<   2018年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

サクラ下の平屋、植栽、外構が終わり。

サクラ下の平屋、植栽、外構が終わりました。
植栽は平屋の屋根を突き抜けるように成長を待ちます(笑)
数年後、大きくなった木々がより良い佇まいにしてくれることでしょう。
奥の桜がピンク色になってきました。
ところどころで開花もしました。
雪に覆われていた季節も春です。
f0325671_17254946.jpg


by kurashi-no-kobo | 2018-03-30 17:25 | げんば | Comments(0)

善光寺リノベーションエリア。

長野市へ行ったついでに、善光寺周辺のリノベーションエリアを視察…シフォンケーキをお土産にと。
f0325671_21154330.jpg
駐車場停めて行ったけど、あいにくcloseでした。
残念。
その隣のピザ屋さんも絶品です。
f0325671_21172386.jpg
善光寺周辺の古い住まいや蔵などが、いい塩梅でリノベーションされています。
住まいとしては使えなくても(コストがかかる)、店舗としてなら十分。
そういった店舗が入ることで建物が維持され、新たな価値が産まれ、多数を成すことで周辺に影響を与えています。
まぁ、そこに入っているシフォンケーキ屋さんも、ピザ屋さんも、ちょっと上がったところのパン屋カフェギャラリーも、コンテンツが充実しているから(とっても美味)成り立つのだけれど。
まちと商業が両輪が必要と感じます。
まちの資産を使って魅力的な商売が出来ることが、まちづくりに必要だtp感じています。

by kurashi-no-kobo | 2018-03-27 21:14 | おでかけ | Comments(0)

住まいと家具をもっと身近に。

毎度家具でお世話になっているアメニティーショップアイさんにて打ち合わせ。
面白いプロジェクトに参加させて頂きます。
f0325671_13333585.jpg
どんなことになるかの経過は、進行状況に合わせて報告することになりますが、今日は構想を打ち合わせ。
今でも暮らしの工房には欠かせない家具屋さんですが、さらに唯一無二の存在になることでしょう。
家具をもっと身近に感じられるように、空間をもっと豊かに感じられるように、住まいと家具の隔たり、境界線を取っ払うそんな取り組みになればと思います。


by kurashi-no-kobo | 2018-03-27 13:31 | 仕事の風景 | Comments(0)

家族と家。

昨日、3月20日は誕生日でした。
バタバタ過ぎ去っていく日々に、誕生日なんてどうでもいいと思っていたし、家の中も平常運転。
そんな中ムスメから一枚のプレゼント。
何日も前から描いていたらしい。
家族の幸せそうな絵。
そして家。
f0325671_21184165.jpg
なんか自分の仕事の意義を改めて考えさせられました。
家があるから幸せなのではなく、そこに暮らす人がいるために家がある。
家は家族が暮らすための器であり、家族が幸せになるための大切な帰って来る場所。
見た目や見栄えなんて表面的なものよりも、原点を大事にした家づくりをしたいと思う。
家族が住まう大切な場所だから。
37歳の一年も頑張れそう。
ありがとう。
一枚の絵に無意識に納めてくれたムスメに感謝です。

by kurashi-no-kobo | 2018-03-21 21:17 | 日常 | Comments(0)

先週末はサクラ下の平屋の引渡しを。

先週末はサクラ下の平屋の引渡しを。
毎回だけど、出来上がってから見学会をして、バタバタと完成の余韻に浸る余裕もなくオーナー様の元へ渡っていく。
今回の見学会は、嬉しい事に全枠が埋まり、ゆっくり浸る余裕すらなかった。
そんな中、オーナーさんから、「引渡し後、新居でお昼を食べませんか?」とお誘いしていただいた事がとても嬉しかったです。
f0325671_13063467.jpg
真新しいテーブルを囲み、小一時間。
思い出を振り返るようにお話ししながらご飯を食べる時間が、とてつもなく嬉しい。
f0325671_13092177.jpg
「家づくりが終わってしまって寂しくなる…」
というオーナーさん。
イヤイヤ、家づくりはまだまだこれからなんです。
人の営みが馴染んできて、ようやく住まいとして完成するし、メンテナンスをしていくことが家づくり。
素材が経年変化し、表情が新築時のように留まっていないから、どんどん深みが出る家づくりなんです。
そんな話をしながら、ちょうどその日に頂いたつなげあう高原の住まいのオーナーさんの写真を見せていました。
家づくりは終わらない。
造り手のバトンが変わっただけです。
名残惜しいの半分、これからどのように変わっていくのか楽しみ半分。
家の変化を感じられるのも、造り手としては嬉しいです。
オーナーさん、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

by kurashi-no-kobo | 2018-03-19 13:05 | 仕事の風景 | Comments(0)

ミナペルホネンの生地。

つなげ合う高原の住まいオーナー様より、ミナペルホネンの生地を張ったよ。と写真を頂きました。
f0325671_15491256.jpg
当初、蚊帳生地を張る予定で設計したものの、蚊帳生地の想像以上の生地の伸びに、建具屋さんと「ダメだね…」となって、建具屋さんが小国和紙を持っていたので、それもいいなぁとなり、障子のようなトビラに。
f0325671_15493001.jpg
その和紙を、ミナの生地で再生してくれました。
設計の至らなさを見事にフォローしてくれて、感謝しかありません。
f0325671_15500637.jpg
f0325671_15502017.jpg
今後はこの納まりだなぁ…っていうヒントも。
すごくいい。
ミナペルホネンの生地は、とてもかわいい。そして手仕事の痕跡があり、たくさんの人に愛される。
デザインのストーリーもとても惹かれる。
やっぱりいいなぁ。
ありがとうございます。

by kurashi-no-kobo | 2018-03-17 15:48 | オーナーさんの暮らしぶり | Comments(0)

プロに仕事を見てもらうことで。

昨日は日頃から情報交換させていただいている、工務店仲間の方達をお招きしてサクラ下の平屋へ。
関東は所沢、高崎、北陸は砺波、県内は新潟からと集まっていただき、仕事を見ていただき反省会。
プロに見ていただくことでたくさんの気づきやアイディアをもらえます。ありがたい。
だいたい難しく悩んだところを、皆さん見抜き質問したり会話したりするので、考えの経緯を話しながら今後に生かされるのです。
f0325671_15173322.jpg
大工さんの技術と仕事を褒められたのはとても嬉しい。
「よくやったね。これ。」と。
詳細図面描いて、「今回こうやって描いちゃった。難しければいいですよ。変えるので。テヘペロ(笑)」
って渡した、地味だけど難易度高い納まりを見事にやってのけた大工さん。
感謝しかありません。
しっかりとプロは見てくれるので、やっぱり手は抜けませんね(笑)
f0325671_15245030.jpg
そして高田の夜へ。
工務店経営から現場管理、設計、仕事、暮らし、建築にまつわるあらゆることを語り合うとあっという間に時間が過ぎ去っていくのでした。
楽しかった!
奥から、所沢のこなから建築工房・藤岡さん、高崎のほしかわ工務店・干川さん、砺波のフラッグシップ・橘さん。そして私、暮らしの工房・岡沢。
新潟から見にきてくれた山川建築事務所・山川さん、丸正建設・古俣さんもありがとうございました。
次は砺波フラッグシップさんの面白いリノベーションを見に行きたい‼︎

by kurashi-no-kobo | 2018-03-16 15:14 | 仕事の風景 | Comments(2)

上越市の新水族館うみがたり。

このところ毎朝通る、上越市の新水族館(設計:日本設計)。もうすぐ完成?
水平線を横目に走っていると見えてくる水平ラインの建物。
f0325671_08392170.jpg
とてもキレイだなぁと毎朝思います。
CGでは見ていたけど、正直、CGよりも実物の方がずっといい。
建物の形態にはいろいろな周辺を含めた文脈が織り込まれています。(良い設計には)
遠くからこの建物にアプローチしたくなる。

CGはキレイで見栄えはするけど、大切な部分を表現できるかと言ったら、そうではない。
だからプレゼンにはあまりCGに頼りたくないと思っている。(やらない口実。笑)この建物を見て、より強く実感しました。

前水族館は子供時代から脳裏に焼きつくシンボリックな建物。
時間の経過とともに深くなり、直江津の象徴になったのだと思います。
建築当時はどんな感情を抱いたのかわかりませんが、クセのある異型ほど、時間とともに忘れられないものになるのかも…
新しい水族館は美しくワクワクします。

あとは気になるポテンシャルが絶対的に高い長屋のような空き店舗?
あの佇まいは絶対にいい。小商いにもってこい。
あれを甦らせたらこの周辺は、観光と地元の両輪で人が集まるようになりそうだけど…冬は過酷(笑)

ムスメは内藤廣さんの富山県美術館みたい。屋上に公園出来ないかなぁ…と淡い期待を抱いています(笑)


by kurashi-no-kobo | 2018-03-15 08:38 | 上越風景採集 | Comments(0)

サクラ下の平屋。竣工撮影。お気に入りの一枚。

サクラ下の平屋の竣工撮影をしました。
まだ加工や素材選びをしていない、撮ったままだけど。
この家らしさを自分なりに感じている一枚を。
f0325671_16493412.jpg
建物の平面、立面、屋根、構造からなる暮らしの配置は、この家の特徴的な部分であり、合理的に計画出来たと思う。
その部分が一望でき、関係性がよくわかる写真。
正直、設計してないと理解が難しい部分であるけど、ものすごい大事な部分だと思っています。
この大事な部分の必要性を少しでもわかって頂くために、設計打ち合わせを繰り返しながら家づくりをしているのだと思います。

注文住宅とは自由にクライアントや造り手が出来るのではなく、一定の法則によってそこ限りの敷地や環境にフィットさせていく家づくりなのだと思います。
好き勝手に服を選ぶのではなく、その人の体型や色素に、用途に合わせてちょうどよく仕立てるように。

by kurashi-no-kobo | 2018-03-14 16:48 | 日常 | Comments(0)

軒が深い。

平屋って事もあるかもしれないけど、皆さん軒の出が深い事に気付きながら、とても好感を持って頂いた。
軒をしっかり出す家づくりが多い暮らしの工房。
いつも通りではあるけれど、平屋は屋根が近いから、その効果は、より一層わかりやすく気付きやすい。
しっかりと水平ラインを強調して、安定感のあるプロポーションを求めたので、こちらの意図が明確に伝わったと感じられてよかった。
住宅団地を見渡すと、軒のないスタイリッシュな箱型の住まいも多くあるけど、決して軒があるからスタイリッシュにならないという訳でも、モダンにならないという訳でもない。
軒には軒の役割があり、それがデザインとなるべきだと思います。
デザインには意味や役割、機能があり、その積み重ねで家は出来ています。
家に限らず、すべてのデザインがそうであります。
f0325671_15505009.jpg


by kurashi-no-kobo | 2018-03-13 15:50 | げんば | Comments(0)


新潟県上越市で住まいをつくる暮らしの工房の、家づくり、暮らしづくりのあれこれや日常の記録


by 暮らしの工房 

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
会社概要
住まいづくりの約束事
家づくり教室
イベント
仕事の風景
げんば
日常
オーナーさんの暮らしぶり
施工例(新築・リノベ)
 サクラ下の平屋
 ケヤキ下の小さな住まい
 ひとつ屋根の2世帯住宅
 雑木にひらく焼杉の住まい
 ソトとナカをつなぐ住まい
 稜線を望む住まい
 つなげあう高原の住まい
 つながる住まい
 新旧馴染み合う家
 ゆっくり暮らす家
 のびやかに暮らす家
 心地よい居場所のある家
上越風景採集
キッチンワーク
おでかけ
たべもの
モノコト

最新の記事

アメニティーショップアイさん..
at 2018-07-15 06:46
正善寺エリアの里山空間。
at 2018-07-09 21:41
アメニティーショップアイさん..
at 2018-07-07 15:09
ZEHビルダー
at 2018-07-07 15:04
上越市立水族館うみがたり。(..
at 2018-07-02 14:56

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月

記事ランキング

最新のコメント

新潟県上越市の新スポット..
by kurashi-no-kobo at 11:26
デザインされた雨のみちで..
by ame-no-michi at 07:05
倉敷、行ってみたいです。..
by kurashi-no-kobo at 06:27
倉敷にあるホテル、アイビ..
by nayacafe-2950 at 07:17
あまりに都内のホテルが高..
by kurashi-no-kobo at 17:20
池袋ですね。 私も一度..
by ame-no-michi at 12:36
住宅デザイン学校やKKB..
by kurashi-no-kobo at 06:22
良い横のつながりですね。..
by ame-no-michi at 19:23
また見ていただけると幸い..
by kurashi-no-kobo at 15:48
いろいろなところに居場所..
by ame-no-michi at 09:25

画像一覧

ブログジャンル

建築・プロダクト
北陸