、油分が含まれているので無垢フローリングには最適な掃除道具の一つだと思います。
コードタイプの掃除機はなかなかすぐに使うことが出来ないけど、箒ならささっと使えるので使い勝手もいい。
隅にそっと置いてあってもディスプレイとして素敵に見えるのが箒のいいところ。
暮らしの工房のような住まいにはオススメです。
コードレス掃除機と併用すると、空き時間に気になるところをささっと掃除ができていいかもしれません。
最新技術とアナログをミックスした住まいが、これからは大事で暮らしやすいのかなぁと思っています。


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-12-18 09:00 | オーナーさんの暮らしぶり | Comments(0)

高岡の能作へ。

高岡の能作。
様々なデザイナーが関わってできた建物。
建築はアーキビジョン広谷スタジオ。
f0325671_10315421.jpg
家具は小泉誠さん。
什器によって空間が作られている。
入り口ホールは富山の情報がたくさん。
一社の本社でありながら、富山観光の情報が得られる。
工場見学など、ものづくりによる観光、産業観光の一角を担っているスタイル。
f0325671_10315634.jpg
カフェもあり、富山の地物を食べながら、提供される食器類は能作の錫の鋳物という、使ってみたいが体験できる。
f0325671_10315740.jpg
内装も鋳や真鍮がたくさん。
その中に小泉さんが作る家具がとてもバランスがいい。
f0325671_10315931.jpg
家具でつくる空間、家具好きにもたまらない体験ができます。
f0325671_10320109.jpg
f0325671_10325846.jpg
鋳物のワークショップもやっている。
予約制だけど、酒器やペーパウェイトなど、自分でつくる体験ができる。
これはやりたい。(要予約)
f0325671_10330003.jpg
ホールには鋳物の型がディスプレイ。
圧倒されます。
f0325671_10330257.jpg
サインは水野佳史さん。
鋳物で作られたサイン。
表札にしたい。
f0325671_10330433.jpg
カフェでは地物野菜や食材を。
大門素麺を食べました。
食器類は能作で販売されている。
f0325671_10330576.jpg
f0325671_10333650.jpg
富山の観光の中核を担うように考えられたメーカーの本社。
地場産業、伝統産業が観光の目玉になる。
富山の動きは地方のあり方に注目です。
県内では三条燕地域がそのような活動をしていて、好評のよう。
産業観光はこれからの地方のあり方の一つになると思います。
地場産業が強くなると、地域色が強くなり、魅力溢れる地域になると思う。
都市部の真似にならない地方の豊かなあり方です。
脳先では体験のほか、工場見学で作り手を身近にみられるよう。
次の機会にはぜひ参加してみたい。

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-12-10 10:28 | おでかけ | Comments(0)

屋根に積もる雪はかわいい。

いよいよ冬到来。
でも、屋根に雪があるとなんかかわいい。
そんな雪国あるある。
平屋は屋根が近くていいなぁ。
その分、屋根にはとても気を使って設計している。
そんな平屋の屋根の美しさに魅力を増してくれる屋根の雪。
雪化粧とはよくできた言葉です。
これぐらいの雪のうちはかわいいと思えます(笑)
サクラ下の平屋@上越より。
f0325671_11385264.jpg


[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-12-09 11:38 | げんば | Comments(0)

富山で白井晟一を。

建築養分を欲していたので、先週末一人ドライブをしながら建築探訪へ。
最終目的地は、高岡にある鋳物メーカーの能作。
上越を出発した頃は曇りでしたが、西へ車を走らせるうちに青空に。
能作帰りに寄ってみよう、探してみようと思っていた建築家白井晟一の呉羽の舎を先に。
ネット情報を頼りに山を登ったり降りたりしていたけどいっこうに見つからず。
紅葉が綺麗で天気も良かったので、それは気持ちがよく、得した気分で諦めも早かった。
時間も時間だし諦めて帰ろうと車に乗って一路能作へ。
車を走らせていたら出てきました(笑)
探していたところと違うところで。
f0325671_11571635.jpg
名作住宅は門だけをチラ見。(個人住宅のため)
門だけだけど、骨太な感じでいて上品さがあり、かっこいい。
正直、白井晟一についてあまりよく知らないので、これから勉強してみたい。
f0325671_11581230.jpg
白井晟一を初めてみたのが、浅草の善照寺。
都会の一角みただならぬオーラがある建物。
それがなんとも気持ちが良かった。

これは秋田へ行って白井晟一建築群を訪れるしかないな…

[PR]
by kurashi-no-kobo | 2017-12-07 11:54 | おでかけ | Comments(2)


新潟県上越市で住まいをつくる暮らしの工房の、家づくり、暮らしづくりのあれこれや日常の記録


by 暮らしの工房 

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
会社概要
住まいづくりの約束事
イベント
仕事の風景
げんば
日常
オーナーさんの暮らしぶり
施工例(新築・リノベ)
 サクラ下の平屋
 ケヤキ下の小さな住まい
 ひとつ屋根の2世帯住宅
 雑木にひらく焼杉の住まい
 ソトとナカをつなぐ住まい
 稜線を望む住まい
 つなげあう高原の住まい
 つながる住まい
 新旧馴染み合う家
 ゆっくり暮らす家
 のびやかに暮らす家
 心地よい居場所のある家
上越風景採集
キッチンワーク
おでかけ
たべもの
モノコト

最新の記事

暮らしの工房ホームページをリ..
at 2018-07-31 18:57
オーナーさんの暮らしぶり。
at 2018-07-25 13:35
西本町の家、建て方。
at 2018-06-04 18:11
小林古径邸、長期休館。
at 2018-06-01 05:55
庭をつくる。
at 2018-05-30 10:24

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月

記事ランキング

最新のコメント

ホームページリニューアル..
by kurashi-no-kobo at 16:35
弊社も近々にHPをリニュ..
by ame-no-michi at 09:54
倉敷、行ってみたいです。..
by kurashi-no-kobo at 06:27
倉敷にあるホテル、アイビ..
by nayacafe-2950 at 07:17
あまりに都内のホテルが高..
by kurashi-no-kobo at 17:20
池袋ですね。 私も一度..
by ame-no-michi at 12:36
住宅デザイン学校やKKB..
by kurashi-no-kobo at 06:22
良い横のつながりですね。..
by ame-no-michi at 19:23
また見ていただけると幸い..
by kurashi-no-kobo at 15:48
いろいろなところに居場所..
by ame-no-michi at 09:25

画像一覧

ブログジャンル

建築・プロダクト
北陸