<   2018年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

断熱材は何がいい?

先日の打ち合わせの中のひとコマ。
「断熱材のセルロースファイバーやグラスウールは性能が低いし、濡れると性能が悪くなるからダメって聞いたのだけど、どうなんですか?」
設計中(もう大詰め)のクライアントのため、弊社仕様のセルロースファイバーに疑問を持っているとかではなく、ただ単に以前どこかの会社で言われたことが気になったので考え方を聞いてみたかったようだ。
この会社?営業マン?は何を持って「ダメ」と言ったのか想像はできないけど、発泡ウレタンやパネル工法などの仕様らしく、単に自社仕様が優れているというのを間違った解釈で伝えてしまっているようだ。

根本的に断熱性能といのは素材で決まるものではなく、素材と厚み両方が影響しあって決まるので、どの断熱材が良くてどの断熱材が悪いなんてことはない。
性能の良し悪しは断熱材で決まるのではない。
素材の性能が半分違えば(現実には倍ほどの差はない)厚みを倍使えばいい。
厚みを増す方がコストも施工も現実的。

濡れると性能が悪くなるというのは、グラスウールは間違いないけど、壁や屋根、天井では安易に濡れる要素が見当たらないので、これも正しくはない。
一つ問題なのは壁体内結露という問題があるけど、それには防湿シートや湿気を透湿抵抗抵抗という値で求めたりしながら結露を防ぐことで解決出来る。
グラスウールは施工の難度が高く、施工技術や知識が職人さんや現場管理に求められるだけなのです。
発泡ウレタン系も一長一短、パネル系も一長一短。ここでは割愛。
どれが優れて、どれが悪いというわけではなく、その会社の技術や考え方によるものなのです。
強いて一つだけ言えば「あっちは悪くてウチのが優れている」という営業トークを使うところは、知識、勉強不足、住宅愛がなくて売りたいがための口実であり、避けた方が無難であるということ。
f0325671_14370341.jpg
(セルロースファイバーの施工の様子)
f0325671_14370648.jpg
(防湿気密シートの施工の様子)

セルロースファイバーを弊社で標準仕様しているのは、厚みを自由に変えられたり、断熱ラインをつなぎやすい(断熱は外面をすっぽり覆うことが必須)施工性の良さと、隙間が生じにくいということ。
また、セルロースファイバーは古新聞のリサイクルということで、自然素材の家を扱う暮らしの工房の家としても相性がいい。
だけど2階の外に面する床や基礎にはボード状のウレタン系も使うし、適材適所、施工性を考えて使い分けながら、ハイスペックな断熱性能を確保しています。

以前、パネル工法の営業で話を聞きましたが、パネル工法では弊社の求める標準スペックまで満たすことが出来ない(オプション追加で追いつく)ことが判明。
高いフランチャイズ料、使用料を出してまでする必要なしと判断。
パネル工法のいいところは、職人さんや現場管理の技術や知識が不足していても、一定の国の基準のところまでは性能が担保出来る。誰でも簡単にある程度性能が出る。という、現代の住宅の底上げの一助になっていると思います。
まぁ、ここでも「この工法だから大丈夫。他はダメ。」と聞いたら疑った方がいいけど(笑)

なんにせよ、一つの判断基準としては、しっかりしている会社は、自社の標準性能と社会的要請、基準を照らし合わせたポジションを客観的に伝えることが出来ると思いますし、性能を上げる分にはコストとの兼ね合いもありますが出来ます。
性能値の競争ではなく、しっかりと現状を把握していろいろと提案出来るとことが、住宅会社の一つの判断基準としていいと思います。

住宅は難しいです。
いいところが見方を変えれば悪くなり、常に両極を持っていると思います。
これは何も家に限ったことではありませんが。
インターネットなどで情報を知れば知るほど、両極を見れるので、余計わかりづらくなるのも事実。
そこで求められるのはやはり、プロとしての知識や技術、思想、想いなのだと思います。

しっかりとした住宅(性能も耐久性もデザインも)を残すことが、私たち住宅会社の社会に対する使命です。
クライアント一家族一家族のために、しっかりと住まいを提供しなければと、改めて思います。

by kurashi-no-kobo | 2018-02-28 05:31 | 家づくり教室 | Comments(0)

サクラ下の平屋。ナカの様子。

サクラ下の平屋はクリーニング中。
少しづつ中の様子をご紹介。
ダイニングのペンダント照明は正規の位置に置いておくと、誰かが頭をぶつけて割ってしまうので上へ避難(笑)
早くダイニングテーブルが欲しい。
週末はオーナーさんによる床のワックスDIYです。
自ら床のワックスがけを行うことで、暮らしてからのメンテ方法やどれぐらいの時間必要なのかを把握出来ます。
だから、出来る限りオーナーさんがワックスがけをしてもらうように提案しています。

by kurashi-no-kobo | 2018-02-27 14:48 | げんば | Comments(0)

繰り返す技術。家づくり。

よく仕上げに採用する、洗い出し仕上げ。
普通にコンクリートを打つよりも手間がかかる上、職人さんの技量も要求される。
毎回繰り返すことで、どんどん上手くなっていく。
キレイに仕上がりました。
f0325671_06213918.jpg
毎回違ったことを要求されがちな建築という仕事。
毎回違ったつくりでは、毎回が初めてになってしまい、なかなか技術の積み上げがうまくいかない。
そんな業界の救世主的役割が既製品にはあるのかもしれない。
いろいろなことが簡単に可能になった分、経年に耐えられないモノが増えたり、陳腐化してしまうモノばかり。
決して手に入れたかったモノとは違うモノではないのか…って思います。
それには職人さんの技術は必要なくなってきて、誰でも出来るようになり、誰でも出来るということは技術へのコストは安くなる。
安くなることで職人さんはたくさんの仕事を回さなければ成立たたないので、どんどん仕事を取らなければならない。
成長が見込める業界ならそれもありだろうけど、住宅余りが社会問題化している現代ではもはやムリゲー状態。
住宅会社も着工数の競い合いでは、疲弊していくだけだろう。
誰かがババを引いてしまう家づくりはやめにしたい。
そういう想いもあり、暮らしの工房の家づくりがあります。
設計も現場も常に積み重ね、今までの延長上にありながら、技術を上書きして研鑽していく。
その中で少し新しいことを取り入れながら、それも次へと続けていく。
そうやって良質な住宅を残していくことが次世代への会社の在り方です。

暮らしの工房を初期から見ているオーナーさんからは、どんどん洗練されてきている様が見て取れると感想をいただき、とても嬉しく思います。
まったく別モノではなく、それぞれの家の延長上であることが実感できて嬉しいのではないか?と勝手にいい風に想像しています。
まだまだ成長過程(笑)の会社。(建築家の伊礼智さんからは、設計で成長出来るのは45までだよと言われているので、まだ8年ほどもある)
どんどんいい家づくりをしたいなぁと思います。


by kurashi-no-kobo | 2018-02-25 06:02 | 仕事の風景 | Comments(0)

サクラ下の平屋。インテリアについて。

サクラ下の平屋は内装も仕上がり始めてきました。
住まいを計画する時にインテリア(内装)というのは居心地に大きな影響を与えると思います。
見た目がクール、カッコイイ、カワイイ…イロイロ思いはあるかと思いますが、暮らしの工房ではそういった形容詞で決めるのではなく、その場の暮らしに沿う、心理に沿うように家づくりをしたいと考えています。
今日は寝室が仕上がって来てました。

この寝室で営まれる暮らし。
寝る。起きる。
寝る時は穏やかな気持ちでその日を終えたい。
起きる時は爽やかに優しく目覚め一日をスタートしたい。

そんな寝室の暮らしの在り方を考えながら、どんな空間ならそんな心理になるだろうか…どんなインテリアなら実現できるだろうか…そんな考えの元、出来上がった空間です。
表面上はなんとでもなる現代の家づくり。
だけど、本当に真剣に家づくりを考えた場合、表面上ではなんともならない状態で、空間、構造、形状、異種の材料との関係、無数のことを整理しない限りは本質は解決しないと思います。
「わかりやすい」を届けることで人は簡単に手に取ることができるでしょう。
だけど「わかりやすすぎる」とプロの経験値など無用で一気に陳腐化します。プロも勉強しなくなります。する必要性がなくなるから。
そんなモノが山ほどある世の中。
「わかりやすすぎる」は大資本に任せておいて、私は暮らしの工房のフィルターを通して難しい事柄を「少しでもわかりやすい」状態に持っていくことにします。(この言い回しほどわかりにくいものはない…笑)

寝室はフワッと優しく包まれる中で寝起きがしたい。そんな空間を実現しています。
言葉や壁紙サンプル、CGではわかりにくいこれらのことを、見学会でぜひ体感して下さい。
f0325671_11320319.jpg
f0325671_11320525.jpg
設計、構造、大工さん、内装屋さんみんなが苦労している空間。
できてしまえばなんてことないのですが…
大変そう…って意識されると寝起きが辛くなるから、さらっと痕跡を消して。
f0325671_11320733.jpg
仕上がると光の入り方が変わってくる。
そんなことを意識しながらインテリアも決めています。
ボード下地から仕上げに変わると一目瞭然。
この瞬間がドキドキワクワクです。

上記した意図は、正直設計中に理解してもらうことは難しいことかもしれません。
イメージするにも限界はあるし、イメージには建築に費やした時間や体験が必要になります。

見学会はそんな体験ができるチャンスです。
家づくりに関わるあらゆることを、時間の許す限りお伝えしたいと思います。
予約制見学会に参加したからといって、囲われる訳ではありませんし、その後の営業はしておりません。
弊社からのプッシュが欲しい方には申し訳ありません。
ぜひ自ら、メールの送信や電話、玄関インターホンをプッシュして下さい。

ですので、お気軽に見学会のお問い合わせにプッシュして来て下さい。

by kurashi-no-kobo | 2018-02-21 11:31 | 家づくり教室 | Comments(0)

星の王子さま。

ムスメと本屋さんで子どもの本を探していると、目に入ってきたサン・テグジュペリの「星の王子さま」。
読んだことがなかったので子どもより先に購入本を決定。
3年生くらいになったら読めるかな?
その前に大人が読みます。
f0325671_13025762.jpg
文字も大きく、ページ数も少ないので一気読み。
人生で大切なことを教えてくれる、戻してくれる、なんとも大人向けの本。
子どもの時に本が少しでも好きだったら、本に費やす時間を持っていたなら、もっと早く出会っていただろうに…
子どもの時はこの本とどう向き合っていたのか、今となっては知る由もありませんが、大人になって触れた感覚はずっと持っていたい。
ページ数も少なく、1時間ほどで読みきってしまうため、時間が空いた時に何度でも読み返せる一冊だな。


by kurashi-no-kobo | 2018-02-19 13:01 | 日常 | Comments(0)

サクラ下の平屋。塗装から内装へ。

サクラ下の平屋は塗装が終わってきて、次は内装へ。
空間の広さの感じ方は、現場に行くととてもよくわかる。
図面の状態、骨組みの状態、間仕切りが見える状態、家具がない状態、家具がある状態、仕上がった段階、それぞれ段階的に見え方が変化していきます。
家づくりをすると経験できること。
当然のことながら、最終的な仕上がり、暮らしが入った状態で「ちょうどいい」をつくるのが目的で設計をしています。
内装があがるとまた劇的に変化する。そんな楽しみがあります。
今日も雪がたっぷり降ってソト工事はいつになったらできるのか…と思っていますが、ナカは淡々と次の段階へ。
f0325671_12032195.jpg
サクラ下の平屋 予約制見学会。
3/10(土)11(日)
詳しくはこちら

by kurashi-no-kobo | 2018-02-13 12:03 | げんば | Comments(0)

3月10日(土)、3月11日(日)予約制完成見学会を開催。

サクラ下の平屋 完成見学会。
3月10日(土)11日(日)に、上越市内にて新築住宅の予約制完成見学会を開催いたします。
両日とも10:00〜、11:30〜、13:00〜、14:30〜、16:00〜の5回に分けて1組づつご案内いたします。
ご希望の日時をホームページ問い合わせにてお伝えください。
お問い合わせ後、場所などを記した詳細案内をお送りさせて頂きます。
f0325671_10321980.jpg
サクラ下の平屋の見所。
比較的新しい住宅団地の中に建つ住まい。
周辺に大きな桜の木があり、桜をとらえながら住まいが置かれるように計画。
住宅地特有の隣地との建物の関わりを解消するために、平屋で中庭をもうけながら距離感を程よく整えて、伸びやかで落ち着きのある住まい環境を整えました。
平屋ならでは住まいは、暮らしやすさはもちろん、ウチとソトの程よい距離感の作り方と居心地を知ることのできる機会です。
平屋に興味がある方、平屋での暮らしやすさを知りたい方、平屋での計画で注意すべきこと、などなど、見学会では直接お話したいと思います。
季節の都合上、暮らしの工房が提案する外部空間を感じたりすることができないかもしれませんが、北海道の性能基準UA値0.46の性能を優に越す、地域トップレベルの高性能な住宅(UA0.36)を体感する機会でもあります。
また、体感するレベルではありませんが、許容応力度計算(構造計算)の耐震等級3の耐力を有する住まいです。
標準的に、デザイン、性能、強さをもつ暮らしの工房の家づくりをご覧ください。
f0325671_11121769.jpg
現在の予約状況
3月10日(土)10:00 11:30 13:00 14:30 16:00
3月11日(日)10:00 11:30 13:00 14:30 16:00


暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com

by kurashi-no-kobo | 2018-02-09 11:16 | イベント | Comments(0)

雪と庭木。

雪がすごいですね。
事務所近くの住まいの庭がとても迫力があって綺麗だったので思わず写真をパシャり。
f0325671_16455390.jpg
これだけ庭木が育てば雪にも負けない。
そんな力強い枝ぶりが、雪化粧してとても美しい強さを感じました。
庭園の繊細な雪吊りの職人芸も美しいですが、きっとあれは自然を見ているのではなく人の技に見惚れるだと思う。
自然の造形美はいろいろと心をとらえるものがあります。
どちらがいいなんかは、どっちもいいのであって、ジャンルは庭だけど全く別の視点の感覚がある。
普通の住まいは自然の中であった方が楽だろう。
庭木は気を使うことなんてないと思うのです。
こんな美しい姿を冬にも見せてくれるのだから。

by kurashi-no-kobo | 2018-02-08 16:44 | 上越風景採集 | Comments(0)

ケヤキ下の小さな住まい。

隣の公園には大きく育ったケヤキや桜並木が続く住宅地の中でも眺望豊かな環境の敷地。
しかしその敷地には斜めに分断する地役権があり、見た目とは裏腹の変形敷地の上に、80坪ほどある敷地は半分に制約がかかるいわゆる「ヘタ地」と言われる課題の多い敷地。
そんな敷地条件を逆手にとって、設計により周辺の良好な環境を余すことなく取り入れ、ケヤキと向き合うように暮らすことのできる住まいへと計画しました。
2階LDK逆転プラントすることで、建築可能な小さな敷地でも広々感じる計画にしつつ、大樹を鳥目線で感じる楽しい暮らしを実現。
一般的に悪条件と言われる条件を逆手に取ることで、この住まいの魅力となるように計画。
二人暮らし+1を想定しながら、将来的にSOHO(スモールオフィスホームオフィス)機能を持たせ、コンパクトだけどゆとりのある住まいに。
内部空間として21.5坪のとても小さな住まいは、必要にして十分なスペースを確保しながら、住まい+αの要素も満たし、数字には現れない伸びやかさを実現した。
性能面でも真空トリプルガラスを採用し、UA値0.39C値0.4と高性能の数値を有し、温度差のない暖かな内部空間を実現。
日本エコハウス大賞2017堀部安嗣賞を受賞。
f0325671_09551404.jpg
2階はLDKひと空間に。目線でケヤキの緑をいっぱいに捉えるため気持ちがいい。ダイニングと畳小上がりの構成。
f0325671_10112685.jpg
ダイニングからケヤキを見る。
ベランダと繋がるため、ナカから外へ広がりを感じる。
f0325671_10133711.jpg
ダイニングの見返り。
LDKひと空間の2階は家具によってスペースを区切られ、それぞれの役割を与えている。
f0325671_10210879.jpg
畳リビングからダイニングを。
斜めに切れた窓が行き止まりを感じず、視線が抜けていく。
ダイニングの奥に繋がるようにキッチン。
f0325671_10225468.jpg
LDKの内部空間。
奥が呼びスペースとして機能しながら、通常は書斎スペースのように使う。
キッチンはロングカウンター。
f0325671_10274016.jpg
畳リビングの窓は、テレビ台カウンターが伸びてデスクにもなり、緑を楽しみながら過ごすことができる窓際スペースに。
見えている木は桜で続いている。
f0325671_10303656.jpg
畳リビング全景。3畳ほどのスペースに、家具配置によって居場所をつくる。
畳+ソファは、定番に近くなってきた。
f0325671_10351442.jpg
ベランダのデッキスペースにはベンチを設る。
夕涼みやソトでビールなど、使い方はいろいろ。少しの工夫で出やすい、使いやすいデッキスペースに。
f0325671_10374991.jpg
予備スペースは必要に応じて一室となるような機能で計画。
通常は書斎スペースとして活用。
窓の外にはデッキが敷かれている。
f0325671_10404156.jpg
キッチンは3.2m越えのロングカウンター。
ひと空間の中に入るキッチンはできる限りキッチンを感じさせないように、規定サイズより大きめに。
キッチンと他の部分との境界線を曖昧にしながら、カウンターを共有する。
f0325671_10480246.jpg
1階の寝室は隣家を意識して地窓で構成。
地窓とすることで落ち着きのある寝室になるとともに、視線が下へ落とされるので地窓から見える庭を意識している。
にじり口のような窓から、縁側へと続く。縁側の奥はサンルームからでる物干しデッキへとつながる。
f0325671_10490348.jpg
主寝室から見える庭木。
低木を主に入れながら、床座や寝転んだ時にも気持ちよく外へとつながるように外空間を計画。
f0325671_10522368.jpg
1階の廊下。正面突き当りがサンルームから物干しデッキにつながる。
f0325671_10544340.jpg
サンルームは木の内装に。
物干しの部材はオリジナルで制作。
f0325671_10570374.jpg
玄関は通常よりもかなり広めの土間を設けた。
広めの土間がSOHOスペースとの共有玄関として機能させる予定で計画。
SOHOとしての役割がない内は、趣味の自転車の整備にあてたり活用する。
f0325671_11014298.jpg
SOHOスペースへの入り口。
家具により緩やかに区切りながら、仕事ができるスペースを設けている。
f0325671_11030999.jpg
SOHOスペースは公園と隣接している。
公園の喧騒から離れて仕事をするために、ソトでつながりを緩やかに遮りながら、庭木を入れて落ち着いたナカの環境をつくる。
SOHOスペースは役割がない内はライブラリーとして活用。
落ち着いた空間で読書をするスペースとして確保している。
f0325671_11085567.jpg
外観は杉板の外壁。
低く、シンプルに外観を整えて嫌味のない印象を与えるように計画。
f0325671_11142199.jpg
アプローチ。駐車スペースとは木塀によって仕切られながら、建物へアップローチする。
正面にはヤマボウシ。既存の木を敷地内に残しながら、外部計画もしている。
f0325671_11184330.jpg
南面から建物をみる。
建物とケヤキのサイズ感、位置関係が見て取れる。
f0325671_11203938.jpg
斜めに玄関にアプローチする。
ベランダや屋根下へ入る玄関は雪国必須のアプローチ方法。
玄関ポーチとセットで外物置もつく。
庭木には高、中、低の木々を組み合わせている。
f0325671_11255730.jpg
公園から建物をみる。
公園とケヤキ、周辺の住宅と建物の位置関係が見て取れる。
f0325671_11275175.jpg
道路側から周辺との関係をみる。
コンパクトにシンプルにまとめた佇まいをつくるように心がける。
建物のサイズ感がそのまま現れた外観。

ケヤキ下の環境にそっと置くように計画することで、今まで畑だった環境から劇的に変化させることなく時間を紡いでいくようなコンセプトで計画した住まい。






暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com

by kurashi-no-kobo | 2018-02-01 11:42 |  ケヤキ下の小さな住まい | Comments(0)

暮らしの工房の仕事。

小さな住まいの中に、必要にして十分、プラスアルファの機能を設けた、伸びやかな住まいです。
シンボルとなるケヤキに開いた小さいけれど伸びやかに感じる住まい。
f0325671_11394606.jpg

生まれ育った家を建て直して2世帯の住まいをつくることになったオーナーさん。前の家とともにお父さんが手を入れ植えてきた庭木は、新しく始まる住まいでも脈々と続いていくところから住まいを計画。ひとつ屋根の下、生活を分離した2世帯の住まいでもそれぞれが気配を感じながら、お互いの邪魔をしない程度につながりを感じらるように計画した2世帯住宅です。
f0325671_14344337.jpg

南面に雑木が広がる緑豊かな環境の立地。その雑木につながるようにダイニングからデッキがのびる。雑木の緑や雪景色にとてもきれいに映える焼杉を外壁に使った住まい。
f0325671_08211635.jpg


-ソトとナカをつなぐ住まい-
時間の経過した密集した住宅地の中に、息苦しさを感じさせずコンパクトでソトと積極的につながりを持つ暮らしをつくろうと計画。ソトもナカもそれぞれがつなぎ合うことで、広がりをつくり、のびのびと暮らせる環境をつくろうとした住まい。
f0325671_11114437.jpg


-稜線を望む住まい-
新興住宅地の中で、遠くに稜線を望むことが出来る敷地。例外にもれず家がひしめき合う環境の中で、遠景と近景を取り入れて住宅地を感じさせな住まいをつくろうした住まい。
f0325671_11443321.jpg


-つなげあう高原の住まい-
増改築を繰り返してきた住まいを、断熱補強、耐力補強し、暮らしを整えて、高原のいい環境を家の中に存分に引込ました。あたたかく、家族がそれぞれ適度な距離をつくりながら、ゆるくつながっていくようにいろいろとリフォームした住まい。
f0325671_11382715.jpg


-つながる住まい-
2方向の道路に面した団地内に建つ。庭を介してうちとそとをつないだり、たくさんの心地よい居場所をつなぎ合わせることで、適宜自由に暮らしの距離を調整できる住まい。
f0325671_13553030.jpg


―新旧馴染み合う家―
断熱、自然素材化リフォームをしながら、家族の変化に合わせて減築を考えて暮らしを整えたリフォームしたすまい。大きな家から終の住処へと変化させました。
f0325671_1044269.jpg


―ゆっくり暮らす家―
インナーガレージの3階建て。見晴らしのいいロケーションの中にあり、外と気持ちよくつながる住まい。
f0325671_7225981.jpg


―のびやかに暮らす家―
新しい造成地の中から田んぼとつながる奥に開けた変形敷地を選択。田んぼとのつながりが家の中と一体となり、のびやかに暮らせる住まい。
「ハウジングこまち2014冬春号」巻頭特集、建てるなら、小さな家 掲載
f0325671_7352721.jpg


―心地よい居場所のある家―
団地内に建つ住まい。L型の住まいは閉ざされた敷地の中でも外とつながり、居場所をたくさんつくり、小さくても心地よく大きく暮らせる住まい。
f0325671_7362793.jpg


暮らしの工房
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府4‐4‐3
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com


暮らしの工房ホームページ
暮らしの工房へのお問い合わせ
facebook

暮らしの工房の仕事

会社概要
by kurashi-no-kobo | 2018-02-01 11:40 | 施工例(新築・リノベ) | Comments(0)


新潟県上越市で住まいをつくる暮らしの工房の、家づくり、暮らしづくりのあれこれや日常の記録


by 暮らしの工房 

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
会社概要
住まいづくりの約束事
家づくり教室
イベント
仕事の風景
げんば
日常
オーナーさんの暮らしぶり
施工例(新築・リノベ)
 ケヤキ下の小さな住まい
 雑木にひらく焼杉の住まい
 ひとつ屋根の2世帯住宅
 ソトとナカをつなぐ住まい
 稜線を望む住まい
 つなげあう高原の住まい
 つながる住まい
 新旧馴染み合う家
 ゆっくり暮らす家
 のびやかに暮らす家
 心地よい居場所のある家
上越風景採集
キッチンワーク
おでかけ
たべもの
モノコト

最新の記事

五智公園の八重桜。満開。
at 2018-04-21 16:19
BOOK AND BED T..
at 2018-04-19 08:58
花粉症に効くタウロミン。
at 2018-04-18 07:18
図面の製本。一冊の本のように。
at 2018-04-17 14:47
定期メンテ巡りで新潟市へ。
at 2018-04-16 16:46

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月

記事ランキング

最新のコメント

あまりに都内のホテルが高..
by kurashi-no-kobo at 17:20
池袋ですね。 私も一度..
by ame-no-michi at 12:36
住宅デザイン学校やKKB..
by kurashi-no-kobo at 06:22
良い横のつながりですね。..
by ame-no-michi at 19:23
また見ていただけると幸い..
by kurashi-no-kobo at 15:48
いろいろなところに居場所..
by ame-no-michi at 09:25
いろいろと考えるきっかけ..
by kurashi-no-kobo at 16:22
私も見学させていただいた..
by ame-no-michi at 10:17
いい歌ですね。 新潟では..
by kurashi-no-kobo at 10:01
友人が主宰する万葉の会に..
by nayacafe-2950 at 19:30

画像一覧

ブログジャンル

建築・プロダクト
北陸