<   2018年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

庭をつくる。

庭をつくる。
暮らす上ではなくてはならないコトだと思うし、いきなり完成形にならずとも、必ずどう庭と家の関係をつくるかは、前もって計画しておかなければならないと思います。
どんな家でも庭がない、余白スペースがないなんて家はないし、そこには家庭菜園をしたり、花を植えたり、時にはプランターを並べたり、少なからずみなさんやられているし、どこかで必要性を感じているのだと思います。
だからこそ、暮らしの工房の家づくりには、庭の計画は欠かせないこと。
しっかりとウチとソトの関係を結び付けながら家の設計を成り立たせます。

現在工事中の西本町の家も、ソトの計画は当然行なっています。
そんな西本町の家の庭。
オーナーさん所有の庭を解体して新築地へ庭ののリノベーション。再利用。
庭工事はまだまだ先ですが、建物が建ってからでは搬入がめんどくさくなるので、今の段階で必要な石を運ぶために、今日は石の移設作業。
f0325671_16320329.jpg
f0325671_16321868.jpg
大きな浅間石がゴロゴロと。
これらを再利用して新しい家に、今までの時間を継承してもらおうと思っています。

by kurashi-no-kobo | 2018-05-30 10:24 | げんば | Comments(0)

家具がつくる空間と居場所。アイ×暮らしの工房プロジェクト。

昨日は長野へ。
アメニティショップアイさんのプロジェクトの打ち合わせ。
アイさんのお店の2階のチェンジするにあたり、アイ×ima建築設計室×空間工房(長野の設計事務所と工務店)と、アイ×暮らしの工房の2つのプロジェクトが動き出します。

暮らしの工房としては、およそ18畳のスペースを活用して、造作ソファを展開しながら暮らしの工房らしい空間をつくるというもの。
そこで私が提案することは、「家具がつくる空間と居場所」というコンセプト。
暮らしの工房の家具の解釈を、視覚や感覚で捉えられるように空間をつくり、暮らしの中で家具がつくる空間を感じやすいようにしています。
スケルトン状態の空間に、できる限り工事の手数を少なくし、造作家具を散りばめながら、アイさんの主力である椅子達を適材適所に配置して、暮らしのシーンをつくろうとしています。

私がサラリーマン時代、アイさんで初めて買った椅子。(おそらく初めて来店した時ではなかろうか…)展示品を清水の舞台から飛び降りる気持ちで衝動買いして持ち帰ったpinoチェア。
部屋の一角に置いた時に、部屋が広く感じた感覚。
家具がつくる空間を感動的に感じたあの感覚を、今回のプロジェクトで出したい、提案したいと思っています。
f0325671_08015365.jpg
検討中の造作ソファの張地を見せてもらいました。
ウール生地の張地は質感がとてもいい。
これ、普通に使いたい。

空間に置く家具は、暮らしの工房がつくる家に合わせてアイさんが考える暮らしの工房らしさを作ってくれる。
それがとても楽しみ。

さて、6月中にはカタチにしなければならないプロジェクト。
7月開催予定の木の椅子展、今回は暮らしの工房オーナーさんにもファンが多いzagaku。
これまでにしっかりとカタチにしなければならない。
いろいろと忙しくバタバタしてきたけど、楽しみであるプロジェクト。
ご興味ある方は是非、ご覧下さい。
f0325671_08015563.jpg
と、せっかく長野のまで行ったので、池の水を全部抜いて外来生物を取り除いた善光寺を見てきました。
どんだけ綺麗で澄んだ池になったのかワクワク。
f0325671_08015640.jpg
あれ?いつもと変わらない…安定の淀んだモスグリーン。
テレビで見かけたのは間違えだったのか?
がっかりしながら池の前のお店の人に聞いて見たら、池の水を全部抜いて作業した後、しばらく底の泥を乾かしていたらしい。
そして水を戻した瞬間からこの色らしい…
そういうものなのか。
お店の人は外来種が居なくなったことを喜んでいた。
そして3月の寒空の下、芸能人でも一日中、一生懸命に作業をしていたという好印象を話してくれた。
だけど、見にくる人はみんながっかりして帰って行くらしい…私も多分に漏れずその一人(笑)
当事者じゃないと無責任になんでも言えて、どんな感情でも持ててしまう恥ずかしさだけが胸に残りました。

by kurashi-no-kobo | 2018-05-29 07:52 | 仕事の風景 | Comments(0)

チェアリングと言うらしい。

ソトで何かをする、ご飯を食べたり、読書をしたり、それがとても気持ちがいいということを私は知っています。
季節が良くなるとついついソトへ暮らしの一部を出したくなる。
それほど気負いすることなく、行きつけのパン屋さんでパンを買ったり、コンビニで食べ物を買ったりもするし、お弁当を作ったりもする。
時にはソーメンを茹でてそのまま公園へ直行したり、パスタを作ってフライパンごと持って行ったこともある(笑)
キャンプなどのアウトドアを趣味に持っているわけではないけど、ソトで何かをするのは気持ちがいいので、お手軽に椅子一つで出来ることを休日に楽しんでいる。
木陰の下、心地いい風に包まれながらご飯を食べたり、読書をしたり、うたた寝をしたり。

そんな心地よさにあふれたライフスタイルを、住まいでもっともっとたくさん味わってもらいたい。そんな想いを持ちながら、お気軽にソトでゴハンなどが出来る庭や居場所の提案を家づくりの中で必ずする。
そんな暮らしを共通で求めているオーナーさんたちが多いのも、暮らしの工房ならではの家づくりかもしれない。

最近椅子一つを持ち出してソトでご飯を食べたり、飲んだりしながら過ごすことを、チェアリングという名があると知った。
チェアリングって名前をつけると、なんかそれらしく、一気におしゃれな感じが漂う(笑)
名前の威力ってすごいな。
ブームらしい。
ソトの心地よさとお手軽感がとてもいい。
f0325671_08163517.jpg
昨日はパンを買って高田公園のお堀でゴハン。
チェアリングしてました。
今まではソトメシとかソトゴハンとか言ってたけど、これからはチェアリングと言うようにします(笑)

by kurashi-no-kobo | 2018-05-28 08:10 | モノコト | Comments(0)

構造を理解して設計すること。

先週、参加している構造塾のお勉強のために、長野市へ。
構造塾は全国で開催され、毎週各地で開催されています。
構造塾を主催しているのは、新潟市のM's構造設計さん。
暮らしの工房の住まいの構造計算をお願いしているところ。

今の木造住宅の現状としては、4号特例というものがあり、壁量計算(地震に耐える壁の量)、4分割での壁量計算(建物の外側1/4に規定の壁が満たされているか)、N値計算(柱に抜ける力がどれくらいあるか)などの、極決められた規定の計算や仕様だけが求められ、さらに建築士が設計し確認済みという性善説で、確認申請等ではチェック不要な特例のおかげで、簡単な構造チェックさえやらなくても建物が建ってしまう状況にあります。
実は、こういったケースは多いように感じますし、これが大きな問題なのです。
こんな特例無くしてしまえばいいのですが、それが出来ないのが社会の仕組み。

だから、少なくとも暮らしの工房の住まいに暮らす家族の安全を守るためにも、費用はかかろうとも構造設計、構造計算(部材や基礎の一つ一つを確認する計算)は必要なことだと思って家づくりを提供しています。
f0325671_16431842.jpg
構造設計を学ぶことは、家を設計する上でとても大事なこと。
だけど、この構造設計は後回しにされる傾向にある。
それは、間取り(平面図とは言わない)が誰でも絵として書け、それなりにやった感じに思えてしまうから。
家を設計するには、平面、立面、構造(架構)を同時に展開していく技術が必要。
実はこれがとても難しく、全てを成立させることが設計という仕事です。

誰でも絵をかけてしまう家づくり。
お客さんが書いたり、営業マンが書いたり、設計士が書いたり。
だからこそ、プロとして正しい知識と技術を持って正しい方向の家づくりをする必要性があると思っています。


by kurashi-no-kobo | 2018-05-23 16:38 | 家づくり教室 | Comments(0)

地場のホッコクアカエビと家づくりに思うこと。

スーパーで激安だった地物ホッコクアカエビ。
激安故に小さく、サイズもバラバラ。
剥くのにかなりのストレスで、何匹身ごとちぎってしまったことか…
でも、その都度その場でパクリ。
甘くて濃厚な味わい。
超絶美味でした。
f0325671_17401084.jpg
f0325671_17364923.jpg
地物、地場産の食は、安くて美味しい。
流通が発達した現代、いつでもどこの物でも食べることができるようになったからこそ、地場の旬、地場の価格の強みをより感じることが出来る。
その地で暮らす楽しみのような、お得感のような、他にはない優越感を得られる。

住宅をつくる材料においても、地場のモノを極力使いたいとは思っているのだけど、果たして食のような楽しみお得さ、その地ならではが、なり得るのだろうか…
地場材を使う意義はとても感じているけど、総合的に考えてまだまだ提供しにくい面が否めない。

地方にあるオーベルジュのように、シェフがその地の素材で最高も料理、環境を提供してくれるように、地方にいる住宅設計者として地場の素材で最高な暮らしの環境を提供できたらいいのに…というのが理想です。


by kurashi-no-kobo | 2018-05-21 17:36 | キッチンワーク | Comments(0)

家はまちなみ、風景をつくる。

家はまちなみ、風景をつくる。
切妻屋根が無秩序に並んでいる風景は好きだなぁ。
とても素朴で人的というか、暮らし的というか。
純粋さが滲み出て、あたたかみのような空気があって優しい感じがする。
写真に納めるから余計に感じるのかもしれないけど…こんな家をつくりたい。
f0325671_11020707.jpg
風景採取地:直江津

by kurashi-no-kobo | 2018-05-18 11:01 | 上越風景採集 | Comments(0)

暮らしの工房の仕事。

住宅地に建つ伸びやかな平屋の住まいです。
f0325671_09595956.jpg

小さな住まいの中に、必要にして十分、プラスアルファの機能を設けた、伸びやかな住まいです。
シンボルとなるケヤキに開いた小さいけれど伸びやかに感じる住まい。
f0325671_11394606.jpg

生まれ育った家を建て直して2世帯の住まいをつくることになったオーナーさん。前の家とともにお父さんが手を入れ植えてきた庭木は、新しく始まる住まいでも脈々と続いていくところから住まいを計画。ひとつ屋根の下、生活を分離した2世帯の住まいでもそれぞれが気配を感じながら、お互いの邪魔をしない程度につながりを感じらるように計画した2世帯住宅です。
f0325671_14344337.jpg

南面に雑木が広がる緑豊かな環境の立地。その雑木につながるようにダイニングからデッキがのびる。雑木の緑や雪景色にとてもきれいに映える焼杉を外壁に使った住まい。
f0325671_08211635.jpg


-ソトとナカをつなぐ住まい-
時間の経過した密集した住宅地の中に、息苦しさを感じさせずコンパクトでソトと積極的につながりを持つ暮らしをつくろうと計画。ソトもナカもそれぞれがつなぎ合うことで、広がりをつくり、のびのびと暮らせる環境をつくろうとした住まい。
f0325671_11114437.jpg


-稜線を望む住まい-
新興住宅地の中で、遠くに稜線を望むことが出来る敷地。例外にもれず家がひしめき合う環境の中で、遠景と近景を取り入れて住宅地を感じさせな住まいをつくろうした住まい。
f0325671_11443321.jpg


-つなげあう高原の住まい-
増改築を繰り返してきた住まいを、断熱補強、耐力補強し、暮らしを整えて、高原のいい環境を家の中に存分に引込ました。あたたかく、家族がそれぞれ適度な距離をつくりながら、ゆるくつながっていくようにいろいろとリフォームした住まい。
f0325671_11382715.jpg


-つながる住まい-
2方向の道路に面した団地内に建つ。庭を介してうちとそとをつないだり、たくさんの心地よい居場所をつなぎ合わせることで、適宜自由に暮らしの距離を調整できる住まい。
f0325671_13553030.jpg


―新旧馴染み合う家―
断熱、自然素材化リフォームをしながら、家族の変化に合わせて減築を考えて暮らしを整えたリフォームしたすまい。大きな家から終の住処へと変化させました。
f0325671_1044269.jpg


―ゆっくり暮らす家―
インナーガレージの3階建て。見晴らしのいいロケーションの中にあり、外と気持ちよくつながる住まい。
f0325671_7225981.jpg


―のびやかに暮らす家―
新しい造成地の中から田んぼとつながる奥に開けた変形敷地を選択。田んぼとのつながりが家の中と一体となり、のびやかに暮らせる住まい。
「ハウジングこまち2014冬春号」巻頭特集、建てるなら、小さな家 掲載
f0325671_7352721.jpg


―心地よい居場所のある家―
団地内に建つ住まい。L型の住まいは閉ざされた敷地の中でも外とつながり、居場所をたくさんつくり、小さくても心地よく大きく暮らせる住まい。
f0325671_7362793.jpg


暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com

by kurashi-no-kobo | 2018-05-16 10:01 | 施工例(新築・リノベ) | Comments(0)

サクラ下の平屋。

サクラ下の平屋は、新興住宅地と既存住宅地の境が立地環境。
既存住宅地の隣家には大きな桜の木が一際目立つように存在し、新旧の住宅地の緩やかなつなぎ役を担っている。
そんな桜の木の下、住宅地でものびやかにおおらかに暮らすことのできるように平屋の住宅を計画したのが、サクラ下の平屋のコンセプト。
3棟をコの字で繋ぐことで出来る中庭空間によって、ひしめき合う住宅地の中でも適度な距離感をもつ外部空間をもつことで、ウチとソトの程よい距離感をつくりだし、のびやかに居心地のいい環境をつくった。
平屋特有ののびやかさと、暮らしやすさをつくりながら、まちのつながりを求めつつ、許容応力度計算による耐震等級3、断熱性能を示すUA値0.36と北海道の性能基準(UA値0.46)を優に越す高性能を性能で、安心と快適性を手に入れた住まい(長期優良住宅認定。)
f0325671_10065384.jpg
角地に建つ環境。各棟のズレをつくることで、交差点の緩やかな干渉と住まいとの距離感をつくっている。外壁はシラス火山灰を利用した「そとん壁」を採用。
f0325671_10085532.jpg
桜を背に建つ平屋は、住宅地の入り口、接点としてふさわしい存在に。さりげなく品のいい佇まいをつくることで、住まい環境の向上を目指している。
f0325671_10092209.jpg
カーポート越しに格子を通して中庭が顔を出す。玄関は道路から丸見えにならないような配慮で雪、雨対策や暮らしやすさをつくりだしている。
中庭に植えた植栽が時間とともに桜とともに屋根越しに現れることに期待。時間の経過が楽しい住まい。
f0325671_10103400.jpg
既存の住宅地から新興住宅に向かって。平屋であることでまちが優しい雰囲気になっている。
f0325671_10123778.jpg
内部。中心となるダイニングは和室、ソファスペース、キッチンと程よい距離感で繋がる。サクラ下の平屋の、平面の特徴が現れた配置。
f0325671_10195264.jpg
和室、ソファスペースのコーナーは窓が設けられ、対角線上に視線の抜けをつくることで伸びやかな空間をつくりだしている。
f0325671_10215810.jpg
ダイニングからソファスペースへ向かって。高い天井と低い天井を持つ空間で緩やかに空間を分けている。
右のベンチ下に床下エアコンがある。ベンチをつくることで居場所を設けながら、設備との融合を図る。
f0325671_10211293.jpg
低い天井のソファスペース。コーナーに窓を配置して抜け感と落ち着きをつくる。
f0325671_10230404.jpg
ソファスペースからダイニング方向のつながり。
f0325671_10233598.jpg
ソファスペースから各スペースのつながり。キッチン、和室とつながり、家具でスペースが仕切られる。
f0325671_10461289.jpg
玄関からの動線を分ける。メインのダイニングとキッチンへ向かう動線を分けながら回遊動線をつくり、使いやすく止まりのない動線に。
f0325671_10313955.jpg
キッチンは定番のオリジナルキッチン。キッチンを家具として扱うことで、スペースと仕切ったり、使い勝手を変更したり、動線をつくったり出来る。
f0325671_10322526.jpg
キッチン脇のデスクスペース。和室とのつながりの干渉スペースも兼ねて、仕事をこなすスペースになる。
f0325671_10332575.jpg
和室はゲストルームを担うゴロ寝スペース。
f0325671_10340684.jpg
和室からダイニングをみる。
f0325671_10350540.jpg
メインのダイニングへ。玄関入り口から正面。右奥が和室、左奥が水回り、子供室、寝室などのパーソナルスペースへと繋がる。
f0325671_10353865.jpg
ダイニングの見返し。正面は玄関へ。アーチ上のヴォールト天井が優しい空間をつくり、左側のキッチンとは家具でしっかりと仕切られながら緩やかにつながりを持つ。
f0325671_10362155.jpg
ダイニング。障子のソトが中庭。将来的にサクラ見のデッキがつくられる予定。
f0325671_10365596.jpg
窓を開けるとコの字に配置された棟がソトで繋がる。建物内から建物内を見ることで、奥行きをより感じることができ、伸びやかさが生まれる。
f0325671_10381883.jpg
水回り、寝室へ行くためのエンガワスペース。一面が中庭に面し、全面窓になるので半戸外空間をつくりだし、離れのような寝室になるように。
奥が寝室の入り口。右が洗面脱衣室、浴室。
このスペースはサンルームとして活用。寝室入り口側にクローゼットがあり、洗濯、干す、仕舞うを効率よく行うことが出来る。
f0325671_10384097.jpg
エンガワスペースの見返し。
f0325671_10392156.jpg
洗面脱衣室、浴室。
f0325671_10395710.jpg
寝室。アーチ上のヴォールト天井で柔らかい空間、柔らかい光をつくり、ふわっとした柔らかい心地よい目覚めが出来るように空間を設えた。
f0325671_10413456.jpg
玄関スペース。右に在宅勤務用のスモールオフィス(SOHO)を持つ。
f0325671_10424598.jpg
SOHOはザックリとラワン材によって構成。風合いの変化を感じやすい好きな素材の一つ。
f0325671_10415870.jpg
住宅地に建つサクラ下の平屋。住宅地内にほとんど存在しない平屋でありながら、異質感を感じさせず、佇まいの良いプロポーションになり、落ち着いた住環境の形成の一役を担っている。
f0325671_10440710.jpg
スナップ的に。夕景のダイニング。
f0325671_10443007.jpg
デスクスペースの活用。
f0325671_10452962.jpg
エンガワスペースで中庭を眺めながら夕涼みの出来る暮らし。
f0325671_10455819.jpg
中庭に鎖どいのエンスイ(タニタハウジングウェア)を採用。雨の日に雨が流れる様子を楽しめる風情を持つ。ソトと関わる、自然と関わる暮らしの上で、雨の日が楽しくなるアイテムを取り入れる。
雪国の場合、屋根に雪があり晴れた日にも雪解け水が鎖どいに水が伝う。青空と雪のコントラストを楽しみながら、チロチロと美しい水音を響かせる鎖どいを眺めることも、雪国で暮らす一つの楽しみになる。




暮らしの工房 岡沢公成
住所:〒942‐0082 新潟県上越市国府3-6-35まほろば館Ⅱ-A
TEL:025‐512‐7546 FAX:025‐512‐4182
Mail:kurashiko@kurashinokobo.com

by kurashi-no-kobo | 2018-05-15 12:01 |  サクラ下の平屋 | Comments(0)

野尻湖ホテルエルボスコ。

休日の目と心の栄養補給は、黒姫を後にして野尻湖へ。
野尻湖ホテルエルボスコのラウンジで読書でも、と。
f0325671_22554877.jpg
いつ来ても気持ちのいい場所、気持ちのいいホスピタリティ。
新緑の季節は雨がいい。
透明感のある新緑が、より一層美しく感じる。
水を得て、生命力がみなぎる感じを受ける。
f0325671_22575105.jpg
f0325671_22575343.jpg
貸切状態のラウンジでコーヒーを。
とメニューを見たらシフォンケーキに食いついてしまい、体の栄養補給も…シフォンケーキも美味しいのだけど、生クリームがさっぱりとして好みで美味しかった。
f0325671_23020277.jpg
ホテルにもいつか泊まって見たいと思うけど、近すぎるんだよなぁ。
と、平面図が飾られているのを見ていてこのうねりの軸線はどこからくるんだろうと疑問に思っていた。
f0325671_23043806.jpg
f0325671_23043958.jpg
スケッチを見たら半島の地形に沿ってだろう。
なんか考えているスケールが違う…けど、こういう着想は参考にしなければ。

エルボスコで一番好きなところは、実は細かな演出。
エントランスへ向かう途中にさりげなく見えるレストラン。
植栽をコントロールして木立に浮かぶレストランが見える。
f0325671_23040969.jpg
なんかにくい(笑)

by kurashi-no-kobo | 2018-05-13 22:53 | おでかけ | Comments(0)

いわさきちひろ黒姫山荘。

家族が出かけて一人の休日。
少し羽を伸ばして目と心の栄養を取りに。
黒姫高原童話館にあるいわさきちひろ黒姫山荘へ。
この建物、好きです。
今回は一人だし、誰もいないし、思いっきり実測。
4間角に回遊動線の平面がとても参考になる。
何と言っても雨の中の新緑が美しすぎる。
f0325671_14142443.jpg
f0325671_14142736.jpg
f0325671_14143028.jpg
f0325671_14143322.jpg
いい空間に身を置いて思いふける、感じ取ることは最高にリフレッシュできる。
これが仕事に活かせる機会があればもっと最高だ。
今回考えたことはいつでも出せるように引き出しの中へストック。


by kurashi-no-kobo | 2018-05-13 14:13 | おでかけ | Comments(0)


新潟県上越市で住まいをつくる暮らしの工房の、家づくり、暮らしづくりのあれこれや日常の記録


by 暮らしの工房 

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
会社概要
住まいづくりの約束事
家づくり教室
イベント
仕事の風景
げんば
日常
オーナーさんの暮らしぶり
施工例(新築・リノベ)
 サクラ下の平屋
 ケヤキ下の小さな住まい
 ひとつ屋根の2世帯住宅
 雑木にひらく焼杉の住まい
 ソトとナカをつなぐ住まい
 稜線を望む住まい
 つなげあう高原の住まい
 つながる住まい
 新旧馴染み合う家
 ゆっくり暮らす家
 のびやかに暮らす家
 心地よい居場所のある家
上越風景採集
キッチンワーク
おでかけ
たべもの
モノコト

最新の記事

アメニティーショップアイさん..
at 2018-07-15 06:46
正善寺エリアの里山空間。
at 2018-07-09 21:41
アメニティーショップアイさん..
at 2018-07-07 15:09
ZEHビルダー
at 2018-07-07 15:04
上越市立水族館うみがたり。(..
at 2018-07-02 14:56

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月

記事ランキング

最新のコメント

新潟県上越市の新スポット..
by kurashi-no-kobo at 11:26
デザインされた雨のみちで..
by ame-no-michi at 07:05
倉敷、行ってみたいです。..
by kurashi-no-kobo at 06:27
倉敷にあるホテル、アイビ..
by nayacafe-2950 at 07:17
あまりに都内のホテルが高..
by kurashi-no-kobo at 17:20
池袋ですね。 私も一度..
by ame-no-michi at 12:36
住宅デザイン学校やKKB..
by kurashi-no-kobo at 06:22
良い横のつながりですね。..
by ame-no-michi at 19:23
また見ていただけると幸い..
by kurashi-no-kobo at 15:48
いろいろなところに居場所..
by ame-no-michi at 09:25

画像一覧

ブログジャンル

建築・プロダクト
北陸