看板のない工務店。住宅現場のアピール手段。

西本町の家はとてもわかりやすい場所。
地図が無くても地元の人なら口頭で場所が説明出来る立地。
オーナーさんも、とても目立つ場所だから看板とか出してどんどんアピールしていいですよ。と言ってくださる。
ありがたい現場です。
が、しかし、現場の看板なんて持ってない。
現場看板もつくりたいとは思うけど…今は小さな建築確認看板のみ。
ということで、足場が建ったらスクリーンを張るということで、平常運転です。
いや、特別に2枚(同じやつ。笑)張り出してたっぷりアピールさせて頂きます。
あとは完成したら一味も二味も違う建物が最大のアピール。
そのために心地よさが溢れる住宅としての在り方をしっかりと示したいと思います。
f0325671_16183545.jpg
住宅現場といえば道路脇に現場までずらっと並べられた、社名の入った捨て看板をよく見かけます。
自社現場の場内であれば問題無いと思うのですが、道路上に無許可は明らかに違法です。
道路を走っていて同業だからかとても目に付くし、キレイなものではありません。
週末の見学会ともなれば道路はノボリだらけだったり、ヘタしたら数キロ先からなんてツワモノも。
業界としてとても良くないことだと思います。

暮らしの工房は看板を出したことがないけど、あれってなんの意味があるのだろうと思います。
業者さんへの道案内なら前もって地図を渡しておけばいい。
通行人への宣伝効果なら、違法な会社だなと思われて逆効果ではないのか?
捨て看板や見学会での道路からの看板、ノボリ誘導はやらない主義なので効果のほどはよくわからないけど、家づくりはまちづくりだと思っているので、確実に景観を阻害しているのでやっぱり良くないよね。
だからやらない。
そんなことしなくても、暮らしの工房をよく見てくれている人は見学会参加の際、「ブログ見てて大体あそこら辺だろうなぁと検討ついているので案内図は大丈夫です。」と言ってくれる感動的な方もいらっしゃる。感謝です。
だから現場アピールはブログで思う存分アピールさせて頂きます。

きっと、一般常識としてあれが良くないモノだと広まっていれば、あの捨て看板の持つ意味も、道順にずらっと並べられたノボリも無意味、悪循環なものへと変わっていくのだと思います。

それでもいい加減事務所のサインは取り付けようと思います。
初来店の方への不安感がハンパないようなので(笑)
看板のない工務店より。

[PR]
# by kurashi-no-kobo | 2018-05-02 16:17 | げんば | Comments(0)

富山県美術館で「デザインあ」展。

昨日は富山へ。
富山県美術館(設計:内藤廣)で開催中の「デザインあ」展へ。
何年か前に東京ミッドタウンの21-21DESIGN SIGHTで開催されていて私は見ていたので、これは家族にも見せたいと思いお出かけ。
この美術館は子供がオノマトペの屋上という屋上で遊べるので、子供も大喜びで提案にのってくれますし、いつも見る「デザインあ」だったので大喜び。
f0325671_11381237.jpg
f0325671_11422415.jpg
f0325671_11422683.jpg
f0325671_11422826.jpg
以前見たデザインあ展よりもパワーアップしてとても楽しい展示になっていました。

NHK教育の番組で放送されている「デザインあ」
子供向け番組と思って侮るなかれ。
超一流のデザイナーが関わり、子供でもわかりやすく直感的に、感覚的にデザインとは何かを教えてくれるクオリティの高い番組。
正直なところ、大人自身もデザインを学ぶ機会が無く、勘違いする人が多くいるのでこの番組は大人が見て理解するように出来ている番組だと実は思っています。
デザインを知ることは生きていく上で欠かせないことで、あらゆることがデザインの上で決められています。
デザイン=芸術や表現と思っている方も多いと思いますが、それは違います。
趣味やセンスなどの特別なことでは無くて、欠かせないことだと思います。
デザイン教育を国語や算数と同様、子供のうちからやるべきだと感じています。
デザイン教育がなされていれば、ロジカルな思考も身につけやすいし、あらゆる場面で役に立ってくれると思うけど…おそらく今の大人たちはデザイン教育は受けてないので、なかなか教えることは難しいだろうなぁ。

ということで、「デザインあ」は大人が見るべき番組だと思いますし、私自身、「デザインあ」のおかげでいろいろと整理されたのだと思います。
実は家づくりの打ち合わせでも必ずと言っていいほど「デザインあ」について触れていたりします。

デザインあ展は堅苦しく無く、面白楽しく、直感的にデザインを経験出来る機会です。
ゴールデンウィーク、まだ予定が無いという方はぜひオススメです。メチャクチャ混んでましたが(苦笑)

[PR]
# by kurashi-no-kobo | 2018-05-01 11:37 | おでかけ | Comments(0)

連休中の仕事2。家具カスタム。

連休中の仕事。
家のテーブルを座卓に変更。
f0325671_22484448.jpg
もともと自分で設計し製作していたダイニングテーブルを座卓仕様に変更。
椅子生活から床座生活へ。
椅子によって決められていたパーソナルスペースが、床座によって曖昧に消されたパーソナルスペース。
その効果は兼ねる空間が増えるために、広く感じるようになる。
だけど空間の線引きが無くなる分、少しだらしない感じもする。
どちらがいいかは、両方にメリットデメリットがあるので、家づくりをする人は設計者によく相談した方がいい。
空間に大きな違いが出ます。

[PR]
# by kurashi-no-kobo | 2018-04-30 22:48 | 日常 | Comments(0)

連休中の仕事。西本町の家。

西本町の家は着工して、ゴールデンウィークに差し掛かりながら地盤補強工事。
最近はなかなかいい地盤に当たらないけど、そもそもこの地域でいい地盤に当たる方が少ない。
平野は河川で出来ているからしょうがない。
地盤補強の施工方法に良し悪しはあまりない。
大事なことはしっかりと構造計算で根拠を考えて盲目的にならず、その家づくりも最適解を探ること。
だからこそ、いろいろな選択肢を引き出しに持っていたいと思っています。
f0325671_22350302.jpg
土曜日に地盤補強工事が終わったので、日曜日午前中は遣り方出し。
連休中にスタートしてしまったのでしょうがない…
f0325671_22403147.jpg
f0325671_22403323.jpg
34坪といつもより大きめな住宅に、大工さんも「あれ?今回ちょっと大きい?」と遣り方を出してからの感想。
いろいろとストレートに行かない分、ゆったりスペースが今回の特徴です。

遣り方…建物の基準線を出すためにぐるぐると囲う塀のような木のこと。

[PR]
# by kurashi-no-kobo | 2018-04-30 22:33 | げんば | Comments(0)

若原一貴さんの「辻堂の家」を見学。

先週の関東出張の目的は、建築家若原一貴さんの「辻堂の家」の見学が目的でした。
若原さんの住宅を体験していつも感じることは、光に包まれる静寂のある気持ち良さ。
窓がたっぷりあり燦々と明るく光が降り注ぐ、誰もが要望するような窓が多くて明るい家ではなく、窓が少なく光が回り込んで包まれるそんな感覚。
窓がいっぱいあれば明るくなるなどの強引なこじつけではなく、人が空間の中に居て感じる見え方や暮らしでの感じ方を熟考した、実に人間感覚に基づいた空間。
だからこそとても心地がよい。
大スケールの模型を製作しながら、空間のプロポーションや光の入り方、回り方などを検討に検討を重ねて決定されている。
絶対的な審美眼を持ち合わせながら、しっかりと実証して確認する。だからこその空間であり、これぞ建築家の仕事。
平面はハレとケの空間に別けられながら、回遊する動線で繋がれ、とても暮らしやすい平面計画。
すでに住まわれている家を見学させていただき、オーナー様ありがとうございました。
f0325671_10163190.jpg
一般的には(というか地方に行けば行くほど…)「建築家の設計する家は住みにくい」なんて思われる節がある。
特に地方の工務店やメーカーなどは、「建築家=見た目だけの住みにくい家」「工務店、メーカー=要望を取り入れた住みやすい家」という認識で営業しているかもしれない。
住宅情報誌にもそれに近いニュアンスの文言があったり。
でもそれは大いに間違いであることを言わなくてはならない。
もしくは、その工務店はエセ建築家の仕事をしてしまい辟易してしまった同情してしまうような経験だったのであろう。
私が学ばせて頂いている全ての建築家の方々に共通していることは、如何に人の暮らしが大事かを解き、人の感覚が大事かを解き、その上でどのような心理を与えるかというさらに上の次元で住宅を設計している。
だからこそ、心地よくて暮らしやすい住宅になっていて、建築家たる所以なのだと感じています。
奥様目線の女性設計士だから暮らしやすい家が出来るのではなく、要望を取り入れただけのイエスマン設計士だから暮らしやすい家が出来るのではなく、そんなスタッフがいる工務店、メーカーだから暮らしやすい家が出来るのではありません。
深くまで考えられ設計されている家が暮らしやすい家なのだと思います。
暮らしやすさというのは如何に人間的につくるか、人間の感覚、生態に則して考えられるかが暮らしやすい家づくり、設計だと思うのです。
それはとても難しいことで、多くの知識や勉強を継続しながら終わりなき積み重ねのようなものだと思います。
だからこそ日々勉強し、感覚を研ぎ澄ませながら、しっかり熟考した設計で家づくりを提供したい。
それが暮らしの工房がお届けしたい暮らしやすい家なのです。
建築家ではないけれど、建築家に近い家づくりを工務店として提供する設計+工務店が目指すところ。
それが暮らしやすい豊かな家づくりだと考えています。
f0325671_09465754.jpg
小さな空間ですが上から光が降り注ぐ空間がとても綺麗で印象に残りました。
いや、もっとたくさん印象的なことはあるのですが、現在工事中(昨日着工)の西本町の家でこれに近い空間があり、「ほうほう。こうなるのかなぁ?こうなったら狙い通り美しい空間になるぞ!」って思ったところでした。

西本町の家は、周辺環境との関係が難しかった事案。
ソトと直接つながるにはリスクも大きく、ソトに対して、縦に奥行きにとフィルターをかける操作をしているのが西本町の家の特徴。
吹き抜けに対して上部から光を落とすところがあり、イメージできた部分。
着工したばかりですが、早くも出来上がりが楽しみです。

[PR]
# by kurashi-no-kobo | 2018-04-28 09:42 | おでかけ | Comments(0)


新潟県上越市で住まいをつくる暮らしの工房の、家づくり、暮らしづくりのあれこれや日常の記録


by 暮らしの工房 

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
会社概要
住まいづくりの約束事
イベント
仕事の風景
げんば
日常
オーナーさんの暮らしぶり
施工例(新築・リノベ)
 サクラ下の平屋
 ケヤキ下の小さな住まい
 ひとつ屋根の2世帯住宅
 雑木にひらく焼杉の住まい
 ソトとナカをつなぐ住まい
 稜線を望む住まい
 つなげあう高原の住まい
 つながる住まい
 新旧馴染み合う家
 ゆっくり暮らす家
 のびやかに暮らす家
 心地よい居場所のある家
上越風景採集
キッチンワーク
おでかけ
たべもの
モノコト

最新の記事

暮らしの工房ホームページをリ..
at 2018-07-31 18:57
オーナーさんの暮らしぶり。
at 2018-07-25 13:35
西本町の家、建て方。
at 2018-06-04 18:11
小林古径邸、長期休館。
at 2018-06-01 05:55
庭をつくる。
at 2018-05-30 10:24

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月

記事ランキング

最新のコメント

ホームページリニューアル..
by kurashi-no-kobo at 16:35
弊社も近々にHPをリニュ..
by ame-no-michi at 09:54
倉敷、行ってみたいです。..
by kurashi-no-kobo at 06:27
倉敷にあるホテル、アイビ..
by nayacafe-2950 at 07:17
あまりに都内のホテルが高..
by kurashi-no-kobo at 17:20
池袋ですね。 私も一度..
by ame-no-michi at 12:36
住宅デザイン学校やKKB..
by kurashi-no-kobo at 06:22
良い横のつながりですね。..
by ame-no-michi at 19:23
また見ていただけると幸い..
by kurashi-no-kobo at 15:48
いろいろなところに居場所..
by ame-no-michi at 09:25

画像一覧

ブログジャンル

建築・プロダクト
北陸